M2搭載 Macbook Air 買い替えるべき

新型Macbook Air(M2搭載)は買い替えるべき?価格は高めだけど満足感高そう

Mac

円安の影響で価格は高め。

WWDC2022にて発表された新型Macbook Airですが、新たにM2チップを搭載し、デザインはMacbook Proライクに大幅変更、MagSafe3ポート、Dolby Atmos対応の3スピーカーシステム、新しいカラバリ......エトセトラ。

良い感じに魅力的に仕上がっていたので、新型Macbook Air欲しい!ってブラザーも多いのでは? ただ、気になるのはちょっと高めな価格で、買い替えのハードルとなるのもまた事実。

同時にアップグレードされた13インチMacbook Pro(M2)は、M2搭載Macbook Airとほぼ同じ仕様で価格は178,800円~なので、こっち買うなら新型Macbook Airのほうが幸せになれるってのは間違いないですが、M2搭載Macbook Airに買い替えるべきかどうか、僕と一緒に悩んでみましょう。

M2搭載Macbook Airは買い替えるべき?性能や機能をおさらいしつつ悩んでみる

それでは、まずはM2チップ搭載 Macbook Airのスペックや機能についてダダダッとおさらいです。

知っておきたいトピックとしては、

  • M2チップ搭載
    • 5nmプロセス
    • 高性能コア4つと高効率コア4つの合計8コア
    • 最大10コアのGPU
    • 16コアNeural Engine
    • 100GB/sのメモリ帯域幅
  • 最大24GBのユニファイドメモリ
  • 13.6インチのLiquid Retinaディスプレイ(IPS液晶)
    • 2,560×1,664ピクセル、224ppi、500ニトの輝度
  • 1080p FaceTime HDカメラ
  • 空間オーディオ対応の4つのスピーカー
  • MagSafe3ポート搭載
  • 最大18時間のバッテリーライフ(前モデルと同じ)
  • カラバリはシルバー、スペースグレイ、ミッドナイト、スターライトの4色
  • ファンレスで静音設計
  • Touch ID(指紋認証)

こんなところ。M2チップを搭載したことでCPU性能は18%、GPU性能は35%、NeuralEngineは40%も高速化しているほか、新たにMagSafe3ポートを搭載しました。

バッテリーライフは前モデルから変わらず"最大18時間(ビデオ再生)"です。

画面サイズは13.3インチ → 13.6インチに大型化しましたが、画面の切り欠きがあるのは新型Macbook Proと同じですね。この切り欠き、できれば無い方がスマートで良いのですが......慣れればそんなに気になりません。

外部ディスプレイの出力についてはM1搭載モデルと同じ仕様になっており、最大6kの外部ディスプレイを1枚出力することができますよ。

ちなみに、Macbook Proと同じ"フラットデザイン"が採用されたMacbook Airですが、ボディの厚みと重さはM1搭載モデルから若干小型化&軽量化されていまして。

厚さは11.3mm、重さは1.24kg。(前モデルから0.05kgの軽量化)

電源ボタンには「Touch-ID(指紋認証)」を搭載しています。

カラーはシルバー/スペースグレイ/スターライト/ミッドナイトの4色。ミッドナイトが素敵過ぎる......!

M2チップで18%高速化したCPUと35%高速化したGPU

M2チップはダイサイズが大きくなりました。

新型Macbook Airは「Apple M2チップ」を搭載したことで全体的な処理性能が向上しており、M1チップと比べてCPU性能は18%、GPU性能は35%、NeuralEngineは40%高速化。

次世代のメディアエンジンとProResビデオエンジンを搭載したことで"ハードウェアアクセラレーション"によるエンコードとデコードも強化されています。つまり、M1チップ搭載モデルよりも4k/8kビデオのストリーム再生や編集が強い。

Appleによれば、M1搭載モデルと比べて動画編集は1.4倍、写真の合成は1.4倍、ゲームパフォーマンスは1.3倍、ProResビデオのトランスコードは3倍になっているそう。

(一説によると、Apple公式HPの"IntelベースのMacbook Airとの比較"ではCore i5 -8210Yとの比較らしいので...こっちはあてにならないかも。動画編集15倍とかは古い世代との比較なので、そりゃそうでしょと)

実際の処理性能や動画編集におけるパワーについては、レビューやベンチマークでチェックしたいところですね。

12インチMacbookよりも薄い

つよつよになって登場した「M2チップ搭載 Macbook Air」ですが、実は、多くの人が復活を望んでいるであろう「12インチMacbook」よりも薄くなっていまして。

(もはや12インチMacbookと同義)

Macbookの厚さを比較したツイートがバズっていたのですが、12インチMacbookの厚さが13.1mmなのに対して、M2搭載Macbook Airの厚さは11.3mm。

Macbook Proは16.8mmなので、薄くて軽いMacbookが欲しかった人にとってはMacbook AirがベストなMacbookになってます。

スペックと仕様

サイズ30.41×21.5×1.13cm
1.24kg
チップApple M2チップ
4うの高性能コアと4つの高効率コア
8コアGPU or 10コアGPU
16コア Neural Engine
100GB/sのメモリ帯域幅
ディスプレイIPS13.6インチ LEDバックライトディスプレイ
2,560×1,664ピクセル
224ppi
500ニトの輝度
広色域(P3)
TrueTone
バッテリー52.6Wh
最大18時間のApple TVアプリのムービー再生
最大15時間のワイヤレスインターネット
67W USB-C電源アダプタによる高速充電対応
拡張性MagSafe3 充電ポート
3.5mmイヤフォンジャック
2つのThunderboltポート
メモリ8GB ユニファイドメモリ
オプション:16GBまたは24GB
ストレージ256GB/512GB/1TB/2TB
ワイヤレス802.11ax(Wi-Fi6)
IEEE 802.11a/b/g/n/acに対応
Bluetooth 5.0
カメラ1080p FaceTime HDカメラ
オーディオ4スピーカーシステム
ドルビーアトモスと空間オーディオ
ダイナミックヘッドトラッキング
カラーシルバー
スターライト
スペースグレイ
ミッドナイト

なお、8コアCPU搭載M2モデルは「30W USB-C電源アダプタ」が付属。10コアCPU搭載M2と512GBストレージモデルを選択した場合は「デュアルUSB-Cポート搭載 35Wコンパクト電源アダプタ」が付属します。

デュアルUSBポート搭載 35Wコンパクト電源アダプタは、8コアCPUモデルでもオプションで変更可能とのこと。

「デュアルUSB-Cポート搭載 35Wコンパクト電源アダプタ」はさすが純正なデザインですが、価格が高すぎるし35Wだしでコスパ悪すぎるので、単品買いはナシですね。

で、M2搭載Macbook Airに買い替える?買い替えない?

新型Macbook Airの性能をおさらいしたところで、気になるのは買い替えるべきか否か......ですね。

個人的に、M1チップ搭載モデルから性能は順当に進化していますし、フラットデザインもGood。なにより、新しいカラバリ(特にミッドナイト)は非常に魅力的です。

MagSafeの色が統一されたのが素敵過ぎる。

いつもなら全力でおすすめできるMacbookになっていたはずなのですが、今は20年ぶりの水準の円安。

AppleのMac製品も軒並み3万円ほど値上げされるほど結構ダイレクトに影響しており、それは新型Macbook Airも例外ではありません。

  • Macbook Air(M1)
    • 115,280円 → 134,800円
  • Macbook Pro(M1 Pro/M1 Max)
    • 249,800円 → 278,800円
  • iMac(M1)
    • 154,800円 → 174,800円
  • Mac mini(M1)
    • 79,800円 → 92,800円
  • Mac Studio(M1 Max/M1 Ultra)
    • 249,800円 → 278,800円

※いずれも税込。最小構成の価格。

参考までに、円安の影響で値上げされたMacは上記のとおり。M1チップ搭載モデルだけでなく、Intelチップを搭載するMac miniやMac Proも値上げされています。

これらの価格から鑑みるに、新型Macbook Airも例年と比べて2-3万円ほど値上げされている可能性が高いですが、164,800円(税込)~という少々高めな価格が問題ないなら......Goしちゃっていいかもしれません。

ただし、円安の影響でコスパは悪い。これだけはしかと頭に叩き込んでおきましょう。

(僕は円安前に14インチMacbook Pro買っといてよかった...。ざっくり4万円の値上げはえぐい)

2018年以前のモデルを使っている人は買い替えてもいいかも

それともうひとつ。今年の秋にリリースされる最新OS「macOS Ventura」ですが、macOS Montreyに対応していた多くのモデルが非対応となりました。

つまり、2018年以前に発売された多くのモデルがサポート対象外。

  • macOS Ventura対応製品
    • Macbook - 2017年以降のモデル
    • Macbook Air - 2018年以降のモデル
    • Macbook Pro - 2017年以降のモデル
    • iMac - 2017年以降のモデル
    • iMac Pro - 2017年以降のモデル
    • Mac Pro - 2019年以降のモデル
    • Mac mini - 2018年以降のモデル

もし、2018年以前のMac/Macbookを使っているならこのタイミングでM2搭載Macbook Airに買い替えてしまうのもありありですね。

2018年以前のモデルと比べると性能は大幅に向上しますし、電池持ちもUP。コスパの悪さにさえ目をつぶればきっと幸せになれるはずです。

macOSのリリースは今年の秋を予定されています。

価格は164,800円~、発売日は7月予定

ところで。気になるM2搭載Macbook Airの価格については......

  • 8コアCPU 8コアGPU 8GBユニファイドメモリ 256GB SSDモデル
    • 164,800円(税込)~
  • 8コアCPU 10コアGPU 8GBユニファイドメモリ 512GB SSDモデル
    • 208,800円(税込)~

上記の通り。GPUのコア数とストレージ容量の違いで2つのラインナップが用意されており、上記の価格が最小構成ですね。

ここからメモリを増量したり、ストレージを増やしたり、Macbook Airの構成をカスタムすることができますよ。(フルカスタムで348,800円)

円安の影響をモロに受けてて価格は高めですが......新型Macbook Airはすべてが新しくなってますし、スペックやデザインはGood。価格以外満足度高いのは間違いなしです。

ほんと、もう少し安ければ最高でした。M2搭載 Macbook Airをコスパで見てはいけない。(コスパはめっちゃ悪いです)

発売日は2022年7月予定です。

Macbook Air M2チップモデルを見る - Apple公式

Mac

Posted by Yusuke Miyamoto