iPhone Xの画面輝度はGalaxy S8に負けてるけどそんな重要じゃない?

iPhone初となるベゼルレスディスプレイOLED(有機EL)ディスプレイを搭載する「iPhone X」。

iPhone Xは5.8インチの有機ELディスプレイを搭載し、解像度は2,436×1,125、最大輝度は625nits(iPhone 6は500nits)となっています。

Galaxy S8の最大輝度は1000nitsとなっており、iPhone Xは一歩及ばないですが、実はコレ、そんなに重要じゃないと思うんですよね。

   

最大輝度を表す「nits」とは?

まず、スマホのディスプレイ関連で良く出てくる「nits」についてちょこっとご紹介。

「nits」とは、ディスプレイの明るさを表す単位で、1nits=1cd(カンデラ)/平方mとなり、1nitsは、1平方メートルの面積を1cdの明るさで照らせる輝度です。

参考までに、1cdはだいたいロウソク程度の明るさで、625nitsとなるとものすごく明るいということが分かります。

ものすごくざっくり説明してますが、だいたいこんな感じで覚えておくと○。

iPhone Xの最大輝度は625nits、Galaxy S8は1000nits

iPhone Xに搭載されるOLED(有機EL)ディスプレイはサムスンが供給していますが、iPhone XとGalaxy S8に搭載されるディスプレイは最大輝度が違います

iPhone Xの最大画面輝度は625nits、Galaxy S8/S8+の最大画面輝度は1000nitsとなっていますが、これにはそれほど気にする違いはありません。

もちろん、輝度が高ければ太陽光の下でも見やすくなるし、映像も綺麗に見えますが、輝度が高くなればそれだけ消費電力も多くなります。

スマホには自動で明るさを調整する機能があるため、常にこの最大輝度となるわけではなく、消費電力や画面の焼き付きうんぬんを考えると700nits前後の明るさがあれば十分なんです。

ちなみに、iPhoneは7/7 Plus/8の最大画面輝き度も625nitsとなっているため、Appleはこれ以上の明るさは必要ないと考えているのかもしれません。

ほとんどの人はiPhoneの画面輝度まで気にしてないと思いますが、iPhone Xのちょっとした小話でした!

iPhone Xは10月27日予約受付開始11月3日発売予定です。

Source:Apple