Apple Watch Ultra レビュー

普通の人(登山もダイビングもしない人)がApple Watch Ultraを購入して変わったこと #レビュー

Apple WatchReview

Apple Watch Ultra買ったら健康意識がちょっと高くなった。

2022年9月23日に発売されたハイエンドApple Watch「Apple Watch Ultra」ですが、僕もこれは試してみたい!ってことで購入し、じっくりヘビーユースしたのでそろそろレビューをお届けです。

この記事で伝えたいことは、Apple Watch Ultraで変わったこと。日常の変化。

デザインをチェックしたり、ダダっとレビューをお届けしつつ、適度に運動する普通の人がApple Watch Ultraを購入してどう変わったのか? について見ていきましょう。

Apple Watch Ultraの価格は124,800円(税込)。ラインナップはWi-Fi+Cellularモデル/49mm/チタニウムケースのみです。

Apple Watch Ultra - Apple公式HP

Apple/49mm/チタニウムケース

まずはApple Watch Ultraのレビューをダダっとお届け

Apple Watch Ultraを購入して変化した生活、変わったことについて語る前に......まずは"なる早で"レビューをお届けです。

(軽い運動はしますが、ダイビングや登山はしない普通の人のレビューとしてどうぞ)

付属品はApple Watch Ultra本体とApple Watch磁気急速充電 - USB-Cケーブル、スタートガイド、選択したバンド。

僕は「チタニウムケースとブラック/グレイトレイルループ」を購入しました。

#Tips
Apple Watch Ultraのケースサイズは"49mm"ですが、44mm/45mm用バンドと互換性あり。これまで所持していたバンドをそのまま使えるのはGood。

Apple Watch Ultraのラインナップ49mm/チタニウムケースのみ。バンドは「アルパインループ」「トレイルループ」「オーシャンバンド」の3種類から選択可能です。

ちなみに、Apple Watch Ultraに付属する充電ケーブルはこんな感じ。

僕がこれまで使っていたAppleWatchの純正ケーブルはツルっとしていましたが、Apple Watch Ultraに付属するケーブルは編み込みになり、頑丈になってます。

デザインを眺める

それじゃ、ここからはApple Watch Ultraのデザインを眺めつつ、ダダっとレビューしていきますね。

サイズは49mm。ケースは軽さに強さ、耐食性に優れた航空宇宙産業レベルの"チタニウム"。従来のApple Watchからガラッと変わってフラットなディスプレイになりました。

(もちろん、画面はサファイアクリスタル)

ちなみに、Apple Watch Ultraの画面の縁にはエッジが立っていて、衝撃から画面を守れるようになっているとのこと。

(見た目も変わって素敵ですが、このエッジ部分が傷つきやすそうな印象)

大きくなって溝が深くなり、操作しやすくなったデジタルクラウンと手袋をしていても操作しやすいように少しだけ突き出たサイドボタン。

小さい丸い穴は、3マイクアレイとリアルタイムで推進40mまで計測できる水深計です。

逆サイドにはアクションボタンとスピーカー。

どちらもApple Watch Ultraだけが搭載していて、スピーカーは緊急用のサイレンを流したり、より聴きやすい通話や音声フィードバックを実現してくれてます。

#Tips
Apple Watch Ultraは最大180m先まで聞こえる"緊急用のサイレン"を鳴らすことができますが、実は、スピーカーからではなくアクションボタンの横にある小さい穴から鳴ってます。

アクションボタンにはワークアウトやストップウォッチ、ダイブといったアプリの開始/起動を割り当てられるほか、ショートカット機能を使って任意の動作も設定可能です。

Apple Watch Ultraの背面には電気心拍センサーや血中酸素ウェルネスセンサー、皮膚温センサー、第3世代の光学式心拍センサーなどが搭載。

これまでのApple Watchにはなかったゴツめのネジがかっこよきですね。裏蓋にはサファイアクリスタルとセラミックが採用されています。

ちなみに、僕が選択したバンド「ブラック/グレイトレイルループ」はこんな感じ。

めっちゃ軽くて、薄くて、柔軟なバンドになっており、ループクロージャー(オレンジ色の部分)があるおかげで装着や調整も楽々。

素材はナイロンで、装着感はどちらかというとスポーツループに近いかもです。

Apple Watch Ultraと一緒にデビューしたアルパインループとトレイルループは、ジョイントパーツもチタニウムになっていますよ。

アルパインループはフック、オーシャンバンドはバックルもチタニウム。

バンドの装着方法はこれまでのApple Watchと同じです。

電池持ちは圧倒的に最強

僕がびっくりしたのはApple Watch Ultraの電池持ち。

もうこれまでのApple Watchとは一線を画しているというか......とにかく充電する頻度が減りました。

Apple Watch Ultraの電池持ちを計測した結果

時間バッテリー残量
1時23分100%
6時26分97%
9時28分93%
16時16分82%
19時45分76%
23時50分69%
1時08分67%
5時58分57%
7時00分52%

寝る前に100%まで充電して、装着して寝て、起きてもバッテリー残量は97%。そのまま一日過ごして、次の日の朝でも残量は50%以上。強くない?

バッテリー残量を計測した時間は不規則ですが、普通に1日使ってこの電池持ち。Apple Watchダントツのタフさです。

重さも大きさも気にならないけど、使用感は普通のApple Watchとほぼ同じ

お次は使用感についての簡単なレビューですが、まず、Apple Watch Ultraは画面がめっちゃ明るくて見やすい。とにかく見やすい。

Apple Watch Ultraの画面の明るさは最大2,000ニト。iPhone並みの明るさなので屋外でもばっちり文字を視認できます。

僕はいくつかの登録した定型文を使ってやりとりしているので、Apple Watchで文字を打つことはないですが......文字もはっきり見やすい。

購入する前は49mmでチタニウムだし、やっぱり重いかなぁって考えていましたが、こちらも慣れてしまえば全く問題ありませんでした。

(最軽量のアルミニウム → チタニウムだったので、最初のギャップはすごかったけどすぐ慣れる)

#Tips
今のところ変化を実感したことはないですが、Apple Watch Ultraは「高精度2周波GPS」を搭載しています。従来のL1 GPSだけでは高層ビルの並ぶ過密都市や森林など、衛星電波の届かない場所では使えないこともありましたが、L1 GPSとL5 GPSを組み合わせたApple Watch Ultraは正確な測定値が得られるとのこと。いざという時に役立ちます。

アクションボタンが超便利

Apple Watch Ultraは「アクションボタン」に自分がよく使うアプリを登録してワンクリックで起動できるのですが、こいつがめっちゃ優秀で便利。

僕はワークアウトを登録しているのですが、ほんとすぐ起動できます。「ちょっとの差やん...」って思うかと思いますが、この"ちょっとの差"が全然違うくて。

ちょこっと運動しようかなって時にすぐ行動に移せるようになったかなぁと。

ワークアウトの場合、アクションボタンとサイドボタンを同時押しすることで一時停止/再開することもできますよ。

ワークアウトでの使用感

お次はワークアウトでの使用感についてですが......野外ランニングの場合、やっぱりベストは軽いアルミニウムケースのアップルウォッチ。

ランニングなどで手を振ったときに、Apple Watch Ultraは少し揺れるような感覚があります。結構きつめにバンドを付けていても感じたので、これは重さの違いですね。

Apple Watch Ultraは画面も明るいし、見やすいですが、ランニングや筋トレなど、一般的なワークアウトの使用感自体は普通のApple Watchと変わりません。

(Apple Watch Ultraはアクションボタンのおかげで、行動は起こしやすい)

ただ、耐水性能はガチ。

#Tips
Apple Watch Ultraは水深100mまでの耐水性能を持ち、水温センサー搭載の水深計を搭載。Apple Watch Series8は水深50mまでの"泳げる"耐水性能となっています。ダイブ用のアプリもありますし、海やプールでハードに使用するならApple Watch Ultraが強い。※レクリエーションダイビング(遊びのダイビング)は水深40mまでの耐水性能。

トレイルループバンドはほんと快適なので、走ったり、筋トレする人におすすめ

ワークアウト関連でもうひとつ。

ランニングをしていて思ったのですが、Apple Watch Ultraと一緒にデビューした3種類のバンドの中では、長期ランを想定しているだけあって「トレイルループ」の装着感がめっちゃ快適。

ほころびようのないくらい頑丈ですし、汗をかいてもベタつかない。かゆくならない。装着感の調整もしやすい。

ランニングやトレーニングに活用しようと思っている人は、ほんとトレイルループがおすすめです。

ほかのApple Watchとサイズやデザインを比較してみる

Apple Watch Ultra Apple Watch Series8 比較

左:Apple Watch Ultra、右:Apple Watch Series6

せっかくなので、Apple Watch UltraとほかのApple Watchもササっと比較しておきますね。

初代Apple Watchの38mmとApple Watch Series6の44mm、そしてApple Watch Ultraを並べて比較してみると、サイズ感の違いはこんな感じ。

画面の表示領域自体は44mmとそこまで大きな違いはないですが、初代Apple Watch(38mm)と比較するとサイズ感も何もかも違いますね。大きい。

Apple Watch Series6と重ねて比べてみると、Apple Watch Ultraは圧倒的にゴツいです。

もうすこし違う角度から見てみるとこんな感じで、厚みはざっくり4mmくらいの差。

搭載するセンサーこそ違えど、背面のセンサーの配置自体は大きく変化なし。

丸みのあるデザインとフラットなデザインだと印象は全く違いますね。Apple Watch Ultraは44mmのApple Watch Series6と比べて表示される文字も大きく、画面も明るい。

スペックと仕様

Apple Watch Ultra
ケース49mm
チタニウム
フラットサファイア前面クリスタル
サイズ49×44×14.4mm
61.3g
ディスプレイLTPO OLED
常時表示Retinaディスプレイ
410×502ピクセル
最大2,000ニト
チップデュアルコアS8 SiP
W3チップ
U1チップ
ストレージ32GB
モデルGPS+Cellular
耐水性能100m
EN1339準拠
水温センサー搭載の水深計
Oceanic+アプリ(ダイブコンピュータ)
ヘルスケア血中酸素ウェルネス
心電図
心拍数計
皮膚温センサー
過去の排卵を推定できる周期記録
SOS緊急SOS
転倒検出
衝突事故検出
周囲に知らせる86デシベルのサイレン
GPS高精度2周波GPS
バッテリー最大36時間
高速充電
その他デュアルスピーカー
ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
水深40mまでのダイビングに対応
セラミックとサファイアクリスタルの裏蓋
Bluetooth 5.3
価格124,800円(税込)

Apple Watch Series8との比較は公式HPもあわせてどうぞ。

Apple Watchを比較 - Apple公式HP

Apple Watch Ultraで変わったこと、日常の変化

ゴツさがかっこいい。

さて、ここからはApple Watch Ultraを購入して変わったこと、日常の変化についてダダっとご紹介です。

といっても、そんな語ることもないので、こちらも駆け足で見ていきますね。購入を検討しているブラザーは参考にどうぞ。

電池持ちがよくなり、充電回数がグっと減った

まずひとつめ。すでにちらっと触れていますが......やっぱり電池持ちがよくなったのは大きな変化です。

充電回数が減ったのはもちろん、前の日に充電していたならバッテリー残量を気にすることは一切なくなりました。

今までのApple Watchの電池持ちがしょぼすぎて、ほんとにバッテリー減らないように感じます。Apple Watch Ultra。

#Tips
Apple Watch Ultraは公称値で最大36時間の電池持ちですが、48時間くらいは余裕で持つ印象。最大60時間の電池持ちを実現できるバッテリーセーバーモードも登場予定です。

寝る時も付けて睡眠トラッキングすることが多くなった

前述の「電池持ち」も関連しているのですが、タフな電池持ちのおかげでApple Watchを付けて寝ることが多くなりました。

付けたまま寝るかどうかはその日の気分次第ってところもありますが、今のところ"ほぼ"付けたまま寝ているので、睡眠トラッキングを見るのも楽しくなってきたかなぁと。

お風呂に入る時など、寝る前の少しの時間で充電しておけば、寝て起きてもそのまま1日使える電池持ち。

ただ、Apple Watch Ultraはごついので稀に寝づらさを感じることもあります。(大体気にせず爆睡してるけど)

ワークアウトに気合が入った

もうひとつがApple Watch Ultraを購入して、ワークアウトに気合が入ったってところ。

最近はちょっとさぼり気味だったのですが、久しぶりにヘルスケアアプリ見たら心肺機能がびっくりするくらい低下してて......。

焦ったというのもありますが、せっかく買ったんだし活用してやらないと!って気持ちでランニングしたり、筋トレしたり、いつもならやらない10分-20分程度の軽いヨガをしてみたり。

Apple Watch Ultraを購入してから今までよりも"ちょこっと"健康意識が高まったかなぁと。

当然、継続が大事ですが、気持ち次第で健康意識も変わるので、長距離マラソンや登山、ダイビングをしない僕みたいな普通の人でもApple Watch Ultraいっちゃっていいんじゃない?と。

Ultraが気に入ったなら全然買っちゃっていいと思います。

所有欲が最強に満たされた

それとこれ。所有欲(物欲?)が最強に満たされました。

Apple Watch Ultraは124,800円という高めなApple Watchですが、価格に見合うディティールとスペシャル感があってもうめっちゃ満足。むしろこれに尽きる。

もし、来年Apple Watch Ultraの新型が出たとしても劇的に変わることはないだろうし......しばらくは買い替えなくても十分な性能になっているので、長く大事に使っていきます。

レビューまとめ!Apple Watch Ultraで変わったこと「もうすこし運動しよう」って意識が芽生えた

さて、もうお気に入り過ぎるApple Watch Ultraですが、最後に僕のレビューをダダっとまとめておきますね。

Apple Watch Ultraを使い始めて、普段の生活で変わったことは、タフなバッテリーライフのおかげで睡眠トラッキングを活用するようになり、充電の回数も減り、少し健康意識が高くなったこと。

ぶっちゃけ、普段の用途くらいならApple Watch Series8で全く問題ない(なんならSeries6でも不満はなかった)ですし、僕からすると明らかなオーバースペックですが、価格が問題ないなら最高のApple Watchなんじゃないかなぁと。デザインもディティールもGood。

Good!!

  • チタニウムのボディとゴツくてかっこいいデザイン
  • 大きくなり、押しやすくなったサイドボタンとデジタルクラウン
  • iPhone並みに明るいディスプレイ
  • 一撃でワークアウトを起動したり、設定した動作ができるアクションボタン
  • Apple Watchとは比べ物にならない電池持ち

Bad

  • 画面の縁のエッジが傷つきやすそう
  • ランニング中など、ふと重さを感じる時がある(つまり、やっぱり重いのは重い)
  • 124,800円という価格は普段の自分の用途を考えると少々割高(極端な話、普通のApple Watchで十分)

Apple Watch Ultraのレビュー&評価まとめ

デザイン★★★★★
耐久性★★★★★+
使いやすさ★★★★★
機能★★★★★+
価格(コスパ)★★★☆☆

Apple Watch Ultraには最高に満足していますし、不満も特にないですが、どうしても否めないオーバースペック感。僕みたいに普通の使い方しかしないなら124,800円はちょっと高いかもですね。

僕の場合、Apple Watch Series8(59,800円)で出来ることをApple Watch Ultra(124,800円)でしてる感じ。

とはいえ、Apple Watch Ultraのデザインがすごく好きで、別に登山もダイビングもしないけど、Apple Watch Ultraが良い!って僕みたいな人にとっては満足感が高いのも間違いなしなので、価格に納得できるならポチっといっちゃっていいのでは?と思います。

電池持ちはまじでこれまでのApple Watchを凌駕していますし......Apple Watch Ultraで冒険に出かけてみては?

Apple Watch Ultra - Apple公式HP

Apple/49mm/チタニウムケース