慣れれば気にならない!iPhone Xのバッテリー残量を%(パーセント)で確認する方法

更新日:

iPhone X バッテリー残量の%表示

iPhone Xはディスプレイにセンサーハウジング(TrueDepthカメラなどが搭載された画面上部の切り欠き部分)が追加され、従来のiPhoneでは表示されていたバッテリーの%表示がない。

ステータスバーで確認できたバッテリーの%表示がなくなったのは、ほとんどの人が不憫に感じてるはずなので、改めてご紹介!

iPhone Xは仕様上バッテリーの%表示はできないですが、確認する方法はあるので参考にどうぞ!

iPhone Xのバッテリー残量を%で確認する方法

そもそも、iPhone Xにはセンサーハウジング(画面上部の切り欠き)があるため、操作や表示が変わるのは仕方がないこと。

iPhone Xでバッテリー残量のパーセンテージを確認する方法があるので、これから買い換える予定という人や知らなかった!という人は確認しておきましょう。

コントロールセンターでは常にバッテリー残量が%(パーセント)で表示される

iPhone X コントロールセンターのバッテリー表示

従来のiPhoneと比べるとワンステップ多くなるものの、iPhone Xでは、コントロールセンターを開くことがバッテリー残量を表示する最も簡単な方法。

iPhone Xは画面右上から下にスワイプすることでコントロールセンターを呼び出すことができ、バッテリー残量は右上に%表示される。

コントロールセンターにはバッテリー残量(%)のほかに、Wi-Fiのオン/オフ画面の明るさ調整など、様々なショートカットが使えますが、実は、バッテリー残量が表示されるのはiPhone Xだけの専用機能。

iOS11のコントロールセンターは自分の好きな機能を追加してカスタマイズすることがでるので、コントロールセンターのカスタマイズについて気になる人は以下の記事をチェックしてみてほしい!

iPhoneのウィジェットにバッテリー表示を追加する

iPhone X ウィジェット

iPhone Xでバッテリー残量の%表示を確認するもう1つの方法が、iPhone Xのウィジェット画面にバッテリーウィジェットを追加する方法

こちらは、iPhone Xのホーム画面(ロック画面)で右側にスワイプすると表示することができ、同時に、BlueTooth接続しているデバイスのバッテリー残量も確認できる。

バッテリーウィジェットを追加する方法は超簡単。ウィジェット画面で「編集」をタップし、表示されるウィジェット一覧から「バッテリー」を追加すればOK。

スワイプしてすぐにバッテリー残量を確認できるよう、できるだけ上の方にバッテリーウィジェットを追加しておきましょう。ちなみに、iOS11のウィジェットは追加し過ぎると動作がカクカクしてしまうことがあるので、必要ないウィジェットは切っておくこと。

iPhone 8/8 Plusのように常に確認できれば便利なバッテリー残量の%表示ですが、無理だったら無理で意外と慣れてしまうもの。

iPhone Xに慣れてくると、バッテリー残量を確認する時はウィジェットかコントロールセンターで見るようにクセが付くはずなので、ぜひ試してみてほしい!

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.