watchOS/macOS/tvOSもiOS11.2.6と同じくバグ修正のアップデート

投稿日:

watchOS 4.2.3

iPhoneで特定の文字を受信するとクラッシュしてしまう問題を修正したアップデート「iOS11.2.6」に合わせ、watchOS/macOS/tvOSも追加アップデートが公開されている。

バージョンはwatchOS 4.2.3macOS 10.13.3tvOS11.2.6となっており、インド語を1文字受信するとクラッシュしてアプリが強制再起動してしまう問題が修正。

それぞれアップデートには時間がかからないので、気が付いたときにでもアップデートしておくべし!

watchOS 4.2.3

watch OS 4.2.3でも特定の文字列を使用するとクラッシュしてしまう問題を修正するアップデートとなっている。

watchOS のアップデートは、iPhoneのwatchアプリから「一般>ソフトウェアアップデート」で可能です。※アップデート条件はペアリングされたiPhoneが手元にあり、バッテリー残量が50%以上ある状態で充電機に接続されていること。

いつもは長い時間がかかるApple Watchのアップデートですが、今回はそれほど時間はかからないはずです。

Apple Watchのアップデート条件
・Apple WatchがiPhoneの通信圏内にあること。
・Apple Watchが充電器に接続されていること。
・Apple Watchのバッテリーが50%以上あること。

macOS 10.13.3

macOS 10.13.3macOS 10.13.3も特定の文字列を受信するとクラッシュしてしまう問題の修正アップデートとなっており、macOSのアップデートはMac App Storeの「アップデート」から。

アップデートにそれほど時間はかからないですが、再起動が必要なアップデートとなっている点は要注意です。

次期アップデートで公開予定だった修正アップデート

AppleはiOS11.3の公開までに特定の文字列を受信するとクラッシュしてしまう問題を修正すると発表してましたが、次期アップデートで行う予定だった一部の修正アップデートを前倒しで公開したと思われる。

今回のアップデートはいずれもそれほど急ぐ必要はないですが、すべてのユーザーに推薦されるアップデートとなっているため、できるだけ早くアップデートしておきましょう!

-Apple Watch

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.