【Weekly小噺#29】任天堂スイッチの発売日から4年、発売当時を思い返してみる

Switch,Weekly小噺

任天堂スイッチ

テック製品に関する僕の最近の出来事や興味、不満をSEO/起承転結/需要を全無視で、思うことを思うがままブラザー(読者)にぶちまけるコーナー「Weekly小噺」。

今回のトピックは、新型モデルの情報がちらほらしてきた「任天堂スイッチ」についてなんですけど...2017年3月3日の発売日からもう4年。

発売から4年経過した2021年現在、群がるような転売ヤーの尽力(皮肉)により品薄が続いている任天堂スイッチですが、ちょこっと発売当時を思い返してみようかなぁと。

任天堂スイッチの価格は32,978円(税込み)。発売日となる2017年3月3日以降、任天堂スイッチはオンラインのほか店頭での抽選販売も実施されていまして。毎週店頭に並ぶ人も続出。

僕は再販1発目でなんとか予約できまして。任天堂スイッチを入手したのは2017年の9月後半。気になる人は2017年当時の僕が書いた任天堂スイッチのレビュー記事もあわせてチェックしてもらえればと思いますが、とにもかくにも任天堂スイッチって発売からずっと人気なのです。

2017年に購入してもう4年。Joyコンのスティックは壊れやすいものの、本体の故障は今のところ経験してないですし、今もがっつり楽しんでいる任天堂スイッチですが、ちょこっとそのヒストリーを思い返してみましょう。

任天堂スイッチ プロの情報をおさらい!新型は7インチのOLEDで4k画質に対応するって - iyusuke

任天堂/スイッチ/参考価格:32,978円

発売から4年、任天堂スイッチをあれこれ思い返してみる

2017年3月3日に発売された任天堂スイッチですが、実は2015年頃に"コードネーム NX"として次世代機の開発を行っていることが当時の岩田聡社長から発表されていまして。

(僕が運営していた最初期のブログで"NX"と呼ばれていた頃のスイッチの記事は書いてたはずなんですけど...残ってませんでした。ちょっと読み返してみたかったから残念)

2016年4月27日に"NX"の発売予定時期が2017年3月になることが発表され、10月20日のNintendo of America World Premireにて名称が「Nintendo Switch」となることが発表。

その後、2017年1月に開催さた"Nintendo Switch Presentation 2017"にて任天堂スイッチの様々な情報が解禁されました。当時の映像を見つけたのですが...こちらも必見よ、ブラザー。

そして2017年3月3日、ついに任天堂スイッチが発売。発売前はSNSなどで「微妙じゃね?」とか「誰が買うん?」的な意見も見受けられたのですが...彼らの予想は見事ハズレ。

ファミ通によると、任天堂スイッチの国内での売り上げは発売後3日で約33万637万台。世界での累計販売台数は9か月で1,486万台を突破し、過去一売れたゲームハードに。そして何度も品切れを味わいつつ飛ぶように売れて現在に至るわけです。

ちなみに、僕は2018年に遊びたいソフトがなくて...一度任天堂スイッチとはお別れしていたのですが、それでも年月が経つにつれてゲームソフトのラインナップも充実し、遊びたいゲームが無いなんてことはもう過去のこと。(多くのローンチソフトのほか、ゼルダの伝説BoWとかとかもやりきっちゃって。しばらくお友達に貸してました)

2019年7月には小型で廉価な「Nintendo Switch Lite」も発売されましたし、2020年にはNintendo Switch/Nintendo Switchの合算で世界累計台数が6,000万台を突破しました。(ついに任天堂スイッチで桃鉄も発売された)

そして...2021年にはモンスターハンターライズポケモン ダイパリメイクも発売されますし、ゼルダの伝説 スカイウォードHDが発売予定。2022年には...スプラトゥーン3が発売されます。

まだまだアツいぞ、任天堂スイッチ。

2021年後半には新型任天堂スイッチが登場するかも

任天堂スイッチ ドック

ちなみに、2021年後半には新型任天堂スイッチが発売される可能性も出てきまして。

名称は「Nintendo Switch Pro」とか「Nintendo Super Switch」とか言われていますが、とにかく新型モデルの発売はそう遠くない未来にあるかもしれないのです。

詳細は以下の記事もあわせてチェックしてもらえれば、と思うのですが、新型任天堂スイッチはディスプレイが6.2インチ → 7インチに大型化。4k対応、有機ELディスプレイ搭載といった感じで性能も盛り盛り。

2021年現在も蔓延する転売のおかげで正規価格で入手するのは難しい任天堂スイッチですが...新型モデルにも注目です。

任天堂スイッチ プロの情報をおさらい!新型は7インチのOLEDで4k画質に対応するって - iyusuke

任天堂スイッチは公式ストアで買うのがベター

とまぁこんな感じで。任天堂スイッチのヒストリーをさらっと思い返してみたのですが、過去記事を見返してみると僕は2017年から任天堂スイッチに関する記事を30本強も書いていたことが判明しました。

(まぁまぁな本数よ、これ。古い記事は非常に文章が読みづらく"詰め"も甘いので...空いている時間に手を加えなければ)

それにしても、もう任天堂スイッチが発売してから4年かぁと少々物思いに耽りつつ、記事を書いて見ましたが...改めて。携帯機とコンソール機のハイブリッドな「任天堂スイッチ」って素敵なゲームハードですよね。間違いなく任天堂史に残るゲームハードであり、任天堂の売り上げに大きく貢献した名機。

あつまれ どうぶつの森セットが販売されたり、最近はマリオレッド×マリオブルーセットが発売されたり、新デザインのモデルも続々登場している任天堂スイッチですが、転売のせいもあり品薄が続いています。

あまり話題になってないですが、楽天なんかで販売されているスイッチもほぼほぼ正規価格じゃないですし...。通常価格32,978円より高い任天堂スイッチには手を出さす、任天堂公式ストアやAmazon公式、楽天ブックスから発売される任天堂スイッチを購入しましょう。

Weekly小噺は毎週金曜21時頃更新です。それじゃ、また!

任天堂/スイッチ/参考価格:32,978円