Nintendo Switchのカートリッジがすっごく苦いらしい

ついに発売された「Nintendo Switch」。なにやらゲームカートリッジがものすごく苦いらしい。

海外のゲームメディアKotakuが任天堂に理由を問い合わせたところ、カートリッジには「安息公香酸デナトニウム」が使われていることが分かったようです。

   

「安息香酸デナトニウム」は飲み込み防止効果アリ

Nintendo Switchのカートリッジに使われている化学物質「安息香酸デナトニウム」は引くほど苦いらしく、その猛烈な苦さはギネス世界記録に「最も苦い物質」として登録されているほど。

その苦さは5億分の1の薄さでも味覚検出に引っかかり、1億分の1の薄さではまだ苦みを感じられるのだとか。ただし、人体にはなんの害もなく、その猛烈な苦さは飲み込み防止効果があるようです。

幼児の飲み込み防止として一役買っている「安息香酸デナトニウム」ですが、任天堂は「誤って飲み込む可能性を避けるため、ゲームカードは幼児の届かない所に保管してください」とのコメントを残しています。

ちなみに、舐めてみた人によれば舌がビリビリする感じの苦さなんだとか。

カートリッジを舐めたくる大人続出中です。

Source:Kotaku

カテゴリー: Game