寝る前に見ても目が疲れにくい!iPhoneのTwitterでダークモードを設定する方法

投稿日:

Youtubeなどのアプリでも導入されている「ダークモード」は、画面を暗いテーマに変更することで夜間に見ても目が疲れにくいという特徴がある。

Twitterでも「ダークモード(夜間モード)」は用意されているので、早速設定してみよう!

また、Youtubeのダークモードはどうやって設定するの?という人は以下の記事も要チェック!

iPhoneのTwitterで「ダークモード(夜間モード)」を設定する方法

Twitterでダークモード(夜間モード)をONにしたい時は、アカウント画面から設定していく。

Twitterを開いたら、左上に表示されている自分のアイコンをタップしよう。

アカウント画面を開いたら、「設定とプライバシー」をタップして設定画面に移動する。

また、左下の「三日月アイコン」をタップすればダークモードをワンタップで設定することもできるので、覚えておくといいかもです。(この方法がおすすめ!)

設定とプライバシーへ移動したら、「夜間モード」をONにして終わり!

この画面では、テキストサイズ効果音のON/OFFも切り替えられるので、ついでに設定しておくと〇。

寝る前にTwitterを触ることが多いという人は「ダークモード」を設定しておこう

左:通常、右:ダークモード

Twitterのダークモード(夜間モード)有り・無しを比較してみるとこんな感じになる。

パッと見でも分かる通り、目の負担はいくらか軽減され、iPhone Xの場合は多少電池持ちにも影響があるはずです。

個人的に、TwitterでもYoutubeでもiPhone Xはダークモードの方が見やすい気がするので、僕は全部ダークモード派。

寝る前にiPhone/iPadでTwitterを触ることが多いという人は、目の負担を考慮して早速ダークモード(夜間モード)を設定しておきましょう!

-App

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.