macOS最新ベータ版は「ディスプレイが明るすぎる」と通知する機能が追加

Appleが公開したmacOS Siera 10.12.3のベータ版で、ディスプレイの明るさが75%を越えていた場合、通知してくれる機能が追加されているようです。

   

バッテリーメニューも追加

▲Display Brightnessをクリックすると75%まで自動で下がるらしい。

「Using Significant Energy(エネルギー消費が著しい)」という項目がバッテリーメニューに追加され、ディスプレイの明るさが75%以上に設定されてる場合、その下に「Display Brightness(ディスプレイの明るさ)」が表示されるとのこと。

ちなみに、75%という明るさはAppleがMacBook Pro(Late 2016)のバッテリーテストで設定していた数値と同じようです。

Macbook Proのバッテリーについては、Appleが主張していたほど持たないというユーザーの意見が多かったため、このような機能を搭載したものと思われます。おそらく、この新機能は正式にリリースされるmacOS Siera 10.12.2に搭載されるはずです。

Source:MacRumors

カテゴリー: Mac