WWDC2018で発表された新製品まとめ!iOS 12やmacOS Mojave、watchOS 5が登場

本日開催されたAppleのデベロッパー向けイベント「WWDC2018」。

情報通り新型MacbookベゼルレスiPad Proなどの新製品の発表はなかったですが、「iOS12」「macOS Mojave(モハビ)」「watchOS 5」「tvOS」についての発表がメインでした。

AirPowerやAirpods用ワイヤレス充電ケースの詳細ぐらいは教えてほしかった・・・というのはひとまず置いておいて、WWDC2018で発表された製品について簡単にまとめたので、気になる人はぜひ最後までチェックしてみてほしい!

memojiが追加!より高速になった「iOS 12」

iOS12はアプリの起動が40%高速化したり、カメラの起動が70%高速したりと、主にパフォーマンスや使い心地を改善したアップデートとなっており、様々な機能が改善・強化された。

シェアして遊べるようになったAR

ARでは最大4人までのAR体験が可能になり、新しいファイル形式「USDZ」が発表。USDZはメールなど、複数のアプリで利用可能となっており、AR版クイックルック的な感じで使える。

AR用ツールとして、カメラをかざすことで長さが計測できる「Measure」も発表された。DIYとかでも気軽に利用できてよさそう!

検索がより快適になった「写真アプリ」

iOS12の「写真アプリ」にはサーチサジェクションFor Youが追加され、サーフィンやバケーション、犬や花などで分類し、カテゴリごとに分けて検索できるようになる。

サーチサジェクションは一緒に写っている人と写真を共有するか提案してくれるという機能で、すでにGoogleフォトなどでは利用できますが、iOSの純正機能として追加されたのはナイス。

色々なことを提案してくれるiOS12の「Siri」

iOS12ではSiriも強化・改善されており、様々なアプリをSiriが起動してくれる「ショートカット」が追加。

「Hey Siri, I lost my keys(鍵なくしちゃったぜ)」とSiriに話しかければ、iPhoneのカギを探してくれるアプリを起動してくれる・・・といった感じ。

Siriのショートカットは自分でカスタマイズすることができ、デモでは「Hedding Home」と話しかけると家に着くタイミングで家のエアコンの温度を最適に設定したり、Mapアプリで家までのルートを表示したり、音楽を流したりといった様子が披露された。

Siriサジェクションは、Siriがユーザーの行動を学習し、様々な場面でその瞬間にベストな提案をしてくれる。

Newsや株価アプリ、ボイスメモも新しくなる

iOS12ではNewsや株価アプリ、ボイスメモもリデザインされ、iPad版のNewsアプリではサイドバーが追加。Newsアプリは株価アプリと統合され、株価アプリから関連するビジネスニュースをチェックできるようになった。

ボイスメモはiPadに対応し、iCloudが使えるようになった。

iBooksが「Apple Books」に変更

Appleの電子書籍アプリiBooksは「Apple Books」にリデザイン。UIなども見直され新しくなってます。

CarPlayがGoogleMapのナビに対応

iOS 12では、CarPlayがGoogleマップなどのサードパーティ製アプリが使えるようになった。ばっちりカーナビも利用できる。

睡眠中は通知を表示しない機能

iOS 12には寝ているときはロック画面に通知を表示しない機能「Do Not Disturb During Bedtime」が追加。

Automatically ending」では、自動でお休みモードが解除される。

iOS 12の通知はグループ化!

iOS 12は通知機能も改善され、念願のグループ化!各アプリごとに通知がまとめられるようになり、タップすることで通知の詳細がチェックできるようになる。

通知グループはまとめて消すことができるようになっており、これはかなり便利。

使いすぎを防止できる「Screen Time」

Screen TimeはiPhoneの使いすぎを防止できるiOS 12の新機能。自分がどれくらいiPhoneを利用しているのかが一目で分かるようになっている。

使用頻度の高い順にアプリを表示したり、どの時間に一番使用しているのかを確認したり、どれくらいの通知を見ているのかも確認可能です。

使いすぎてるアプリには使える時間を設定することができ、設定した時間制限が近くなれば通知してくれる機能もある。

しかも、設定時間が経過したアプリは表示できなくなるというなかなかスパルタな機能です。

アニ文字に加え、自分がアニ文字になる「memoji」が追加

アニ文字には、舌の動きもしっかり感知する「Tongue Deetction」が追加。

新アニ文字として、「オバケ」「コアラ」「トラ」「Tレックス」が追加。

自分の顔をアニ文字にできる「memoji」も追加された。

memojiは自由にカスタマイズすることができ、メッセージで相手に送ることもできる。しかも顔を自動で認識して合成してくれるので、様々な表情のアニ文字が作成できて超楽しそう!

これは流行る。

グループ通話ができるようになった「FaceTime」

複数人でのグループビデオ通話ができるようになったiOS12のFaceTime。※しかも最大32人まで!学校のクラスかよ!

喋っている人はアイコンがハイライトされ、大きく表示される。

グループFaceTimeではmemojiも利用可能となっており、これ絶対面白いやつ。iOS 12は2018年秋にリリース予定です。

Walkie-Talkieで声を送信「watchOS 5」

watchOS 5は新しいウォッチフェイス「Pride」やApple Watch同士でトランシーバーのように声を送れる「Walkie-Talkie」が追加。通知機能も大幅に強化されてます。

ちなみに、Walkie-TalkieではタップしながらApple Watchに話すと相手に音声メッセージを送信できる

ワークアウトアプリにはヨガとハイキングが新しく追加。友達と競いながら運動できる「Activity Competitions」も追加された。また、ワークアウトの開始と終了を認識してくれます。

watchOS 5で賢くなるSiri

watchOS 5はiOS12の「ショートカット」と連携し、手首を上げればSiriを起動できるようになった。しかも「Hey Siri」がいらない。

ウェブコンテンツが見やすくなるwatchOS 5

watchOS 5はWebKItに対応し、ウェブコンテンツがより見やすくなるというのも覚えておきたいポイント。

プライドバンドと新ウォッチフェイス

Apple Watch用バンドの新製品として新モデル「プライド」が追加。それに合わせた文字盤も追加されてます。

watchOS 5は2018年秋リリース予定。

Dolby Atomosに対応する「tvOS 12」

tvOS 12も様々な機能がブラッシュアップされ、新しくDolby Atomosに対応したり、Itunesコンテンツのアップグレードなどが発表された。

100種類以上の新しいチャンネルも追加されます。

Dolby Atomosに対応するtvOS 12

tvOS 12では新しくDolby Atmosに対応。立体感のある音響を楽しむことができるようになった。現時点でDolby VisionとDolby Atmosの両方に対応している唯一のストリーミングプレイヤーです。

ちなみに、iTunesコンテンツは無料でDolby Atmos対応になるとのこと。これは嬉しい!

新しいスクリーンセーバーとApple TV Remote

tvOS 12では、Aerialスクリーンセーバーに国際宇宙ステーションからの「地球」の映像が追加。スクリーンセーバーでは撮影したロケーション(位置情報)を表示できるようになる。

iOS12のコントロールセンターには「Apple TV Remote」が追加。

tvOSは2018年秋にリリース予定です。

ダークモードが追加!macOS Mojave

UI面での大幅な強化が施された「macOS Mojave」。念願のダークモードが追加され、荒れたデスクトップを自動で整頓してくれる「スタック」などの新機能や使いやすくなったスクリーンショットが発表された。

またApp Storeも大きく変更されるようです。

ついに追加されたMacのダークモード!

macOS Mojaveでは全世界のMacユーザーが待ち望んだ「ダークモード」がついに登場。

ドックはもちろんのこと、ウィンドウやメニュー、背景画像になっているモハビ砂漠まで夜になって暗くなる。

ダークモードでは、写真やメールアプリ、コーディング画面まで暗くなる!写真は見やすいし、目に優しい。

荒れたデスクトップを救済「スタック」

作業に没頭しているとなりがちなファイルだらけのデスクトップ。

荒れ放題のデスクトップのmacOS Mojaveの「スタック」を活用すれば、ファイルを種類や日付で振り分けて整理し、一発でまとめてくれる。

macOS Mojaveのスタック機能で分けられたファイルはフォルダをクリックすることでもう一度開くことができる。

使いやすくなった「Finder」

Finderでは画像が大きく表示される「ギャラリービュー」が追加。サイドバーには撮影機器やファイルサイズなどのメタデータが表示され、写真の回転もこの画面でできる。

また、複数のファイルをまとめて選択して簡単にPDFを作成可能。

Quick Lookではマーク機能が追加されており、アプリを起動しなくてもサインを書き込めるようになっていたりと、出来ることが格段に増えているようです。

使いやすくなったスクリーンショット

macOS Mojaveではスクリーンショットも強化。

iOSのようにスクショのプレニューが表示され、すぐに編集することができる。動画キャプチャ機能もスクショに追加されたのはありがたい!

Macでの編集が捗ります。

iPhoneと連携する「Continuity Camera」

iPhoneのカメラで撮影し、Macでそのまま編集できる「COntinuity Camera」が追加。

またiPhoneでテキストを撮影すればMacに取り込んですぐに編集することもできる。

リデザインされた「Mac App Store」

macOS MojaveではMac App Storeもリデザインされ、UIも大きく変更。

サイドバーには「Discover」「Create」「Work」 「Play」「Develop」「Categories」が表示され、アプリの詳細画面では動画でのプレビューも表示される。

macOS Mojaveのリリースは2018年秋頃となっており、2011年以前のモデルは非対応となる。Macユーザーはぜひチェックしておきましょう!

2019年にはiOSアプリがmacOSで動作する!

WWDC2018では、iOSとmacOSが統合する可能性は改めて「No.」でしたが、2019年にはiOSアプリがmacOSで動作することが発表。

macOS Mojaveでは、テスト的にiOSと同様の「News」「株価」「ボイスメモHome」アプリに対応した。※少しのコードで簡単に移行できたのだとか。

今回のWWDC2018では、OS関連の発表になったため、やはり新型MacbookやベゼルレスiPad Proの発表は9月のAppleスペシャルイベントになりそうですね。

iOS12、macOS Mojave、watchOS 5、tvOS 12の詳細については別記事でより詳しくまとめる予定なので、ぜひそっちもチェックしてみてください!

Source&Image:WWDC 2018