Macbook Pro キーボード

新型Macbook Air,Macbook Proはキーボードが変わる

Macbook Pro キーボード

2015年から大きな変化を遂げたMacbookのバタフライキーボード。

一般的なラップトップに搭載される「シザー構造」のキーボードではなく、「バタフライ構造」と呼ばれる新しい技術が採用されましたよね。

そんなMacbookの“バタフライキーボード”は脈々と受け継がれ、2019年の最新Macbookでも採用されていますが、どうやら、AppleはMacbook Air 2019とMacbook Pro 2020に新しいキーボードを搭載しようとしているようです。

Macbookにバタフライキーボードが搭載されてからすでに4年ほど。そろそろ新技術の新しいキーボードが登場してもおかしくないかも?

色々あったMacbookのバタフライキーボード

幸い、僕のMacbook Proのバタフライキーボードは、購入してから一度もキーボード関連の不具合には遭遇してませんが……、ホコリの混入で機能しなくなったり何度も同じキーが入力されたりと、ユーザーからは様々な不具合が報告されていました。

(浅いキーストロークが気になった人も多いはず。僕は、打ち心地についてそこまで気になりませんでした。良いとは言えないですけどね。)

バタフライキーボードは何度かモデルチェンジを行っており、そのたびに打ちやすさやペチペチ感は改善されていますが、根本的なところは変わってません。

安定性はそのまま、耐久性UPの新キーボード

Macbook Airは2019年モデル、Macbook Proは2020年モデルからになるようですが、Appleが開発中のキーボードは従来のシザー構造のキーボードになるとのこと。

2016年以前のMacbookまではシザー構造のキーボードが採用されていたので、原点回帰ってやつですね。

噂されているMacbookの新しいシザースイッチ キーボードの特徴は以下の通りです。

  • 新設計のシザー構造キーボード
  • 補強にグラスファイバーを使用するため、耐久性もUP
  • バタフライキーボードで4倍向上した安定性はそのまま
  • 深いキーストローク(最高、これは打ちやすさに直結します)
  • Ming Chi Kuoさん情報なので、信憑性は高めです
  • バタフライキーボードよりコストが安い

新しいMacbookのキーボードは完全新デザイン、グラスファイバーで補強されるため、強度は大きく向上すると思っていいかもですね。

Macbookの新キーボードはコスト的にも優れるそうですよ

Appleが開発中の新キーボードはコスト面でも優れています。

バタフライキーボードは歩留まりが低いことでも有名であり、シザー構造のキーボードと比較して製造コストは高くなっていましたが、新シザー構造のキーボードはコストをより抑えられます

一般的なシザー構造のキーボードと比べると多少は高くなるみたいですけどね。それでも、製造コストが安くなるのは、Appleとしても、ユーザーとしてもありがたいことです。

Macbook Airは2019年モデル、Macbook Proは2020年モデルで搭載

Appleが開発中の新しいシザー構造キーボードは、Macbook Airが2019年、Macbook Proは2020年モデルで搭載する言われています。

2020年頃に発表されそうな16インチの新型Macbook Proは新しいキーボードを搭載する可能性大ですが、時期的にも、トラブル続きなバタフライキーボードはそろそろグッバイかもしれません。

MacBook Air,Macbook Proの新しいキーボードがどうなるのか、楽しみ!