PhotoScan(フォトスキャン)を使ってiPhoneで紙焼き写真をデジタル化する方法

フォトスキャン アイコン

つい最近リリースされたGoogleの「PhotoScan(フォトスキャン)」。

これが超優秀で、iPhone/Androidで紙焼き写真をデジタル化してそのままGoogleフォトに取り込むことが出来る。

スマホだけで出来て、手順も分かりやすいので、この機会に押し入れで眠った紙焼き写真を整理してみるといいかもしれない。

フォトスキャンで紙焼き写真をデジタル化する方法

img_0326

押し入れを探したら出てきた桜の写真を使ってPhotoScan(フォトスキャン)で紙焼き写真をデジタル化する方法を紹介する。

フォトスキャンの使い方

初めてアプリを起動した時にフォトスキャンの使い方が表示されますが、若干分かりにくいのでちょこっと補足しながら説明します。

まず、フォトスキャンを開いたら、いきなり撮影画面になる。デジタル化したい写真を用意したら、フォトスキャンで画面内に収まるようにし、シャッターボタンをタップしましょう。

img_0329

紙焼き写真を画面内に収めてシャッターボタンを押したら、写真の四隅に表示される「○」に合わせながら順番に読み込んでいきましょう。この時に、出来るだけブレないようにするのが綺麗にデジタル化するコツ。

img_0321

すべての「○」にカーソルを合わせたら取り込みは完了し、フォトスキャンを使えば紙写真の取り込みが簡単にすぐ終わる。

上記の写真のように白飛びがすごい時もありますが、そんな時は一度取り込んだ写真を削除し、「フラッシュ」をOFFにしてやり直してみましょう。

写真の一部がぼやけているのは、読み込むときに盛大にブレたから。写真をフレームに収める時も画面いっぱいにした方がより綺麗になる。

img_0320

iPhone/Androidで綺麗に紙焼き写真を取り込むコツ

img_0330

▲取り込んだ写真はそのまま「Googleフォト」へ。もちろん編集もできます。

超カンタンに紙写真をデジタル化できるPhotoScan(フォトスキャン)は、取り込んだ写真をそのままGoogleフォトへ取り込むことが出来る。

綺麗に紙焼き写真をデジタル化するにはいくつかのコツやポイントもあり、サクッとまとめてみるとこんな感じ。

スキャン中はスマホを傾けないようにする。
スキャン中は盛大にブレないようにする。
写真を黒い下地の平らな場所でスキャンすると綺麗に取り込める。
フレームに収める時はできるだけ画面いっぱいに。
光の反射がすごい時は暗い場所でスキャン。

フォトスキャンを使って溜まった紙写真をまとめてスキャンするには時間と労力がかかりますが、お気に入りの写真は「PhotoScan(フォトスキャン)」でデジタル化してiPhone/Androidに保存しておきましょう!

大事な思い出が詰まった紙焼き写真をデジタル化して、iPhone/Androidに保存できる神アプリなので、知らなかった!という人はぜひ試してみてほしい!

appstore

googleplay