【2020年版】iPhoneのおすすめモデルと選び方、悩む3つのこと

iPhone

iphone11pro-review-9_result

2020年も相変わらず大人気なスマホ「iPhone」ですが、最近はラインナップが充実するとともに、僕たちユーザーを悩ませるのも上手になってると思いません?

どのiPhoneも魅力的で、カメラ性能が良かったり、性能は上位モデルと同等なのにコスパが良かったり……、ホームボタンを搭載するレガシーなモデルを求める人には旧モデルもお安く発売してくれていたりします。

なので、今回の記事では、iPhoneの買い替えで悩んでるんだけど、どうやって選べばいいの? と悩んでいるあなたに僕の考えをシェアしていこうかな、と。

いい感じで分かりやすく、噛み砕いてご紹介していこうと思うので、ぜひ参考にしてもらえれば!

それじゃ、"iPhoneのおすすめモデルと選び方" 、いきます。

2020年のiPhoneラインナップ

iPhone 11 Pro/11 Pro Max カラー
Image:iPhone 11 Pro/11 Pro Max

さてさて、まずは “2020年1月現在のiPhoneラインナップ" から一緒に見ていきましょう。

2020年2月現在、Apple公式HPで購入できるiPhoneは、全4モデル。サイズの大小で分かれるモデルも合わせると全6モデルですね。

現行のラインナップで言えば、ハイエンドモデルとなるのはiPhone 11 Pro/11 Pro Max。ミドルレンジがiPhone 11。コスパの高めなローエンドモデルはiPhone XR、iPhone 8/8 Plusといった感じ。

ホームボタンを搭載するモデルはiPhone 8/8 Plusしか用意されていません。

2020年は、新型iPhone「iPhone 12」のほか、実質iPhone 8の後継機となる「iPhone SE2(iPhone 9)」の発売も噂されています。あくまでも噂の段階ですが、コンパクトで、ホームボタン搭載iPhoneが気になる人はもう少し待ってみるといいかもしれませんね。

iPhoneの買い替えで悩む3つのこと

iPhoneの買い替え時に悩むポイントは、

  • 価格
  • 性能
  • 容量

の3つ。デザインも含めると4つですが、こればっかりは “好み" の問題なので省くとしても、価格・性能・容量の3つはiPhone選びで最も悩むポイントであり、避けては通れない道かもしれません。

性能と容量が優れていれば、価格は高くなりますし、価格を抑えようとすれば性能と容量は控えめになるというジレンマ。

自分の用途を考えた上で選ぶのがベストですが、「価格」「性能」「容量」の3つについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①価格で選ぶ

なによりもまずは価格。

iPhone/Androidともに、ここ最近は6-8万円程度のミドルレンジスマホが人気であり、iPhoneで言えばiPhone 11やiPhone XRなんかがこのラインを担当しています。

価格が安いということは、カメラ性能や処理性能は控えめになることが多いんですけど、iPhoneは “ミドルレンジモデルでも同世代のハイエンドモデルと同等のチップを搭載していることが多い" ため、性能は申し分ありません。

カメラはレンズ数で差別化が図られているので、価格が安くなるほどカメラ性能は落ちていくことになります。それでも、十分すぎるほど綺麗な写真が撮影できるんですけどね。

モデル価格
iPhone 11 Pro106,800円~
iPhone 11 Pro Max119,800円~
iPhone 1174,800円~
iPhone XR64,800円~
iPhone 852,800円~

いずれのモデルもApple公式HPでの “税別価格" ですが、古いiPhoneを下取りに出すことで最大4万円安く購入することができます。

上記の表を見てもらえば分かる通り、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxからグンと価格が高くなりますよね。ここが “iPhoneの価格が分かれるライン" であり、自分はいくらまで出せるか、を決める目安になるんじゃないかなぁと。

ちなみに、すでに発売から2年以上経過しているiPhone 8は、コスパが断トツで優れているモデルです。ホームボタンを搭載する最後のiPhoneですし、価格も安い。普通に使うのであれば全く困りません。

コンパクトで持ちやすい、操作しやすいというのも大きなメリットですよね。

②性能で選ぶ

iPhone 11 Pro カメラ
Image:iPhone 11 Proのトリプルカメラ

iPhoneを選ぶうえで、最も重視したいのは “性能" です。

ゲームをがつがつ遊ぶなら、より性能の優れたモデルを選びたいですし、InstagramやTwitterなど、SNSやメール、電話程度でしか使わないのならそれほど高性能なiPhoneは必要ありません。

最強のカメラ性能を! と言うのであれば、iPhone 11 Pro/11 Pro Max一択ですが……ここからは、iPhoneの性能についてささっとチェックしておきましょう。

現在ラインナップされているiPhoneの性能について、抑えておきたいポイントをささっとまとめておきますね。

  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max
    • 超広角レンズを含むトリプルカメラで素晴らしい写真が撮影できます。
    • A13 Bionicチップを搭載し、重い最新3Dゲームもグイグイ動きます。
    • 5.8インチ(11 Pro)、6.5インチ(11 Pro Max)の大きな画面。
    • OLED(有機EL)ディスプレイで美しい表示。
    • ビデオ再生の場合、最大で18時間(11 Pro)、20時間(11 Pro Max)の電池持ち。
    • 顔認証搭載、ホームボタン & 指紋認証非搭載。
  • iPhone 11
    • デュアルカメラを搭載し、11 Pro/11 Pro Maxには劣るも綺麗な写真が撮影できます。
    • A13 Bionicチップを搭載し、重い最新3Dゲームもグイグイ動きます。
    • 6.1インチの大きな画面。
    • OLEDではなく、液晶ディスプレイを搭載。
    • ビデオ再生の場合、最大17時間の電池持ち。
    • 顔認証搭載、ホームボタン & 指紋認証非搭載。
  • iPhone XR
    • シングルカメラを搭載し、綺麗な写真が撮影できます。
    • A12 Bionicチップを搭載し、重い3Dゲームを遊べます。
    • ビデオ再生の場合、最大16時間の電池持ち。
    • 6.1インチの大きな画面。
    • OLEDではなく、液晶ディスプレイを搭載。
    • 顔認証搭載、ホームボタン & 指紋認証非搭載。
  • iPhone 8/8 Plus
    • シングルカメラを搭載し、綺麗な写真が撮影できます。
    • 8 Plusはデュアルカメラ。
    • A11 Bionicチップを搭載しますが、最新の3Dゲームは少し重め。
    • 4.7インチ(iPhone 8)、5.5インチ(8 Plus)の画面。
    • ビデオ再生の場合、最大13時間(iPhone 8)、最大14時間(8 Plus)の電池持ち。
    • 顔認証非搭載、ホームボタン & 指紋認証搭載。
    • コンパクトで持ちやすいサイズ。

ざっくりとした目安になりますが、基本性能/カメラ性能で選ぶなら「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」。カメラはそれなりでOK、でも、性能が優れるiPhoneを欲しい…..それなら「iPhone 11」。

iPhone XRとiPhone 8は、カメラ性能は重視しないけど、ある程度の性能は欲しいという人におすすめかなぁと。

最新の3Dゲームを快適に遊ぶにはスペック不足ですが、iPhone 8は、どうしてもホームボタン(指紋認証)が欲しい人にとって良い選択肢になりますね。顔認証だけだと、マスクをしてる時ほんと苦労するので……。

基本性能はもちろんですが、現在ラインナップされているiPhoneはカメラ性能が大きく異なるため、このあたりが落としどころになりますね。

③容量はどうする?

容量(ストレージ)も、iPhoneを選ぶうえでかなり重要なファクターのひとつ。iPhoneは、microSDカードで容量を後から追加することができないため、最初に選んだ容量のまま使い続けることになります。

とはいえ、近年はGoogleフォトiCloudなどなど、クラウドストレージサービスを利用して写真や動画をバックアップしたり、Apple MusicSpotifyなんかの音楽ストリーミングサービスで音楽を聴くことが多いため、意外に少ない容量で使えちゃうんですよ。

iPhoneでラインナップされている主な容量は……

  • 64GB
    • 全モデル。
  • 128GB
    • iPhone 11、XR、8のみ。
  • 256GB
    • iPhone 11、11 Pro、11 Pro Maxのみ。
  • 512GB
    • iPhone 11 Pro/11 Pro Maxのみ。

こんな感じ。64GBでも使わなくなったアプリやゲーム、その他データを整理して使えば問題なく使い続けることができるのですが、すこーしだけ足りなく感じるかなぁというのが僕の印象です。

128GBって思っている以上にベストな容量で、これが全モデルで選べれば良い感じなんですけど……、ハイエンドモデルであるiPhone 11 Pro/11 Pro Maxでは選べないんですよね。

自分で管理するのが面倒でなければ、64GB or 128GB(おすすめ)。

音楽も、映画も、写真も、動画も、全部iPhoneに入れて持ち歩きたいなら、256GB or 512GBのiPhoneを選びましょう。その分価格も高くなりますけどね。

iPhoneの容量の選び方 – iyusuke

最もベターなのは「iPhone 11」

iPhone 11 カラー

さてさて、ここからは僕の主観が強めになってしまうのですが、僕が最もベターな選択だと思うのは「iPhone 11」です。

というのも、74,800円+税という買いやすい価格ながらも最新世代のチップ「A13 Bionic」を搭載し、基本性能は十分以上。長いバッテリー駆動時間を備えていますし、デュアルレンズのカメラも日常で使うのにもってこいな性能です。

iPhone 11 Proと異なり、iPhone 11のカメラに望遠レンズは備えていないですが、超広角レンズはあるので迫力のある画角で写真も撮影できますよ。

有機ELではなく、液晶ディスプレイになっていたり、防水性能が水深2mまでになっていたり、ボディ素材がステンレスからアルミに変更されていたり、11 Pro/11 Pro Maxと比べていくらかグレードダウンされてはいるのですが、それでも、この価格と性能のバランスは魅力的。

価格で選ぶなら、iPhone 8やXRも選択肢に入りますが、XRと11の価格差はぴったり1万円。長く使うことを考えると、あまり気にならない差じゃないですか? iPhone 8ならより価格を抑えることができますが、2年以上前のモデルですし、スペック不足感は否めません。

iPhone 11は、多くの人にとってベターでマストなiPhoneだと僕は思います。

性能で選ぶなら「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」をどうぞ

iPhone XとiPhone 11のカメラ 比較

性能と価格のバランスはiPhone 11がおすすめですが、性能で選ぶなら、これほどまでに “プロ仕様" なiPhoneはありません。

価格こそ、106,800円+税からと少々エクスペンシブですが、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの魅力は最高峰のカメラ。iPhoneとしては史上最高の性能を誇りますし、全スマホの中でもトップクラスに美しい写真を撮影できます。

iPhone 11 Proで撮影

GoProよりも広い画角を持つiPhone 11 Pro/11 Proの超広角レンズなら、こーんな迫力ある写真も簡単に撮影出来ちゃうのです。

最新のA13 Bionicチップを搭載するので、ゲームでもなんでもばっちこいな処理性能を持ち、その高い処理性能を活かし、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxで撮影した動画だってそのまま編集できてしまいます。

(iPhone 11と同じチップを搭載していますが、メモリなどはこちらの方が上。より優れた処理性能を発揮してくれます。)

性能で選ぶのであれば、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxで間違いありません。僕も毎日使ってますが、めちゃおすすめですよ。iPhone 11 Pro。

「iPhoneの最新モデルを待つ」という選択もあり

今のタイミングでもっとも現実的なのは、2020年の最新モデルとなる「iPhone 12シリーズ」もしくは、「iPhone 9(SE2?)」を待つという選択肢。

実際に発売されるのかどうかは断言できないですが、情報は頻繁に飛び交っていますし、今、iPhoneの買い替えを検討している人は、新モデルが発表されてからでも遅くないよねってことです。

せっかく買い替えるなら新しいモデルの方が良いですし、現在最新のモデルも型落ちで価格が安くなる可能性だって十分ありえます。もう少し待ってみましょう。

参考になれば!

AppleでiPhoneをチェックする

docomoでiPhoneをチェックする

auでiPhoneをチェックする

SoftbankでiPhoneをチェックする

iPhone

Posted by iyusuke