Google Stadia

ゲームの遊び方が変わる!Googleの「Stadia」がやっばい

Google Stadia

全ゲーマー大歓喜……! GoogleがGDC 2019で発表したゲームストリーミングの新サービス「Stadia」ですが、”ゲーム業界を揺さぶるレベル”でやばかったのでご紹介します。

なにがやばいって? なんと、「Stadia」は安定したネット環境さえ準備できれば、PC、スマホ、TVで最大4k 60fpsの美麗グラフィックでゲームが遊べちゃいます。

しかも、これだけじゃなくてですね。「State Share」という共有機能を使えば、今、この瞬間遊んでいる状況をオンラインで共有できます。(ただの共有じゃなくて実際にプレイできる!)

とにかく、いろいろと凄まじいGoogleの新しいゲームストリーミングサービス「Stadia」。Googleさんが本気出してきました。

Googleのゲームストリーミングサービス「Stadia」

Googleの新ゲームストリーミングサービス「Stadia」の何が凄まじいって、それは最強のクロスプラットフォームであるということ。

スマホならiPhone/Android、PCであれば、Windows/Mac/Linuxなど、OS問わずGoogle Chromeからゲームがプレイできるようになります。

Chrome Cast Ultraがあればテレビでだって遊べちゃう。

Googleさんがゲームを遊ぶための最高のマシンをサーバーに用意してくれるので、あとはPCなり、iPhoneなりでスペックを気にせず、好きな時に好きなゲームをストリーミングして遊べる……それがStadia!

  • Googleの膨大なデータインフラを活かしたゲームストリーミングサービス
  • Stadiaの料金体系、価格は不明
  • iPhone/Android/PCなんでもGoogle Chromeがあれば遊べる
  • コントローラーも使用可能
  • 最高性能は4k 60fps
  • 数百人が同時にプレイしてもレイテンシ(遅延)なし
  • ダウンロード & アップデートいらず!(最高やん……)
  • クラウドサービスなので、ゲームをダウンロードしなくていい
  • PS4やXbox One、任天堂スイッチでStadiaが遊べたらえらいことになりそう

僕が直面している『リアフレが遊んでるゲーム環境が違いすぎて一緒に遊べない問題』もついに、ついに! Stadiaが解決してくれるかも。

その瞬間をシェアできる「State Share」

Stadia State Share

Googleの新サービス「Stadia」の大きな特徴が、今その瞬間を共有できるState Share

ただの共有機能ではなく、今、実際にプレイしている状況をシェアし、それを見た人はリンクをクリックするだけでその瞬間を遊べます。

このシェア機能がほんとにすごくて、プレイヤーや敵の状況、所持アイテムをそのままに、実際にプレイできるリンクを作れてしまう……。

たとえば、ものすごい数の敵に囲まれるような不利な状況を脱した場合、「生き抜いてやったぜ!」みたいな感じでState Shareすれば、誰でもそのヤバい状況を体験できます。

Googleアシスタントにも対応する専用コントローラー

Stadia コントローラー

Stadia専用のコントローラー「Stadia Controller」も用意されていて、カラーはホワイト、ブラック、水色っぽい色の3色がラインナップ。

Stadia ControllerはWi-Fiでサーバーとダイレクトに接続するため、限りなくレイテンシ(遅延)でゲームをプレイすることができます。

もちろん、普段ゲーミングPCでゲームを遊んでる人は、Stadiaでもマウス&キーボードでプレイすることができるほか、iPhoneやAndroidであればタッチパネル操作でもOK。

Stadiaをベストな状態で遊ぶならコントローラー買ってね! ってことですね。

StadiaコントローラーはGoogleアシスタントを搭載しているというのも覚えておきたいポイントです。(プレイしてるゲームの攻略情報とか聞くと捗りそう)

Stadiaは最大4k 60fpsに対応

ちなみに、Googleの新ゲームストリーミングサービス「Stadia」は最大4k 60fpsの画質に対応します。

しかも……、HDRやサラウンドサウンドに対応するほか、将来的には8k 120fpsを目標にしているという無敵っぷり。

もうね、Stadiaでラインナップされるゲームしだいではほとんどの人がStadiaでいいんじゃないの? ってくらい簡単に最高のゲーミング環境が手に入っちゃいます。

グラフィック性能はRTX 2080並み!

ちなみに、Stadiaのゲーム性能は最新グラボRTX 2080クラス。

処理性能を表す単位で見てみると、StadiaのGPU性能は10.7 teraflopsです。

MSI RTX 2080 Gaming Trio
これがRTX 2080。すっごい高い。

これはPS4 Pro(4.2teraflops)とXbox One(6teraflops)を足したくらいの性能となっており、最新グラボRTX 2080と同じくらいの性能と思ってOK。

本来であれば、10万円超えのグラボを購入して得られるゲーミング環境をStadiaが世界中のみんなに提供してくれる……しかも、PC/iPhone/Android/TVとなんでもあり。

とんでもない市場規模になりそうな予感です。

Youtube Shareボタンでサクッと配信

Stadiaは、ローンチ時点で4k 60fpsのゲームプレイに対応しますが、なんと、Youtubeで4k HDR 60fps配信もサクッとできてしまうというのも驚きポイント。

Stadiaコントローラーを使ってるなら、Youtubeシェアボタンを押すだけでさくっと配信。

本来であれば、ゲームを滑らかに動かしつつ、録画もバリバリさばけるくらいのスペックのPCが必要でしたが、Stadiaは配信用のリソースを備えており、誰でも簡単にゲーム配信ができるようになります。

ゲーム配信中に視聴者が飛び入り参加できる機能も用意されるみたいなので、ゲーム配信者にとってもStadiaを選ぶメリットになりそう。

というか、ゲーム配信までの敷居がグッと下がるので、Stadiaで配信する人が増えるかもです。

リリースは2019年内!価格や料金体系はどうなる?

Google Stadia 1

Stadiaのリリースは2019年内

アメリカ、イギリス、神田、ヨーロッパから開始されるようですが、詳細なリリース日については未定です。

日本でのリリースについても明言はされていないものの、engadgetの記事によれば、Stadiaの求人広告が日本でも開始されたみたい。

Stadiaの日本リリースは期待してもよさそうです! というかリリースしてくれないと困る。

Stadiaの価格、料金体系は?

さてさて、気になるStadiaの価格、料金体系価格についてですが、ぶっちゃけ、全然わからない。

気に入ったゲームを購入して遊ぶ「買い切り」の可能性もあるし、Netflixのような「サブスク制」の可能性もあります。

買い切りであればSteam、Netflix式であれば、すでにクラウドゲームサービスを展開しているPS4のPlayStation Nowなんかをイメージすると分かりやすいかもですね。

  • Stadiaの価格、料金体系は発表されていない。よって、現在得られる情報のほとんどは予想
  • サブスクであれば、月額2,000円くらいまでが妥当?

個人的に、StadiaはSteemのような買い切り式だろうが、Netflixのようなサブスクリプション式だろうが、Youtubeとの連携やState Share、ほぼすべてのプラットフォームを看破してることに価値がある! と思ってるクチなので、料金体系についてはそんなに気にしてない。

ただ、可能性としては、サブスク制の方が高いんじゃないかなーと思ってます。(Stadiaのシェア機能を考えると、買い切りは相性が悪い)

Netflixみたいにあまりにたくさんゲームがあっても遊びきれないし、買い切りだと買うまでに「気持ち」のワンクッションが入るし……予想するのも難しい!

Stadiaの価格については続報待ちです。

追記!4k 60fpsのストリーミングに必要な回線速度は25Mbps

気になりすぎるGoogleの新しいゲームストリーミングサービス「Stadia」ですが、4k 60fps画質に必要な回線速度について続報があったので追記!

Gizmodoの報道によれば、Stadiaの4k 60fpsストリーミングに必要な回線速度は25Mbpsとなるようです。※米国の場合。

インターネットの回線速度「25Mbps」という数値は、米国の平均18.7Mbpsを上回る数値であり、一般家庭五世帯のうち、一世帯のみがなんとかクリアしているそう。

Stadiaでゲームをストリーミングする際、25Mbps以下の回線速度だった場合は自動的に解像度を下げてストリーミングするようですが、米国の5世帯のうち4世帯が低い画質で遊ぶことになるってことですね……これは厳しい。

  • Stadiaの4k 60fps画質に必要な回線速度は「25Mbps」
  • 回線速度が25Mbps以下の場合は解像度が落ちる

日本の回線速度は割と安定しており、アメリカほど躊躇なことにはなってないですが、一応、留意しておく必要がありそうです。

Youtube配信から広がるStadiaゲーム体験に期待!

どれくらいのネット環境が必要なのか、どんな料金体型でどれくらいの価格になるのか、有名タイトルや面白いゲームは登場するのか? など、気になる点も多いStadia。

PC、iPhone、Android、TVなど、ほぼすべてのデバイスで4k 60fpsゲームを体験できる! というのがStadiaの特徴ですが、Youtubeとの連携やState Shareがこれからのカギになりそうな予感です。

(ぶっちゃけ、僕は参入してくるゲームタイトルが一番気になってますが)

ゲーム配信を見て気に入ったらStadiaリンクからゲーム起動……そんな時代がついに来ちゃいましたよ!

Source:Google GDC 2019(Youtube)