新型Macbook Pro(2018)は買い替えるべき?旧モデルから変更された性能&機能まとめ!

事前情報もなく、突然登場した新型Macbook Pro(2018)

基本的にはマイナーアップデートと思ってOKですが、第8世代プロセッサ「Coffee Lake」を搭載(13インチモデルは2コアから4コアにUP)し、ストレージ容量は最大2TB(15インチモデルは4TB)TrueToneディスプレイ対応第3世代のバタフライキーボード、そして初のHey Siri対応Macbookと、スペック・処理性能は大幅に向上している。

今回は、Macbook Pro 2018の機能や性能2017年モデルと比較して買い替えるべきか、についてご紹介していくので、新型Macbook Pro(2018) が気になる!という人はぜひ参考に!

Macbook Pro 2018の機能とスペック、変更点

まずはじめに、2018年モデルとしてアップデートされたMacbook ProはTouch Bar搭載モデルのみ。Touch Bar非搭載モデルは2017年モデルとなっており、性能は変わっていないということは覚えておきたい大事なポイント。

Macbook Pro 2018で変更された機能・性能は以下の通りです。

13インチ Macbook Pro 2018の変更点

第8世代 Intel Coffee Lake i5/i7 (4コア)
第3世代バタフライキーボード
True Tone テクノロジー対応
GPUがIntel Iris Plus Graphics 655に変更
Apple T2チップでセキュリティが向上
Hey Siriに対応

13インチ Macbook Pro 2018のストレージ容量は256GB SSD/512GB SSDとなっており、オプションで1TB SSD/2TB SSDに変更できるというのがヘビーユーザーには嬉しい変更点。

プロセッサは、2.3GHzクアッドコア Intel Core i5(Turbo Boost使用最大3.8GHz)を搭載する。※オプションで2.7GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用最大4.5GHz)に変更可能。

メモリは8GB 2,133MHz LPDDR3(最大16GB)を搭載し、こちらは2017年モデルから変わっていない。GPUはIntel Iris Plus Graphics 655にアップグレードされ、TrueToneディスプレイに対応したというのも覚えておきたいところだ。

Macbook Pro 2018のバッテリー性能や画質、ポート数やデザインなどは2017年モデルから変更されていない。

2017年モデルの13インチ Macbook ProはTouch Bar搭載/非搭載で大きな性能差はなかったですが、2018年モデルの13インチMacbook Proでは約2倍と大きな差ができているため、性能を求める人はTouch Bar搭載モデル一択となった。

15インチ Macbook Pro 2018の変更点

第8世代 Intel Coffee Lake i5/i7(6コア)
第3世代バタフライキーボード
True Toneテクノロジー対応
GPUがRadeon Pro 555X/560Xに変更
Apple T2チップでセキュリティが向上
Hey Siriに対応

15インチ Macbook Pro 2018第3世代バタフライキーボードTrue Toneディスプレイに対応するのは13インチモデルと同じ。

こちらは6コアのプロセッサとなり、256GBモデルは2.2GHz 6コアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)、512GBモデルは2.6GHz 6コアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.3GHz)を搭載する。

256GBモデル/512GBモデルともにオプションで2.9GHz 6コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)に変更することができ、2017年モデルと比較しても処理性能は大きく向上している。

また、15インチモデルはストレージ容量がオプションで1TB/2TB/4TB SSDに変更できるというのも大きな変更点。メモリは16GB 2.400MHz DDR4になり、最大32GBまで搭載可能となっているため、Macbook Pro 2018はまさにヘビーユーザー向けのプロ仕様Macbookだ。

改良されたMacbook Pro 2018の第3世代バタフライキーボード

様々な不具合が頻発し、構造上の問題も指摘されていたバタフライキーボードはMacbook Pro 2018で第3世代に変更。

Appleによれば、第3世代のバタフライキーボードはこれまでよりも静かになり、打鍵感もよくなっているとのこと。初代、第2世代と改良されてきたバタフライキーボードはMacbook Pro 2018でより完成されていると思う。

打ち心地については実際に触ってみないと分からないところではありますが、少なくとも、ちょっとしたホコリの混入で動作が不安定になる不具合は第3世代になって改良されているはずだ。

Hey SiriやTrue Toneにも対応

13インチMacbook Pro 2018/15インチMacbook Pro 2018ともにHey Siriに対応した初のMacとなり、周囲の明るさに合わせて自動で調整し、どんな環境でも画面を見やすくするTrue Toneディスプレイにも対応した。※どうやら、True ToneテクノロジーはTouch Barも対応してるようだ。

ちなみに、「Hey Siri」はApple T2チップの搭載により実現しており、セキュリティーもより強化された。

Macbook Pro 2018は買い替えるべき?

大幅に性能・機能が強化されたMacbook Pro 2018ですが、プロセッサは第8世代Coffee Lakeになり、13インチモデルが4コア、15インチモデルが6コアへと強化されたことで処理性能は2017年モデルと比べて大きく向上している。

性能の強化はもちろん、選択できるストレージ容量が増えたり、True Toneテクノロジー、第3世代バタフライキーボードを搭載する新型Macbookですが、基本的にはマイナーアップデートとなっているため、2017年モデルを愛用している人はすぐに買い替えるほどではないかも・・・です。

ただ、CPU性能の強化はほんとに大きい。参考までに、Macbook Pro 2017とMacbook Pro 2018のベンチマーク比較は以下の通り。

13インチ Touch Bar搭載モデルのベンチマーク比較

Macbook Pro 2017Macbook Pro 2018
シングルスコア42034448
マルチスコア883916607

15インチMacbook Proのベンチマーク比較

15インチMacbook Pro 201715インチMacbook Pro 2018
シングルスコア43434902
マルチスコア1437522316

上記の通り、2017年モデルと2018年モデルのMacbook Proをベンチマークで比較した場合、数値ではっきりと差が出ている。特に13インチMacbook Pro 2018はマルチスコアの向上が半端ない

価格は13インチMacbook Pro Touch Bar搭載モデルで198,800円(税別)~。 15インチMacbook Proで258,800円(税別)~。※ちなみに、15インチMacbook Pro 2018のフルカスタマイズモデルの価格は731,800円(税別)。性能も価格もやっべぇ。

性能が大きく向上しているとはいえ、2017年モデルのMacbook Proユーザーは特に不満がなければ買い替える必要はなさそうですが、旧モデルのMacbookを使っている人はこの機会にMacbook Pro 2018へ買い替えるのもあり

高い処理性能に加え、最新テクノロジーを存分に味わえるかもしれない!