iPhone 8でホームボタンが無くなっても使いやすさは犠牲にならないのか?

9月12日にお披露目されることになるiPhone 8(iPhoneXやiPhone Proとも呼ばれる)ですが、多数のメディアやジャーナリストによりホームボタンが廃止されると予想されています。

正直なところ、iPhoneのホームボタンには慣れ親しんでいるユーザーが多いので、新型iPhoneで突然廃止されるとなると使い心地が気になります。

ただ、ホームボタンがなくなることでユーザビリティが下がる(使いにくくなる)と決めつけるのは早計かも?

iPhone 7はホームボタンをなくすための準備段階だった?

現行の最新iPhoneであるiPhone 7は物理ホームボタンからTaptic Engineでクリック感を再現するものに変更されており、これはiPhone 8でホームボタンをなくすための準備段階だったと言われています。

思い返せば、iPhone 7発売当初はクリック感で再現するホームボタンが話題になり、使い心地に戸惑う人も多かったですが、今はなんの違和感もなく使えている人が多数だと思うので、あながち間違いではないはず。

もちろん、iPhone 7で物理ホームが変更されたのはより防水性を高めるためでもありますが、iPhone 8でホームボタンを廃止するための準備と考えると、納得できる点がいくつもあり、例えば、再起動用コマンドの変更もそのうちの1つです。

Appleはこれまで、ホームボタンと電源ボタンの長押しを再起動用のコマンドとして採用していましたが、iPhone 7からは電源ボタンとボリューム下ボタンの長押しに変更しています。

これはホームボタンが担う役割を減らすという意味もあり、もしも、本当にiPhone 8でホームボタンが廃止されるのなら、おそらく、数年スパンでの準備となったはずです。

iPhone 8でホームボタンがなくなると使い心地は犠牲になるのか?

一般的に、各メディアやApple製品に詳しいジャーナリストによれば「iPhone 8以降、アプリを閉じる時はスクリーン下部にあるバーを上にフリックする」との意見が多数を占めていますが、ホームボタンに使い慣れたユーザーからすればあまりにも突然で大きな変化となってしまいます。

そうなれば、絶対使いにくいと感じてしまいますが、おそらく、Taptic Engineは引き続き搭載されるはずで、必ずディスプレイの下部領域にホームボタンの役割を担う仮想領域は搭載されると思われます。

iPhone 8から突然ホームボタン自体がなくなるということも考えにくいですが、ホームボタンを完全廃止する場合、ユーザビリティを考えてもそれにとって代わる機能を追加することは必須項目。

ホームボタンはiPhoneを操作する際、一番利用頻度の高い部分であり、ユーザビリティに直結するため、Appleはより慎重にテストを重ねたはずです。

iPhone 8ではホームボタンがなくなることで使い心地が犠牲になるという心配はほぼ確実にする必要はないですが、iPhone 8以降、ガラケーからスマホへ移行しテンキーが廃止された時のように新しい何かがやってくるかもしれません。

Source:computerworld

Posted by iyusuke