iPhone Xでウィジェットが重いぞ?原因はいろんなところにあった

更新日:

iPhone X ウィジェット

iPhone Xを発売日にゲットして日が経ち、慣れ過ぎてiPhone 7に違和感を感じはじめたyusukeです。

特に不満もなく使っているiPhone Xですが、どうしても気になりつつ放置してたことがある。それはウィジェットの動作が重いということ。特にウィジェット画面に移動してすぐはカクカクなので原因を探ってみるといろんなところにあったので簡単にご紹介する!

iPhoneのウィジェットについて

iPhone X 重いウィジェット

まずはじめに、iPhoneのウィジェットは、iPhoneのホーム画面で左にスワイプ(通知バーから左スワイプでも可)すると呼び出せる画面で、様々なアプリで用意されているウィジェットをユーザーが自由に配置できる。

iPhone ウィジェット

iPhoneのウィジェットはウィジェット画面下部の「編集」からカスタマイズすることができ、よく使うアプリのウィジェットを追加することができる。

便利なのでiPhoneのウィジェットはほとんどの人が使ってるはず。

iPhone Xでウィジェットが重くなる原因

iPhone X ウィジェットが重い

iPhoneのウィジェット画面にはよく使う連絡先天気ニュースが表示できるためものすごく便利なんですが、iPhone Xにしてから妙にカクカクするし重い。

どうしても気になるため原因を探ってみるとiPhoneのウィジェットが重くなるのは様々な要因が関係していたらしい。

iPhoneのウィジェットが重い原因1、スマートニュース

とりあえず、表示しているウィジェットを1つずつ消していき、最も効果があったのがスマートニュースのウィジェットを非表示にすること。

よく使うし便利なのでウィジェット画面に置いておきたかったですが、スマートニュースのウィジェットは動作が重くなってしまうようなので、ウィジェット画面の動作が気になる人は非表示にしてみよう。

iPhoneのウィジェットが重い原因2、表示を増やす

ウィジェットを置きすぎているなら数を減らせばいいですが、iPhoneのウィジェットはウィジェットごとの表示を増やしたり、減らしたりすることができる。

これはなんとなく程度ですが、表示を増やしていると重くなる気がするので、表示を増やすウィジェットは極力少なくしたほうがいいかもしれない。

iPhoneのウィジェットが重い原因3、そもそも開いた直後がカクカク

少しでも軽くしようと色々試していると、ものすごく残念なことが判明した。それはiPhone Xのウィジェットは開いた直後は絶対重くなるしカクカクするということ。

iPhone 7の時は気にならなかったですが、iPhone Xのウィジェットが初めから重いのかiOS11でウィジェットが重くなったのかどちらかかもしれません。

結局iPhone Xのウィジェットを減らした

iPhone X ウィジェット 重い

Appのバックグラウンド更新を切ったり、ウィジェットの数を減らしたり、色々試したものの、どれだけ軽くしようと対策しても、iPhone Xのウィジェットは開いた直後重くなってカクカクする

他のiPhone Xも同じなのかどうかは分からないですが、少なくとも、僕のiPhone Xではウィジェットを開くと一瞬カクカクします。(再起動すれば元に戻るが気が付くとまた重くなる)

iPhone Xでウィジェットが重いと感じた時は、負荷のかかりそうなウィジェットは消し、ウィジェットを開いた直後は絶対カクカクすると割り切りましょう。または、再起動したほうがいいかもしれません。

【追記:2017/12/1】原因はiOS11の可能性あり

iPad Pro 10.5のウィジェットも動作がカクカクしていたので追記。iPadの方は軽いウィジェットを3つしか表示してないので、iPhone Xのウィジェットが重い・カクカクする原因はiOS11にあるのかもしれない。

iPhone/iPadのウィジェットはものすごく便利なので、次のアップデートで改善してくれれば・・・!

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.