新型Macbook Air/Mac miniが登場!薄型&軽量モデルが欲しかった人は間違いなく「買い」

投稿日:

0日に開催されたAppleのスペシャルイベントで新型Macbook Air新型Mac  miniが登場したので要点を抑えつつご紹介!

新型Macbook Airは薄型軽量モデルを求める人にピッタリな確実で正当な進化を遂げたMacbook Air、新型Mac miniはクリエイティブなユーザーも十分使える性能を秘めたMac miniといった感じだ。

分かりやすくご紹介してくので、新型Macbook Airと新型Mac miniが気になる・・・という人は参考にどうぞ!(僕はMacbook Airが激推し)

Touch ID& Retinaディスプレイ搭載「新型Macbook Air」

まずは、テンションガチ上がりした新型Macbook Air(13インチ)からご紹介。※絶対買う!と思っていたのに新型iPad Proの登場で気持ちが浮気したというのは内緒だ。

Retinaディスプレイになり、400万以上のピクセル数と48%向上した色表現を手にした。

新型Macbook Airは、ついにRetinaディスプレイ(13.3インチ、2,560×1,600)を搭載。「Touch ID(指紋認証)」に対応するほか、最大16GBのメモリと1.5TB SSDをオプションで選択可能。Apple T2チップのおかげでセキュリティ面はより強固になり、「Hey Siri」にも対応した。

サイズは17%小型化し、10%も薄型化されている。

薄型&軽量のコンセプトはそのままに、確実に、堅実に進化したMacbook Airとなっている。※新型Macbook Airは、CPUにIntel Core i5しか選択できないので要注意だ。

新型Macbook Airのスペック詳細

サイズ0.41~1.56×30.41×21.24cm、1.25kg
ディスプレイ13.3インチ、Retinaディスプレイ、2,560×1,600ピクセル、IPS液晶
CPU1.6GHz デュアルコア Intel Core i5(TurboBoost時最大3.6GHz)
GPUIntel UHD 617(外付けのeGPUに対応)
メモリLPDDR3 2,133MHz、8GB/16GB
ストレージ128GB/256GB/512GB/1.5TB SSD
バッテリー50.3Wh(1日使用可能なバッテリー)
FaceTimeカメラ720p
ポートUSB-C×2、3.5mmイヤフォンジャック
カラーゴールド、シルバー、スペースグレイ
その他Touch ID対応、Hey Siri対応、802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 5.0、

新型Macbook AirにTouch IDが搭載されたことで、ミドルレンジモデルでも指紋認証の快適なロック解除が使えるようになったというのはグッド。

第3世代バタフライキーボード20%大きくなったトラックパッド(Force Touch対応)にも対応しているため、買いやすい価格でありながら、最新技術はガッツリ体験できる。

新型Macbook Airの価格

モデル価格
Touch ID 1.6GHz デュアルコア(Turbo Boost使用時最大3.6GHz) 128GB SSD134,800円(税別)
Touch ID 1.6GHzデュアルコア(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)、256GB SSD156,800円(税別)
オプションモリモリモデル288,800円(税別)

性能・価格を見ても分かる通り、新型Macbook Airはミドルモデルの位置づけ。価格は13,4800円(税別)~とかなり買いやすいMacbookと言える。※Macbook Proと比べると劣るものの、それでも十分な処理性能を持っている。

新型Macbook Airと外付けeGPUを繋げばグラフィック性能は底上げできる。

新型Macbook Airは、負荷のかかる作業やクリエイティブな用途には向かないですが、記事を書いたり、ネットサーフィンしたり、ちょっとした資料を作成したりなど、コアな使い方をしない人には激推ししたいMacbook。

6コアCPUにRAM64GB!クリエイティブな用途にも対応する「新型Mac mini」

新型Mac miniは、CPUは4コア(Intel Core i3 第8世代)6コア(Intel Core i5/i7 第8世代)から選択可能になり、メモリは最大64GB、SSDは最大2TBとミドルからハイエンドまで兼ねるMacへと進化した。

気になる「新型Mac mini」のスペック詳細は以下の通り。

Mac miniのスペック詳細

サイズ19.7×19.7×3.6cm、1.3kg
CPU第8世代 Intel Core i3/i5/i7
GPUIntel UHD 630
メモリDDR4 2,666MHz 8GB/16GB/32GB/64GB
ストレージ128GB/256GB/512GB/1TB/2TB SSD
ポートThunderbolt(最大40Gbps)×4、HDMI2.0ポート、10ギガビットEthernet、3.5mmイヤフォンジャック
カラースペースグレイ
その他Apple T2チップ搭載、802.11.ac Wi-Fi、Bluetooth 5.0

新型Mac miniの特筆すべき点は、3.6GHz 4コア Intel Core i3から3.2GHz 6コア Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.6GHz)まで、ミドルからハイエンドまでカバーするMacということ。

当然ながら、新型Mac miniの性能は大幅に向上しており、パフォーマンスは最大5倍、SSDの読み込み速度は最大4倍、各アプリのパフォーマンスも驚くほど快適になっている。

メモリやストレージも幅広いオプションが用意されているため様々なユーザーにとってベストなMacをチョイスできるというのはMac miniならでは。

Mac miniの価格

上記のとおり、新しく登場したMac miniは、豊富なオプションでミドル~ハイエンドまでカバーできるため価格の幅も広い。

オプション抜きでラインナップされている新型Mac miniの価格は以下の通り。

モデル価格
3.6GHz 4コア 128GB SSDモデル89,800円(税別)
3.0GHz 6コア(Turbo Boost最大4.1GHz)256GB SSDモデル122,800円(税別)
フルスペックMAXオプション463,800円(性別)

最安モデルの新型Mac Miniの価格は89,800円(税別)、フルスペックでオプションモリモリにカスタムすると463,800円(税別)と価格幅が恐ろしいですが、それだけ新型Mac miniは多くのユーザーのニーズに答えられるということ。

若干冷却性能が乏しいんじゃないかなーと思うので、フルスペックモデルはあまりおすすめしないですが、新型Mac miniはこれからMacデビューしようかな・・・という人には間違いなくおすすめできるマシンだ!

Apple公式HPで新型Mac miniをチェック

僕は「新型Macbook Air」を激推ししたい

僕が「今、ラップトップを買うならどれがいい?」と聞かれたら、間違いなく新型Macbook Airをおすすめしたい。安いし、軽いし、コンパクトだし、処理性能も普通に使う分なら、新型Macbook Airで困ることは絶対無いと言い切れる。※動画編集なんかでヘビーに使うなら、デスクトップかMacbook Pro。

第8世代になって処理性能が向上したとはいえ、Core i5しか選択できないのは微妙に納得できない・・・って気持ちもあるにはあるけども、Touch IDの搭載ベゼルが小さくなったRetinaディスプレイわずか1.25kgという圧倒的軽さ最大25%音量が増加したスピーカーと、前モデルのMacbook Airからしっかり進化している。

新型Macbook Air/Mac miniともに予約受付は本日から

新型Macbook Air、新型Mac miniともに本日から予約受付開始発売日は11月7日となっているので、気になる人はぜひチェックしておこう!

古いPCやラップトップ(ノートPC)を使ってる人はかなりおすすめのマシンです。

新型Macbook Airをチェック(Apple)

新型Mac miniをチェック(Apple)

Source:Apple

-Mac

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.