iPhone 6sのバッテリー交換前と後のパフォーマンスが違いすぎる動画

投稿日:

バッテリーが古くなったiPhoneは意図的に性能を落としていることが判明し、Appleが認めて謝罪したことが話題になっていた。

2018年12月までは、iPhoneのバッテリー交換費用は保証対象外でも3,200円で対応してもらえますが、実際にiPhone 6sのバッテリー交換前と後でパフォーマンスを比較した動画が公開されている。

ベンチマークのスコアはもちろん、アプリの起動速度にも差があるので、iPhoneユーザーはぜひチェックしてみてほしい!

CPU性能は半分に抑えられ、バッテリー交換前と後では1分以上の差

Bennett Sorboさんが公開した動画は、iPhoen 6sのバッテリー交換前と後のパフォーマンスの差はどうなるのか、ホーム画面から様々なアプリを起動して時間を測るというシンプルな動画になっている。

Safariから始まり、次々とアプリを開いていくとiPhone 6sのバッテリー交換前と後ではアプリの起動速度にも違いがあることがはっきりと分かる。

特に、バッテリー交換前のiPhone 6sではゲームや動画などは読み込みに時間がかかり、ベンチマークの計測にも時間がかかってしまっています。

動画後半のベンチマークテストの結果では、バッテリー交換前がシングルコア1437、マルチコア2485に対して、バッテリー交換後はシングルコア2520、マルチコア4412。

バッテリー交換前と後で比較してみると、CPU性能が半分程度に抑えられている

2018年12月までは、保証対象外であっても3,200円で対応してもらえるバッテリー交換ですが、現在は待ち時間が1か月以上になる場合も。

以前の記事でもご紹介したとおり、iPhoneのバッテリー交換は2018年末まで待った方が結果長く使えるものの、考えることはみんな同じ。

2018年末はより待ち時間が伸びることが予想されるので、バッテリーが気になっている人は早めに交換しておいたほうがいいかもしれない!

※Appleは、iOS11の次期アップデートでユーザーがバッテリーパフォーマンスを確認できる機能の追加を予定している。

Source:Youtube(Bennett Sorbo)

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.