カメラ性能…やばくない?iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの機能&性能を見てみよう

2019/09/18iPhone

iPhone 11 Pro Max 1

ちょっと、ちょっと、今年のiPhoneまじでカメラ性能すごいんですけど……。ってことで、やっぱり発表されました!

2019年の新型iPhoneは「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」「iPhone 11」の3モデル。9月13日午後9時から予約受付開始発売日は9月20日となっています。

この記事では、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの機能・性能についてご紹介していこうと思いますが、とにかくカメラがすごいんですよ。

なので、大半がiPhone 11 Pro/11 Pro Maxのカメラについての記事になっちゃいそうですが、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxが気になってる人はぜひ参考に!

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの機能&性能は?

appleevent-2019-21

ではでは、まずはiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの機能や性能についてさくっとおさらいしておきましょう。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxともにトリプルカメラを搭載し、カメラ性能がとんでもないことになっているのは言うまでもないですが、立体音響「Dolby Atmos」に対応したり、TrueDepthカメラの性能が上がっていたり、もちろん、CPU & GPUの処理性能も向上しています。

iPhone 11 Pro/11 Proに搭載されるA13 Bionicチップは、2019年現在最速のスマホチップと思ってもらえれば!

iPhone 11 Proは、iPhone XSよりも4時間長いバッテリーライフ。iPhone 11 Pro Maxは、iPhone XS Maxよりも5時間長いバッテリーライフと、バッテリー持続時間がめちゃ伸びたのもGood!

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの機能と性能

iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
サイズ144×71.4×8.1mm
188g
158×77.8×8.1mm
226g
ディスプレイ5.8インチ OLED、Super Retina XDRディスプレイ、2,436×1,125ピクセル、458ppi、HDR6.5インチ OLED、Super Retina XDRディスプレイ、2,688×1,242ピクセル、458ppi、HDR
チップA13 Bionic、第3世代のNeural Engine
カメラトリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠)、超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角、広角:ƒ/1.8絞り値、望遠:ƒ/2.0絞り値、2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム、パノラマ(最大63MP)、
ビデオ4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)、1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)、720p HDビデオ撮影(30fps)、ビデオの光学式手ぶれ補正(広角、望遠)、2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大6倍のデジタルズーム、映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
TrueDepthカメラ12MPカメラ、ƒ/2.2絞り値、4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)、1080p(120fps)スローモーションビデオに対応、映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
容量64GB/256GB/512GB
カラーゴールド、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーン
その他IP68等級の防水・防塵、Dolby Atmos、Lightningコネクタ、FaceID、Wi-Fi6

iPhone XS/XS Maxと同様に、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの違いはディスプレイサイズのみ。より大きいディスプレイが良い人はiPhone 11 Pro Max、取り回しの良さで選ぶならiPhone 11 Proといった感じですね。

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxでは「3D Touch」が廃止され、iPhone XRと同じ触覚タッチが採用されています。

ちなみに、上記はApple公式HPに記載されているスペックから一部抜粋したものなので、より詳細な仕様について知りたい人は、Apple公式HPへGo。

Apple公式HPでiPhone 11 Pro/11 Pro Maxのスペックをチェック

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxはバッテリー持ちがよくなりました

appleevent-2019-23

気になるiPhone 11 Pro/11 Pro Maxのバッテリー持ちですが……、なんと、iPhone 11 ProはiPhone XSよりも4時間長いバッテリーライフ。iPhone 11 Pro Maxは、iPhone XS Maxよりも5時間長いバッテリーライフとなっています。

  • iPhone 11 Proのバッテリーライフは、iPhone XSよりも最大4時間長い。
  • iPhone 11 Pro Maxのバッテリーライフは、iPhone XS Maxよりも最大5時間長い。

プロ仕様なだけあり、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxはバッテリー持続時間が大きく伸びているんですよ。これだけバッテリーライフが長くなったなら、1日の電池持ちは気にしなくてよくなりますね。

iyusuke

ここで一言! iPhone 11 Pro/11 Pro Maxには、18WのLightning – USB Cケーブルが付属し、30分の充電で最大50%の充電が可能になりました。もちろん、Qi規格のワイヤレス充電にも対応します。

“プロ"の名にふさわしいトリプルカメラ

appleevent-2019-1

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxはカメラ性能の向上が半端なくてですね。でっかいカメラユニットに広角カメラ、超広角カメラ、望遠カメラを搭載しています。

  • 超広角カメラ】焦点距離13mm、f/2.4絞り値、5枚構成のレンズ、120度の視野角、4倍広いシーン、12MPセンサー
  • 広角カメラ】焦点距離26mm、f/1.8絞り値、6枚構成のレンズ、光学式手ぶれ補正、100% Focus Pixels、新しい12MPセンサー
  • 【望遠カメラ】焦点距離52mm、より口径の広いf/2.0絞り値、6枚構成のレンズ、光学式手ぶれ補正、2倍の光学ズーム、12MPセンサー

それぞれのカメラの性能はこんな感じ。いや、最強かよって。iPhone XS/XS Maxとは比べ物にならないほどiPhone 11 Pro/11 Pro Maxのカメラ性能は向上し、圧倒的にワイドな画角 & 4倍光学デジタルズームに対応しました

appleevent-2019-25

iPhoneでこんな写真が撮影できるようになるなんて……。フォトグラファーが撮影したような写真が、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxで撮影できるようになっています。

appleevent-2019-26

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxで撮影した写真は、細部のディティールまで、はっきりくっきり。あぁ、早くiPhone 11 Proで写真遊びしたい。

通常か、ワイドか、撮れる写真を確認できるようになりました

iPhone 11 Pro カメラのUI

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxでは、カメラのUIにも嬉しい変化があるんです。それは、写真を撮影するときに、「ワイドで撮影するとどんな写真が撮影できるか」が分かるようになったということ。

新しいカメラのUIはうっすら透過しており、通常の画角、ワイドな画角を常に確認しながら写真を撮影できるんです。こういうのって、一眼レフやミラーレスではなかなか無い機能なので、iPhoneならではの機能ですよね。良い感じ!

ナイトモードで暗所の撮影もなんのその

appleevent-2019-29

Pixelさんから軽ーくディスられていたiPhoneのカメラの難点、それは暗所での撮影でした。これもiPhone 11 Pro/11 Pro Max、iPhone 11ではばっちり改善。

明るさの足りない場所では、A13 Bionicのソフトウェア処理と高性能なカメラの連携により、自然な写真を撮影できるようになっています。

写真撮影からスッと動画に撮影移行できる「QuickTake」

iPhone 11 QuickTake

写真を撮影しているときに、ふと、動画撮りたいなぁって時もあるかと思いますが、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxには「QuickTake」という機能がありましてですね。シャッターボタンに指を置いたままにすると、動画撮影が始まります。

そのまま右へスワイプすると、指を離しても動画を撮影することができ、左へスワイプするとバーストモードで連射可能。あ、絶対便利なやつだこれ。

ビデオ撮影もがっつり進化、iPhoneで編集できるようになりました

appleevent-2019-27

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxは、動画撮影もプロ仕様。超広角な画角と細かいディティール、拡張ダイナミックレンジと映画レベルの手振れ補正により、いつでも高画質な動画が撮影できるようになりました。

さらにですね、すごいのが撮影した動画をそのままiPhoneで編集できちゃうってところ。これはiOS 13で追加される新機能ですが、回転、トリミング、フィルターの追加などなど、いつでも簡単に動画編集ができるようになってます。

iPhone用のジンバルを購入すれば、動画遊びも捗りそう!

iyusuke

ここで一言! iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxには、ズームに合わせて音声を調整する「オーディオズーム」が搭載されています。Appleさんに曰く、ビデオのフレーミングに音声をマッチ。どんな感じなのかは試してみないと分からないですね。

Let’s スローフィ―

iPhone 11スローフィー

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxに搭載される12MPのTrueDepthカメラですが、漠然とただ面白そう! となったのが、120fpsのスローモーションセルフィ―「スローフィー」。

1080pであれば120fps。4kなら60fpsでスローモーション撮影ができます。なんだかんだ、SNSでの投稿が主な使い方になりそうな予感。

そうそう、新しいTrueDepthカメラは、iPhoneを横向きにすると、自動でズームアウトしてくれるので、広角で友達みんなでセルフィ―ができるというのも良い感じですよね。

カラバリは4色、ミッドナイトグリーンが良い感じ!

iPhone 11 Pro/11 Pro Max カラー

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxのカラーバリエーションは4色となっており、従来のゴールド、シルバー、スペースグレイに加え、ミッドナイトグリーンが追加されました。

元からあるカラーも微妙に色味が違っているのかもですが、新色「ミッドナイトグリーン」は見た瞬間ビビッときました。僕はこいつにします。

iPhoneにミッドナイトグリーンが追加されるのを知っていたら、Powerbeats Proはモスグリーンを選んだのに……。

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxはケースの違和感が…

appleevent-2019-30

iPhone 11 Pro/11 Pro Max/11の発売と共に専用ケースも複数発売されますが、カメラユニットの形状が見慣れないためか、違和感がすごい。特にiPhone 11のケースがなんとも……。

僕は基本iPhone裸派なので、ケース無しで使うと思いますが、相変わらず、豊富なカラバリが揃ってますね。

価格は106,800円から

次は、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの価格について。もう知ってたよというか、やっぱりね、というか、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxともに価格は10万円超えです。

iPhone
11 Pro
iPhone
11 Pro Max
64GB106,800円119,800円
256GB122,800円135,800円
512GB144,800円157,800円

※表記はすべて税別価格です。

うん、安定で高いですね。でも、これでも前モデルよりは1万円ほど安くなっているんですよ。お高い価格のiPhone 11 Pro/11 Pro Maxですが、ありがたいことに、下取りに出すiPhoneを持っている場合、最安で68,570円から購入できます。

iPhoneの下取り価格は以下の通り。

iPhoneの下取り価格一覧

  • iPhone XS Max – 最大62,060円
  • iPhone XS – 最大51,480円
  • iPhone XR – 最大38,200円
  • iPhone X – 最大41,440円
  • iPhone 8 Plus – 最大32,840円
  • iPhone 8 – 最大23,350円
  • iPhone 7 Plus – 最大23,250円
  • iPhone 7 – 最大13,350円
  • iPhone 6s Plus – 最大11,340円
  • iPhone 6s – 最大7,220円
  • iPhone 6 Plus – 最大7,660円
  • iPhone 6 – 最大5,030円
  • iPhone SE – 最大5.030円
  • そのほかのモデル – リサイクル

iPhone 8以降のモデルは、下取り価格がかなり高め。下取り対象のiPhoneを持っている人は、機種により、かなりお安くiPhone 11 Pro/11 Pro Maxを購入できるかもしれません。

2019年の新型iPhone「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」は、カメラ性能が驚愕の進化を遂げているので、下取りを活用するなら、iPhone XS/XS Maxからの買い替えも全然選択肢に入っちゃいそう。iPhoneのさらなる高みへ到達したトリプルカメラを試したい人は、意外と多いんじゃないでしょうか?

いや、価格が価格なので、実際はiPhone 11の方が人気出そうかな……。みなさんはどっちを購入します?

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの予約受付開始は9月13日、発売日は9月20日

iphone-11pro-00

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの予約受付開始は9月13日午後9時から発売日は9月20日となっているので、購入を検討している人は必ず予約しておきましょう! きっと、すぐに品薄で最初のロットを逃すとしばらくは手に入らなくなるかもです。

  • 予約受付開始は、9月13日午後9時から。
  • 発売日は2019年9月20日です。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxは、Apple公式HPのほか、Appleストアで予約&購入することができます。

国内キャリアでは、docomo,au,softbankから発売予定。こちらの予約受付&発売日についてもサクッとまとめておきますね。

国内キャリアのiPhone 11 Pro/11 Pro Maxの発売日と予約受付開始日

予約受付発売日
docomo9月13日(金)21時9月20日
au9月13日(金)21時9月20日
softbank9月13日(金)21時9月20日

※オンラインでの予約受付開始日です。店舗での予約受付開始日は異なる場合があります。

国内キャリアのiPhone 11 Pro/11 Pro Maxの予約受付、発売日は足並みを揃えた感じ。iPhone 11 Pro/11 Pro狙いの人はこちらも合わせてチェックしておくといいかもしれません。

「iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン」、君に決めた

A13 Bionicと第3世代Neural Engineで処理性能が向上したほか、トリプルカメラによるカメラ性能の向上と動画性能の向上が強烈な「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」。

Wi-Fiの新規格「Wi-Fi 6(802.11ax)」への対応もGoodですよね。Wi-Fi6の最大転送速度は9.6Gbpsとなっており、従来の802.11acより速いほか、接続も安定します。

iPhone 11 Proミッドナイトグリーンにしました

僕は、iPhone XSのサイズ感がちょうどいいので、iPhone 11 Proを購入。カラーは、新色「ミッドナイトグリーン」に一目惚れしました。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxについては、語りたいことがまだまだあるんですが……、長くなりそうなので、ひとまずここで終わっておきますね。

決めた。iPhone 11 Proを手に入れたら、iPhoneだけで写真撮りにいこう。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxは、Apple公式HPと国内キャリアのオンラインショップで購入できるので、気になる人はぜひ!

iPhone 11 Pro/11 Pro Max(Apple)

iPhone 11 Pro/11 Pro Max(docomo)

iPhone 11 Pro/11 Pro Max(Softbank)

iPhone 11 Pro/11 Pro Max(au)

Source:Apple

2019/09/18iPhone

Posted by iyusuke