M1チップ搭載「Macbook Pro」「Macbook Air」「Mac mini」が発表!どれも性能良いけど最後の一押しが欲しい…

Mac

Macbook Pro AppleSilicon M1

2020年11月11日午前3時に開催されたAppleのスペシャルイベント"One more Thing."にて、ついにAppleの自社製チップApple Silcon"M1チップ"を搭載したMacが3モデル発表されたのですが、どのモデルも性能の向上がすっごい魅力的で。

発表されたMacは「13インチ Macbook Pro」「13インチ Macbook Air」「Mac mini」の3モデルなんですけど、72,800円から発売されるMac miniですらPro Display XDRに"6K"を出力できるほどに性能が向上しており、Macbook Airは18時間の電池持ち、Macbook Proは20時間の電池持ちと性能だけじゃなくてバッテリーライフまですっごい伸びて登場したのです。

どちらかというと、今回のイベントはARM版Macの性能がすごいよーってベクトルに向いていまして、進行のテンポも速かったので、すらすらと情報が頭に流れ込んできた印象なのですが、何か最後の一押しが欲しいというか...、あ、デザインが全く同じなんだ。

(動作クロック数はどれくらいなんだ、ユニファイドメモリってなんなんだ...って不明な要素もあるから困る)

Macを見る - Apple 公式HP

新型Macbook Pro/Macbook Air/Mac miniの性能をさらっとおさらい

それじゃ、まずはApple Silicon(M1チップ)搭載の新型Mac3モデルについてさらっとおさらいしておきましょう。※詳細なスペックなんかはApple公式HPでチェックする方向で。

そもそも、Apple Siliconのおおまかな情報は前回のスペシャルイベントで発表されていたのですが...本日11月11日に開催されたイベント"One more Thing."では、Macのために開発されたApple Silicon"M1チップ"の全貌が明らかになり、M1チップを搭載する「13インチ Macbook Pro」「13インチ Macbook Air」「Mac mini」が発表されたというわけなのです。

上述の通り、M1チップを搭載するMacは、

  • 13インチ Macbook Pro
  • 13インチ Macbook Air
  • Mac mini

上記の3モデル。いずれのモデルもApple Silicon"M1チップ"の恩恵で電力効率が大幅に向上していまして。M1チップは8コアCPUと8コアGPU、そして16コアのNeural Engineを搭載し、処理性能とグラフィックス性能も大幅にUP。Macbook AirとMacbook Proに関していえば"電池持ち"が圧倒的に改善されており、Macbook Airはビデオ再生で最大18時間。

Macbook Proはビデオ再生で最大20時間も使用できるようになりました。おそらく、筐体も変更はなさそうですし、バッテリーのサイズも変わってなさそうな雰囲気なので...この電池持ちは省電力な"M1チップ"のおかげ。素敵です。

どのラップトップ(ノートPC)を指しているのかは不明ですが、最近発売されたラップトップよりも優れたパフォーマンスを発揮し...

グラフィックス性能も最大2倍。iPhoneやiPad、Apple Watchに搭載されているAシリーズプロセッサと同じアーキテクチャを採用しているので、Apple製品デバイスとの高い神話性も今回登場したMacたちの大きなトピックですね。

それじゃ、新型Macbook Pro,Macbook Air,Mac miniの特徴もささっとおさらいしていきますよ! ぱぱっと目を通しちゃってくださいな。

新型Macbook Airの覚えておきたいこと

僕の物欲を刺激してくるM1チップ搭載Macbookがこいつ。新型Macbook Airなんですけど、ファンレスでも省電力なM1チップの恩恵でパフォーマンスにも優れるモデルになって登場しました。

性能でいえば、前モデルと比べて処理性能は最大3.5倍、グラフィックス性能は最大5倍高速化。SSDの速度も2倍なのに...ファンレス。最大18時間のビデオ再生ができるほどに電池持ちも改善されており、これぞApple Silicon"M1チップ"のメリット的な。Macbook Proの電池持ちには2時間ほど及ばずなバッテリーライフですが、Macbook Air史上最長のバッテリーライフを備えています。

  • Macのために開発されたAppleの自社製チップ"M1チップ"を搭載
    • 8コアCPU+8コアGPU+16コアNeural Engine ※最小構成は7コアGPUになります。
    • 5nmプロセス
  • ビデオ再生で最大18時間のバッテリーライフ(前モデルから2倍の電池持ち)
  • Wi-Fi6対応
  • USB-4に対応したThunderboltポートが2つ
  • Magic KeyboardとTouchID
  • ディスプレイの性能も向上、P3の広色域に対応
  • ファンレスなのに高性能

Macbook Airはユニファイドメモリを最大16GBまで追加可能です。(いまいちユニファイドの意味が理解できてないんだけども)

新型MacBook Pro(13インチ)の覚えておきたいこと

今回発表されたApple Silicon搭載Macbook Proは13インチのみ。動画再生で最大20時間のバッテリーライフも魅力的で、それよりもなによりも、現状Apple Silcon"M1チップ"の性能をフルに生かすラップトップですね。

こいつだけ8コアCPU+8コアGPU+16コアNeural Engineの構成なのです。現状最強。(Macbook Airは8コアCPU+7コアCPU+16コアNeural Engine。上のモデルを選択すれば8コアGPUになります)

  • Macのために開発されたAppleの自社製チップ"M1チップ"を搭載
    • 8コアCPU+8コアGPU+16コアNeural Engine
    • 5nmプロセス
  • ビデオ再生で最大20時間のバッテリーライフ(前モデルから2倍の電池持ち)
  • Wi-Fi6対応
  • USB-4に対応したThunderboltポートが2つ
  • Final Cut Proで最大5.9倍のレンダリング速度
  • フル品質の8k ProResビデオを1コマも落とさないでDavinci Resolveで再生可能
  • Xcodeで最大2.8倍の速さでコードを書ける
  • 処理性能は従来のMacbook Proの最大2.8倍、グラフィックスは最大5倍
  • ディスプレイの性能も向上、P3の広色域に対応

Macbook Proもメモリはユニファイドメモリ16GBまで増量可能。スタジオ品質のマイクを搭載し、内蔵カメラの性能も向上しているというのは覚えておきたいポイントかもですね。

これで価格は据え置きです...最高か。(Intelプロセッサ搭載モデルも販売継続)

新型Mac miniの覚えておきたいこと

価格の衝撃がすごすぎる"新型Mac mini"はもう何が"ミニ"なのか...ミニの領域を超えた性能になって登場したわけですが、M1チップの恩恵により、高性能で優れた消費電力。

Pro Display XDRに6kで出力可能と即戦力で戦える性能を備えているのに価格は72,800円から買えちゃうのです。Apple Silicon"M1チップ"により、最も激しく進化したMacと言えるかもですね。

もちろん、Thunderbolt4/USB4ポートもしっかり搭載し、搭載するM1チップは8コアCPU+8コアGPU+16コアNeural Engine。前モデルと比べ、処理性能は最大3倍。グラフィックスは最大6倍。機械学習は最大15倍高速化しています。

SSDの読み込み/書き込み速度は最大3.4GB/sとなり、読み込み速度なんかも劇的に改善されているそうですよ。

今回のMac miniは搭載するポートにいくつかの変更が加えられており、左からイーサネット、Thunderbolt/USB4が2つ、HDMI 2.0、USB-A(最大5Gb/s)が2つと3.5mmイヤフォンジャックを搭載しています。

本体の熱設計もM1チップも最適化されており、より静かになっているとのこと。

  • Macのために開発されたAppleの自社製チップ"M1チップ"を搭載
    • 8コアCPU+8コアGPU+16コアNeural Engine
    • 5nmプロセス
  • Wi-Fi6対応
  • USB-4に対応したThunderboltポートが2つ
  • Pro Display XDRに6kの映像出力が可能
  • 最大2台のディスプレイ出力に対応
  • 72,800円+税から!

こちらも最大16GBのユニファイドメモリを選択可能で、用意されているストレージは最大2TB。子のスペックで72,800円~ってのが...すごい。

M1チップ搭載Macは価格も素敵

最後に、価格についても見ておきましょう。いずれも最小構成での価格になりますが、メモリは最大16GBまで増設可能。ストレージも最大2TBまでカスタム可能になっています。

モデル価格(最小構成)
Macbook Pro134,800円~
Macbook Air104,800円~
Mac mini72,800円~

Macbook Proも、Macbook Airも、Mac miniも、めっちゃ性能は上がってますし、"買い"なのは間違いないんですけど...全モデルのデザインがそのままってのがちょっとだけ惜しいポイント。

(あと一押しが...一押しが!)

M1チップの動作クロック数も気になりますし、僕は"ユニファイドメモリ"って聞き慣れない言葉に戸惑い中。M1チップ搭載Macはもう少し情報を待ったほうが良いってのは確かですが、最後の一押しが欲しいのです。

それともう一つ。今回のMacはいずれのモデルもメモリは最大16GBなので、32GBを積みたいって人はM2チップまで待った方が幸せになれそうかなぁと。内部にメモリを統合されたからなのか、いくつか制限もありそうですしね。

僕の中では、軽くてファンレスで高性能な"Macbook Air"が魅力的で...。

いずれのモデルもすでに予約受付中なので、気になるブラザーはApple公式HPを覗いてみては? 性能爆上がりしているのに価格は据え置きなのでお得感もすっごいのです。

Macを見る - Apple公式HP

Mac

Posted by iyusuke