スマホで紙焼き写真をデジタル化!フォトスキャンの使い方

古い紙焼き写真をスマホに取り込めたらなー……って思うことないですか? そんな淡い想いを解決してくれるのが、Googleの写真取り込みアプリ「PhotoScan(フォトスキャン)」。

これが超優秀で、iPhone/Androidで紙焼き写真をデジタル化してそのままGoogleフォトに取り込むことが出来ます

スマホだけで簡単に出来て、手順も分かりやすいので、この機会に押し入れで眠った思い出の紙焼き写真を整理してみるといいかも? 使ってみると、その便利さにきっと驚くはずです。

フォトスキャンで紙焼き写真をデジタル化!

PhotoScan(フォトスキャン)は、Googleの写真取り込みアプリ。

ただ写真をスマホで撮影すると、光の映り込みだったり、反射だったりでイマイチ綺麗に撮影することができませんよね。

PhotoScanは、最新のスキャナで写真をスキャンし、複数の画像を組み合わせて光の反射や映り込みを除去。写真に良い感じで補正をかけつつ、デジタル化してくれます。

(僕と同じくらいの世代の人って、子供時代は紙焼き写真が多いと思うんだけど……、懐かしい写真をデジタル化してスマホに保存するいい機会かも?)

フォトスキャンの使い方

それでは、ここからはPhotoScan(フォトスキャン)の使い方をご紹介していきます。

初めてアプリを起動した時にフォトスキャンの使い方が表示されますが、若干分かりにくいので、ちょこっと補足しながら説明しますね。

photoscan-google-1

フォトスキャンを開いたら、いきなり撮影画面になりますが……、特に設定もいらないため、デジタル化したい写真を用意したら、フォトスキャンで画面内に収まるようにシャッターボタンを押しましょう!

photoscan-google-2

紙焼き写真を画面内に収めて、シャッターボタンを押したら、写真の四隅に表示される「○」に合わせながら順番に読み込んでいきます。

photoscan-google-3

写真の四隅もしっかりとスキャン。

この時に、出来るだけブレないようにするのが綺麗にデジタル化するコツ。この時点では光が反射したり、映り込んだりしますが、できるだけ抑えるようにと良い感じに仕上がります。

photoscan-google-2

すべての「○」にカーソルを合わせたら、紙焼き写真の取り込みは完了! フォトスキャンを使えば紙写真の取り込み & デジタル化は簡単にすぐ終わっちゃいます。

画面右上に出来上がった写真のアイコンが表示されていると思うので、タップして確認しましょう。

photoscan-google-1

上の画像が、フォトスキャンでデジタル化した紙焼き写真ですが、ちょっと白飛びがすごいですね……。

そんな時は一度取り込んだ写真を削除し、「フラッシュ」をOFFにしてやり直してみましょう。

一番初めに写真をフレームに収める時も、画面いっぱいでスキャンした方がより綺麗になると思います。

iPhone/Androidで綺麗に紙焼き写真を取り込むコツ

超カンタンに紙写真をデジタル化できるPhotoScan(フォトスキャン)

フォトスキャンでは、取り込んだ写真をそのままGoogleフォトへ取り込むことができるほか、SNSに投稿することが出来るので、色々と試してみましょう!

綺麗に紙焼き写真をデジタル化するにはいくつかのコツやポイントもあり、僕が感じた点をサクッとまとめてみるとこんな感じ。

  • スキャン中はスマホを傾けないようにする。
  • スキャン中はブレないようにする。
  • 写真を黒い下地の平らな場所でスキャンすると綺麗に取り込める。
  • フレームに収める時はできるだけ画面いっぱいに。
  • 光の反射がすごい時は暗い場所でスキャン。
  • もちろん、元の紙焼き写真の質も大事!

フォトスキャンを使って溜まった紙写真をまとめてスキャンするには時間と労力がかかりますが、お気に入りの写真はPhotoScan(フォトスキャン)でデジタル化してiPhone/Androidに保存しておきましょう!

冒頭でもチラッと触れてましたが、僕と同世代の人は子供時代の写真は紙焼き写真が多いはず。思い出の写真や懐かしい写真をデジタル化してスマホに保存しておけば、いつでもどこでも見ることができてハッピーです。

フォトスキャンは、紙焼き写真をデジタル化して、iPhone/Androidに保存できるナイスなアプリなので、知らなかった!という人はぜひお試しあれ。

使ってみると分かる良いアプリ。

Googleのフォトスキャン(PhotoScan)をチェック