【Weekly小噺#17】AirPods Max高いよね(価格は税込み+Apple Care込みで74,360円)

Headphone,Weekly小噺

テック製品に関する僕の最近の出来事や興味、不満をSEO/起承転結/需要を全無視で、思うことを思うがままブラザー(読者)にぶちまけるコーナー「Weekly小噺」。

今週のトピックは、発表直後にその価格とデザインでSNS上の話題を掻っ攫っていったApple純正ヘッドフォン"AirPods Max"についてなんですけど...これ、購入したブラザーってどれくらいいます?

何人かに聞いてみたのですが、僕の周りで購入したのは1人だけ。僕はずっと追い続けていたし、どんなものか試してみたかったのでもちろんポチっといきました。(買う前はめっちゃ躊躇したけども)

そこまで時間を空けずに決心したので、僕のAirPods Maxが届くのは12月19日。

現在は最短でも8週~10週最遅で12週~14週なので、今から購入して届くのは早くて来年2月5日頃となるのですが、はたしてそれだけ売れているのか、元々出荷数が少なかったのか...。 ※ピンクなど、一部のモデルは刻印無しモデルで2021年1月28日が最短です。

ノイキャンや空間オーディオ、外音取り込みモードを搭載し、音質にもしっかりコミットしてくれてそうな"AirPods Max"なのですが、どうしてもまだ納得できないことがありましてですね...。

そうなのです。価格が税込み+保証(Apple Care)込みで74,360円とべらぼうに高いのです。

音質がどうなのか、ノイキャンやその他諸々の性能はどうなのか、実際に試してみないとこの価格が高いのかどうかは決めることができないんですけど、少なくとも、高級ヘッドフォンの領域に片足を突っ込んでいるのは確か。

今回のWeekly小噺はそのあたりのことについて書き散らします。

AirPods Maxを見る - Apple公式HP

61,800円のAirPods Maxは高級ヘッドフォンで間違いなし

さてさて、61,800円というお高い価格で登場した"AirPods Max"ですが、大前提として6万円って高いですよね。これは満場一致かと思います。

ただ、この価格をさらに高く感じてしまう理由が競合する"WH-1000XM4(38,800円)"や"BOSE 700(37,400円)"、"ゼンハイザー MOMNENTUM Wireless(48,000円)"の存在で。※Amazonでの価格。

ただ、そもそも、AirPods Maxって使っている素材にもこだわってますし、載ってるマイクの数も"9基"と倍くらい違います。(もちろん、他社も素材や材質にもこだわっているのですが...AirPods Maxはそれ以上のように感じますし、なによりも、ステンレスなどコストのかかる素材が使われていることも理由ですね)

そのスタイルを見ても分かる通り、AirPods Maxはこれらのヘッドフォンとは違うベクトルなのかなぁと。どちらかというと、ライフスタイルに寄り添ったWH-1000XM4なんかのハイエンドヘッドフォンよりも、すべてにおいて高い水準の完成度を誇る高級路線。Bowers & Wilkinsの"P9 Signature"とかそっち系。

このクラスのヘッドフォンになると、9万円、10万円くらいの価格になってくるので、考え方を方向転換すればむしろ安いのかもしれません。

いや、安くはないけども...AirPods Maxは61,800円という高級路線にしては安めの価格でもう1クラス、2クラス上のヘッドフォンに追い打ちをかける感じなのでは? って思ってます。

ただ、現状AirPods Proだと"空間オーディオ"に対応しているのがAppleTV+だけだったり、AirPods Maxが対応するであろうコーデック"AAC"よりもソニーが開発した"LDAC"のようなコーデックのほうが優れていたり、おそらく、アップスケーリングのような技術も載ってないんだろうなぁってのは懸念点。

各メディアが発売日にどんなレビューをするのかも注目です。

ただ...6万円ってやっぱり高い。欲しいものだいたい買えちゃう

さて、このAirPods Maxの61,800円って価格がどれくらいなのかと言いますと...欲しいものがだいたい買えちゃうくらいで。

例えばPS5。PS5が49,980円、PS5 Digital Editionが39,980円なので、周辺機器を買う余裕すらあります。転売ヤーのせいで本当に手に入らないんだけども...。僕は運よく抽選に当選してラッキー。

任天堂スイッチ ゲーム

29,980円で販売されている任天堂スイッチだって欲しい周辺機器を全部揃えてもお釣りがくるくらいで。

あ、AirPods Maxの税込み価格+保証込みで考えるなら...最近発売されたばかりのグラボ"RTX 3070"に新調するのもありありですね。

Zotac RTX 3070 Twin Edgeなら、Amazonで68,929円で発売されていますし、そもそも、PCのアップグレードなら...Intel Core i5+GTX 1650くらいであれば余裕で組めちゃうくらいのお値段です。

(僕のベンチマークを見てもらったら分かるのですが、Core i5+GTX1650でもフルHDゲーミングなら余裕ですよ、ブラザー)

定価は1,000円高いですが...iPad Air(第4世代)も買えちゃうくらい。

僕がずっと買おう買おうと思って後回しになっているHHKB Hybrid Sだって買えるし、PS5用に4kモニターもそこそこ良いスペックのものが買えます。

あぁ、カメラのレンズも良いやつが買えますね。つまり、何が言いたいのかというと...6万円ってシンプルに高いのです。

AirPods Maxに期待MAX

とまぁこんな感じで。今回は"AirPods Max"についての話だったのですが、6万円のApple純正ヘッドフォンに期待しまくりなのは間違いありません。ただし、買うのに"躊躇"というワンステップが入ってしまうのも間違いないってのが僕の本音。

AppleさんはAirPods Proで素晴らしい体験を僕たちに提供してくれた前例がありますし、その前のAirPodsでは音楽の楽しみ方がよりカジュアルになりました。(AirPodsも、AirPods Proも、僕は"音質"に満足できなかったですが)

その"AirPods"のラインに新製品が登場したとなると...試してみたい欲も抑えられないってもんですよ、ブラザー。僕の手元にAirPods Maxが届くのは12月19日。その時まで海外レビューでもチェックしておくか!

ぶっちゃけ、飛びついて買うような製品でもないので廉価モデルを待つのもありあり

そうそう、もし、AirPods MaxがAppleさんが考えていたほど売れなかった場合は..."Home Pod mini"のように廉価モデルが発売される可能性もあると思われるので、AirPods Maxを"買わない"って選択肢もありあり。

泣いても笑っても価格は61,800円ですし、どうしても欲しかったとして、AirPods Maxのレビューを見てから決めるのがベターです。

元々、AirPods Maxの事前情報では高級路線モデルとスポーツモデルの2つのラインナップが登場すると言われていましたが、結局間に合わず、いくつかの機能を省いてリリースされたのが"AirPods Max"という情報もありましたし、廉価モデルありえるの線って結構あると思うんですけどね。

届くのが楽しみだ、AirPods Max。Weekly小噺は毎週金曜21時頃更新です。

AirPods Maxを見る - Apple公式HP

Headphone,Weekly小噺

Posted by iyusuke