watchOS 5の「Walkie-Talkie」って何?使い方や機能を解説

watchOS 5で追加される「Walkie-Talkie(ウォーキートーキー)」はApple Watchをタップして声を録音し、友達や家族と短いボイスメッセージを送り合うことができる新しいコミュニケーションツール。

簡単に楽しくやりとりできるので、家族や友達がApple Watchを持ってるならぜひ使ってみたい!※ちなみに「Walkie Talkie」は英語で「トランシーバーという意味です。

watchOS 5で追加される新機能「Walkie-Talkie」

watchOS 5のWalkie-Talkie(ウォーキートーキー)はApple Watchで使えるトランシーバー機能となっており、LTE通信でもWi-Fi通信でもインターネットにApple Watchが接続できる環境にあればいつでも使うことができる。

Walkie-Talkieは使い方も簡単で、初めてアプリを使うときは家族やパートナー、または友達にリクエストを送り、承認されれば利用できるようになります。※相手はリクエストを拒否するか、承認するか選べる。

Walkie-Talkieを使う時の流れは以下の通り。

①相手にリクエストを送る。
②相手がリクエストを承認する。
③Apple Watchの画面に表示されるTALKボタンをタップしながら声を録音して送信。
④相手に触覚フィードバックが届き、録音した声が再生される。

Wi-Fiモデルもセルラーモデルも使える

WWDC2018では「家族や友達と話せる簡単で楽しい機能」として紹介され、母親と子供が楽しく会話する様子のデモが行われたwatchOS 5の「Walkie-Talkie」。

Apple Watch間で送受信できるのは短いボイスメッセージですが、メールや電話よりも簡単に伝えたいことを伝えられるので、メールと電話の中間がWalkie-Talkieと思えばいいかもしれない。

Apple Watchで心臓の鼓動を送れるハートビートはそんなに使ってない印象ですが、Walkie-Talkieは結構使えそう。

watchOS 5のリリースは2018年秋ですが、配信されたら早速試してみたい!

Image&Source:Apple