メイキング映像のコンセプトアートから読み解くFallout 76の世界

更新日:

PC/PS4/Xbox One向けに発売される「Fallout 76」の開発映像やコンセプトアートを収めたメイキング映像がYoutubeで公開!

メイキング映像では、ティザー動画では公開されなかったコンセプトアートをはじめ、Fallout 76の気になる情報がたくさん登場したため、Fallout 76の世界に妄想を膨らませつつご紹介していく。Fallout 76の発売日は2018年11月14日。日本での価格は未定です。

Fallout 76の舞台「ウェストバージニア」の6つの地域

Fallout 76の舞台ウェストバージニアは「TOXIC VALLEY(トキシックバレー)」「The Forest(ザ フォレスト)」「ASH HEAP(アッシュヒープ)」「SAVAGE DIVIDE(サベージディバイド)」「THE MIRE(ザ マイアー)」「CRANBERRY BOG(クランベリーボグ)」の6つの地域に分かれており、Falllout 76のティザー動画ではチラッとマップ映像が流れた。

ウェストバージニアを文字通り分断するように位置する地域SAVAGE DIVIDE(野蛮な分断)が今作マップの特徴だ。

Fallout 76のコンセプトアート

Fallout 76のメイキング映像で登場したCRANBERRY BOG(クランベリーの沼地)のコンセプトアート?Fallout 76で登場する地域の中でも洪水が多いとのことで、見るからに過酷そう。

TOXIC VALLEY(有毒な谷)がしっくりくるコンセプトアート。動画ではSwampy Woods(沼地の木)と紹介されていた。

Fallout 76に登場する6つの地域はそれぞれ変わった生態系を構築しているようで、地域ごとに異なる特色がある。

コンセプトアートでは見たことがない赤い植物が群生する地域も登場した。

シリーズをプレイした人にはお馴染み「ヌカコーラ クアンタム」を製造する工場のコンセプトアートも登場。

Fallout 76ではヌカコーラクアンタムの製造工程を知ることができるかもしれない。

当然ながら、最終戦争で崩壊した都市もFallout 76には登場する。上画像のコンセプトアートを見る限り、都市圏はかなり酷い状態となっているようだ。

THE FORESTの実際の映像。Fallout 76のマップは広大(Fallout 4の4倍)で、より繊細な表現が可能になった天候システムが搭載される。

最終戦争からそれほど年月が経っていないにも関わらず、戦前とほぼ変わらない姿を残す地域もあるようだ。※最終戦争とは、Falloutの世界を作り出した核戦争のこと。開始2時間で文明が崩壊した。

ちなみに、上記で紹介した画像はあくまでFallout 76のコンセプトアート。実際のウェストバージニアの州都チャールストンは確実に登場すると思いますが、ウェストバージニアのどの地域がFallout 76の6つの地域に当てはまるかは現時点では予想できないし、上記コンセプトアートが本当に登場するかどうかはFallout 76をプレイしてみるまで分からない。

こればっかりはFallout 76のリリースを待ちましょう!※Fallout 76の様々なコンセプトアートを眺めてるだけでワクワクが止まんねぇ。

Fallout 76は食料と水の概念があるかもしれない

メイキング映像で公開されたFallout 76の舞台「ウェストバージニア」の詳細なマップ。マップ中央上部にはウェストバージニア州会議事堂らしきものが確認できる。あくまでもコンセプトアートですが、注目すべきは画像右下に表示されている「Food」と「Water」のステータス。

Fallout 76ではFallout 4の新サバイバルモードのように水の渇きと空腹の概念があるのかもしれない。E3でゲームディレクターのトッド・ハワードさんが「Fallout 76はソフトハードコアになる」と言っていたので、可能性はありそうだ!

Fallout 76にはNPCが登場しないってマジ?

Fallout 76では、ウェストバージニアの伝承を元にしたクリーチャーやスーパーミュータント、フェラルグールなど、危険なウェイストランドの環境で変異した敵が多数登場する。

ただ、Fallout 76公式HPでは「生き残った人々の全てが実際のプレイヤーたちです」との表記があり、もしかしたらNPCが存在しない可能性もありえる。※NPCがいないということはコンパニオンも無し。

ただ、その場合ストーリーが味気ないものになってしまうため、Falloutシリーズの前日譚にあたる本作でも少なからずNPCは登場するはずだ。※Mr.ハンディなどのロボットが登場することはすでに判明している。外の世界でNPCが登場するかどうかについては現時点で何とも言えないため、続報を待とう。

Fallout 76の「S.P.E.C.I.A.L」

Fallout 76のメイキング映像では、シリーズお馴染みの「S.P.E.C.I.A.L」のパーク取得画面が公開された。ポイントを使用して様々なパーク(PERKS)をプレイスタイルに合わせて取得していくという方式は変わらないようだ。

Fallout 4でお世話になった人も多いと思われるパーク「LONE WANDERER」もFallout 76では登場。今作はコンパニオンを連れ歩けない可能性もあるため、ソロプレイ時に有効なパークとなりそう。

Fallout 76の発売日は2018年11月14日!続報に期待

Fallout 76の発売日は2018年11月14日PC/PS4/Xbox Oneで発売される。※日本での予約受付開始日と価格については不明。

オンラインゲームであることが判明し、Fallout 76に関する様々な情報が明らかになってきましたが、歴代シリーズファンとしては不安な点もいくつかあるため、もう少し続報を待とう!

また、E3 2018で発表されたFallout 76の情報について気になるという人は以下の記事をFallout 76のメイキング映像とあわせてチェックしてみてほしい!

Source:Noclip(Youtube)

-Fallout

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.