Macbook/Macbook Proのキーボードの不具合を無償修理!Appleのキーボード修理プログラム

投稿日:

Appleが一部のMacbook/Macbook Proのバタフライキーボードで起きていた不具合に対する修理プログラム「Macbook および Macbook Pro キーボード修理プログラム」発表!

一時は集団起訴にまで発展してしまったMacbookとMacbook Proに搭載されるバタフライキーボードですが、修理プログラムの対象となるモデルは2016年以降のバタフライキーボードを搭載した全てのモデルとなる。

Macbook および Macbook Proのキーボード修理プログラム

対象となるMacbook および Macbook Proのバタフライキーボードの不具合は以下の通り。

・文字が勝手に反復入力される

・文字が表示されない

・押したキーがスムーズに跳ね返ってこない。または、キーを押した時の反応が一定しない

上記の症状のうち、1つまたは複数の症状がMacbook/Macbook Proのバタフライキーボードに現れた場合、Appleのキーボード修理プログラムの対象となり、無償で修理してもらえる。

キーボード修理プログラムの対象となるMacbook/Macbook Proは以下の通りなので、自分のMacbookが対象となっている場合は確認しておこう。

Macbook(Retina, 12-inch,Early 2015)
Macbook(Retina, 12-inch,Early 2016)
Macbook(Retina, 12-inch, 2017)
Macbook Pro(13-inch,2016,Two Thunderbolt 3 Ports)
Macbook Pro(13-inch,2017,Two Thunderbolt 3 Ports)
Macbook Pro(13-inch,2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
Macbook Pro(13-inch,2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
Macbook Pro(15-inch,2016)
Macbook Pro(15-inch,2017)

また、この修理プログラムは対象となるMacbook/Macbookに対して最初の小売り販売日から4年間適用されるというのも覚えておきたいポイント。

修理プログラムの対象となった場合は無料で修理してもらえますが、複数のキーの交換が必要だったり、バタフライキーボード全体の交換が必要だったりと修理内容は様々なため、修理時間は修理内容やパーツの在庫状況によって異なる場合があるというのも覚えておくといいかもしれない。

AppleのMacbook および Macbook Pro キーボード修理プログラムは以下の方法で手続きができるので、Macbookのバタフライキーボードがおかしい・・・という人は要チェック!

Apple 正規サービスプロバイダ

Apple Store 直営店

配送修理

また、本プログラムの対象になると思われるMacbook および Macbook Proを以前に有償修理したことがある場合は返金してもらえる可能性があるため、以下のページからAppleにお問い合わせしてみるべし。

Appleサポート

-Mac

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.