The Elder Scrolls Ⅵ(エルダースクロールズ6)の舞台はどこ?予想をまとめてみた

投稿日:

Bethesda E3 2018 Showcaseで、開発中であることが不意に発表された「The Elder Scrolls Ⅵ(ザ エルダースクロールズ6)」。

現時点では開発中であること公式アナウンスティザー動画で流れたThe Elder Scrolls Ⅵのロゴしか判明してないですが、TES Ⅵの舞台はどこになるのか?と無性に気になるのがエルダースクロールズファン。

歴代のエルダースクロールズシリーズに詳しい有志達が予想しているTES Ⅵの舞台に関する様々な情報を簡単にまとめたので、The Elder Scrolls Ⅵ(ザ エルダースクロールズ6)が気になる!という人はぜひチェックしてみてほしい!

The Elder Scrollsのタムリエル大陸についておさらい

The Elder Scrolls Ⅵの舞台となる地域に触れるまでに、まずは、エルダースクロールズシリーズ全ての舞台となるタムリエル大陸についておさらいしておこう。

タムリエル大陸は、ブラックマーシュシロディールエルスウェーアハンマーフェルハイロックモロウウィンドスカイリムサマーセット島ヴァレンウッドの9つの地域に分かれており、ほぼ全ての国はタムリエルを治める帝国の傘下。

そのため国(地域)ごとの自治が認められている。※The Elder Scrolls Ⅴ Skyrimもそうであったように、人種差別や反乱、他国の侵攻など、地域ごとに様々な問題を抱えるため、どこも平和とは言えない。

これまでのエルダースクロールズシリーズで登場した地域と登場していない地域は以下の通り。

登場したことのある地域未登場の地域
シロディール(TES Ⅳ)ブラックマーシュ
モロウウィンド(TES Ⅲ)エルスウェーア
ハイロック(TES Ⅱ)ヴァレンウッド
ハンマーフェル(TES Ⅱ)-
スカイリム(TES Ⅴ)-
サマーセット島(TES ONLINE)-

参考までに、The Elder Scrolls Arenaではタムリエル全土が舞台となっていますが、TESシリーズ第1作目ということもあり除外する。TES Arenaからエルダースクロールズの物語は始まり、当然すべての話はTES Ⅴ Skyrimまで繋がっている。

自由気ままに遊べる箱庭ゲーというのは1作目から変わらずですが、おそらく、一般的に知名度が高いのはエルダースクロールズシリーズの4作目The Elder Scrolls Ⅳ オブリビオン以降。

僕はオブリビオンとスカイリムしかプレイしたことがないですが、どちらも最強にハマった。

The Elder Scrolls Ⅵの詳細は一切不明、タイトルロゴのみが判明した

The Elder Scrolls Ⅵ(エルダースクロールズ6)の公式ティザー動画で判明したのは、The Elder Scrolls Ⅵの舞台となる地域の景観(一部)タイトルロゴのみ。

現時点で、The Elder Scrolls Ⅵの詳細はほぼ判明してないですが、ここからはネット上で予想されているThe Elder Scrolls Ⅵの舞台についてご紹介していくので、気になる人は最後まで要チェック!

TES Ⅵの舞台予想その1.ヴァレンウッド

当然ながら、これまでのエルダースクロールシリーズで登場していない地域「ブラックマーシュ」「エルスウェーア」「ヴァレンウッド」はThe Elder Scrolls Ⅵの舞台となる可能性は高い。

過去に"Project Greenheart"と記載されたメモがリークしたことがあるので可能性は高そうですが、海外ゲームメディアEUROGAMERは「気候的に一致しない」と否定している。※Greanheatはヴァレンウッドにある都市の名前。

ヴァレンウッドは、タムリエルの庭、果てしない緑の海、枝葉の迷宮に半分覆われた咲き誇るように成長する都市とゲーム内で言及されており、The Elder Scrolls Ⅵのティザー動画を見てみても確かに印象は違う。

一般的にヴァレンウッドはボズマー(ウッドエルフ)の故郷としても知られますが、彼らは植物を傷つける行為を禁止しているため、ヴァレンウッドが舞台となるのであれば、もう少し森林などの自然が残った地域だったかもしれない。

TES Ⅵの舞台予想その2.ハイロック

魔法に長けた種族「ブレトン」の故郷として知られるハイロックもThe Elder Scrolls Ⅵの舞台として信じる人も多い。

ロケーションとしても温暖な気候や連なる山脈が特徴となっており、TES Ⅵのティザー動画に近い印象を受ける。※現在のハイロックはダガーフォール、センチネル、ウェイレスト、オルシニウムの4つの都市とオークの砦が点在する程度で基本的に廃れている。

ティザー動画で確認できる城の廃墟はThe Elder Scrolls OnlineのDLC「オルシニウム」で登場した砦に近い構造になっているため、TES Ⅵの舞台がハイロックとなる可能性は意外と高いかもしれない。※ちなみに「オルシニウム」とはオークの要塞または国のこと。ハイロックに位置している。

TES Ⅵの舞台予想その3.エルスウェーア

ヴァレンウッドとともに、これまでのエルダースクロールシリーズで舞台となっていないエルスウェーア

猫の姿をした種族「カジート」たちの故郷であり、砂漠地帯に位置する。TES Ⅴ Skyrimの時点ではアルドメリ自治領の属国となっていた。

個人的に、TES Ⅵのティザー動画ではエルスウェーアを連想する要素がほぼないと感じたので、カジート押しには残念感極まりないですが、エルスウェーアがTES Ⅵの舞台となる可能性は低そうだ。

TES Ⅵの舞台予想その4.ブラックマーシュ

トカゲの姿をした種族「アルゴニアン」の故郷ブラックマーシュもこれまでのエルダースクロールズシリーズに登場していないため、The Elder Scrolls Ⅵの舞台となる可能性がある地域。※TES Ⅴ Skyrim時点で帝国からは離脱している。

ブラックマーシュは水や土壌に毒が蔓延する過酷な湿地帯となっており、気候や景観的はティザー動画の映像と異なるため、個人的にブラックマーシュがTES Ⅵの舞台になることはないんじゃないかなーと思う。

ただし、ブラックマーシュは奇妙な生き物や植物が生息する魅力的な地域のため、TES Ⅵで行くことができたら面白そうだ。

TES Ⅵの舞台予想その5.ハンマーフェル(可能性大!)

TES Ⅱで舞台になったことがあるものの、地形の一致ティザー動画で「センチネル」と思われる都市が登場することから、ハンマーフェルは現在The Elder Scrolls Ⅵの舞台として最も有力視されている。

ハンマーフェルはタムリエル大陸の西部に位置する砂漠地帯。褐色の肌とたくましい筋力を持つアリクルの砂漠の民「レッドガード」の故郷であり、南にはアビシアン海が広がる。ハンマーフェルではNight of Green Fire(緑炎の夜)と呼ばれる壮絶な魔法戦闘が行われたことがあるため、クレータ―もその時にできたもの・・・と推察することもできる。

Night of Green Fire(緑炎の夜)とは、アルメドリ自治領の迫害からセンチネルへ逃げてきたアルトマー(ハイエルフ)の反体制派と追ってきたアルドメリ自治領のエージェント(サルモール)との間で起きた壮絶な破壊魔法を使った戦闘のこと。地域の住民は1人残らず虐殺され、エルダースクロールズの歴史にも記されている。

ハンマーフェルには地名にドラゴンとついた都市があったり、ドラゴンが砂漠から現れて人々を襲う伝承があったり・・・と、上記の緑炎の夜事件と合わせても、ハンマーフェルはTES Ⅵの舞台としても申し分ない歴史を持つ地域だ。

The Elder Scrolls Ⅵはタムリエル全土にいけたらいいな!

上記の通り、The Elder Scrolls Ⅵ(エルダースクロールズ6)の舞台として可能性が高そうなのはハンマーフェルですが、TES Ⅵは次世代機向けに開発されている可能性も十分ありえる。

そうなれば、タムリエル全土の広大なマップを舞台とすることもできそうだ。※もしTES Ⅵがタムリエル全土を舞台にしてしまえばTES オンラインの存在意義がなくなるという意見もある。

また、惑星ニルン(エルダースクロールズ世界の地球)にはタムリエル大陸のほかにもアカヴィル大陸ヨクーダ大陸、アトモーラ大陸などが存在しますが、タムリエル大陸で描かれていない話はまだまだあるため、別の大陸が舞台となる可能性はなさそう。

エルダースクロールズの世界は気が遠くなるほど緻密に作り上げられており、惑星ニルンが属する宇宙ムンダスをはじめ、シリーズを2~3作プレイしただけでは到底知りえない情報もある。気になる人はエルダースクロールズの世界観についてもググってみよう。

The Elder Scrolls Ⅵの続報を待とう

開発中でまだ発表できないということもありそうですが、The Elder Scrolls Ⅵのタイトルロゴには「The Elder Scrolls Ⅴ : Skyrim」のように舞台となる地域の名前が記されていない。このことからもTES Ⅵでタムリエル全土が舞台となる可能性は・・・無きにしも非ずといった感じだ。

The Elder Scrolls Ⅵ(エルダースクロールズ6)の発売はまだ先なので、とにかく今はTES Ⅵの妄想を膨らませつつ、いつか発売されるその日を全力で楽しみにしていよう!

やばい。またスカイリム遊びたくなってきた・・・。

Source:Bethesda

-Game

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.