モバイルバッテリーのPSEマーク取得が義務化

2019/05/30その他

Anker PowerCore 10000

iPhoneやAndoidスマホを使っていると利用頻度が高いガジェットがモバイルバッテリー

2018年現在、モバイルバッテリーには様々なメーカーから多種多様なものが発売されていますが、2019年2月1日以降、モバイルバッテリーは電気用品安全法(PSE法)の規制対象となり、PSEマークを取得していないモバイルバッテリーは製造・輸入・販売ができなくなります

逆に考えれば、時々見かける格安で粗末な作りのモバイルバッテリーが全滅するということなので、ユーザー目線で見てみるといいことなのかもしれませんね!

実は不安定で注意が必要なモバイルバッテリー

あまり知られてないですが、スマホやモバイルバッテリーに内臓されているリチウムイオンバッテリーは、効率よく電気を貯められますが、不安定な要素があり、強い衝撃や熱に弱いという性質があります。

(バッテリーの質が悪いと、発火や爆発することも……、怖い。)

今回、モバイルバッテリー(ポータブルリチウムイオン蓄電池)が規制対象になることが決定した背景には、近年増加していたモバイルバッテリーの発火・事故が原因にあると思われ、2019年2月1日以降、モバイルバッテリーは技術基準に適合していること検査記録の保存の義務化PSEマークの貼り付けが必須となります。

PSEマーク

これからモバイルバッテリーを購入する時は、もう少しPSEマークを意識したほうがいいかもしれません。

それじゃあ、もう一度おさらいしておきおますね。

  • モバイルバッテリーは、技術基準に適合していること、検査記録の保存の義務化、PSEマークの貼り付けが必須。
  • 安いモバイルバッテリーは買わない、使わない。
  • モバイルバッテリーを購入する時は「PSEマーク」を確認!

PSEマークについて詳しく知りたい人は日本品質保証機構のページもあわせてチェックしてもらえれば!

日本品質保証機構のページをチェック

2019/05/30その他

Posted by iyusuke