迫るポートレス化!新型iPhoneに充電ポートが搭載されない可能性があるってほんと?

2021-01-13iPhone

iPhone ライトニングポート

まじなのか、Appleさん。

最近、将来的にiPhoneは充電ポートを搭載しない可能性があるとの情報が多く出ていまして。要は"ポートレス化"ですね。手始めに、2021年に発売される"iPhone 13"で充電ポートを搭載しないモデルが登場し、将来的にはすべてのiPhoneが "ポートレス" になるそうなのです。(あくまでも噂ですが...)

ソースは、最近とんでもない的中率を誇るリーカーJon Prosserさんですし、これは見過ごせない情報なんじゃないかなぁと。

SmartConnector(iPadのアレ)を充電に使用するとのことですが、充電ポートがなくなると、いくつかの弊害がありますし...とにもかくにも、僕と一緒にもう少し詳しく見ていきましょう。

2021年~2023年の間にiPhoneの充電ポートがなくなるかも

まずは、今回の「将来的にiPhoneの充電ポートは廃止される」という情報のおさらいから。

Jon Prosserさんによれば、Appleは2021年の新型iPhone(iPhone 13)でLightningポートを廃止し、"ポートレス" となるそうなのです。

あれ? USB-Cは? って思ったみなさん(僕も)。そうなのです。この情報が正しければ...iPhoneはまだかまだかと待ち焦がれていた"USB-Cポート"をすっ飛ばし、いきなり"ポートレス化"を果たすわけですね。

「iPhoneから充電ポートがなくなる」という情報の信憑性を高める理由もいくつかありまして。

  • 最近、EUがすべてのスマホの充電端子を「USB-C」に統一する議案を採決した。
    • 今年の夏までには規制が策定される見込み。
  • つまり、AppleさんはLightningコネクタを廃止し、USB-Cに移行するか、そもそものポートを廃止するかの選択に迫られる。
  • ポートを削減することで、さらなる防水性能の向上が期待できる。コストも削減?
  • 最近のAppleさんは"ワイヤレス充電"に関心が高い。

いかにもな理由は上記の通りなのですが、つい最近はiPhoneとApple Watchを同時に充電できる"MagSafeデュアル充電パッド"が発売されましたし、ワイヤレス充電に関心を示しているのは確か。ワイヤレス充電が持つ可能性を考慮して"ポートレス化"という情報が出ているのかもしれません。Bloombergも「AppleのデザイナーはLightningポートとボタンの廃止を将来的に目指している」と伝えています。

iPhoneの充電ポートが廃止される日は、意外にも近いのかもしれませんね。

※ポートレス化とは、読んで字の如く「iPhoneの充電ポートがなくなる」こと。iPhoneのLightning端子が廃止されると、充電はワイヤレス充電もしくはiPadのSmartConnectorのようなものに代替え。データの移動は無線に一本化される可能性が高いと言われています。

充電ポートの廃止で"使い方"が大きく変わりそう

iPhone X iPhone 11 Pro 比較6
iPhoneに搭載されるLightningポート

僕はワイヤレス充電を多用しているのですが、それと同じくらいLightningコネクタでの有線充電も使っています。(Apple純正のワイヤレス充電器"MagSafe"が出てからめっきり使用機会が減りましたが...)

Lightningコネクタがなくなることで受けられるメリットも理解できるのですが、心のどこかで「充電ポートは無くならないでくれ...」と想っているのは僕だけではないですよね、きっと。

iPhoneのLightningコネクタが廃止されると、有線での充電が出来なくなったり、PC/Macとのデータ同期のワイヤレス化、有線で接続するタイプのデバイス(オーディオインターフェイスなど)が使用できなくなるなどのデメリットがありますが、その多くはすでにiOSでワイヤレス化に対応していまして。

ポートレス化したiPhoneへの移行はスムーズにできるかと思うのですが、"iPhoneの使い方" は大きく変化しそうな予感です。

(僕としては、iPhoneのSmartConnectorってどんな感じになるのかがものすっごく気になる)

Source:@Jon_Prosser(Twitter)

iPhone

Posted by iyusuke