2021年の新型iPhone「iPhone 13」の性能や機能の噂をダッシュでおさらい

iPhone

iPhone 12 mini カメラ

2021年ももう春。そろそろ新型iPhoneの情報が気になるブラザーも多いのでは?

今年は「iPhone 13」シリーズが発売されると予想されていますが、性能や機能についてさらっとおさらいしておきましょう。

5nmプロセスで製造されたA15チップを搭載し、省電力&性能UP。iPhone 13 Proシリーズでは120Hzのリフレッシュレートに対応すると言われたり、デザイン面では画面の切り欠き(ノッチ)が小さくなると言われていますが...はたして。

カメラ性能は間違いなく良くなって登場すると思うんですけど、単純にノッチが小さくなるのはGood。ズラーっと文字を並べても分かりにくいでけですし、可能な限りマッハでご紹介していきますね。

ちなみに、iPhone 13シリーズの発売日は2021年秋頃。iPhone 12シリーズは新型コロナウイルスの影響により1-2か月発売日が遅れることになりましたが、iPhone 13シリーズは9月に戻すと予想されています。新型コロナの状況にもよりますが..概ね9月2週目に発表されて予約受付が開始。3週目に発売といった流れで見ておくと良き。

iPhoneを見る - Apple公式HP

iPhone 13シリーズの性能や機能に関する噂をダッシュで予習

iPhone 12 mini レビュー
iPhone 12 mini

早速本題。まずはiPhone 13/13 Proについて噂されている情報についておさらいしていきましょう。

多くのメディアや著名なアナリストの予測ではiPhone 13シリーズは2020年のiPhone 12シリーズと同じになると予想されていまして。

  • iPhone 13 mini - 5.4インチ
  • iPhone 13 - 6.1インチ
  • iPhone 13 Pro - 6.1インチ
  • iPhone 13 Pro Max - 6.7インチ

ラインナップは上記の通り。名称が不明なためこの記事では"iPhone 13"として扱っていますが、"s"を冠したマイナーアップデートになる可能性もあるようです。

(もしマイナーアップデートなら...指紋認証を切実にお願いします)

それじゃ、ここからはサクサク進めていこうと思うので、がっつりついてきてくださいな。

A15チップを搭載し性能が順当にUP

iPhone 13シリーズには、Apple設計のSoC「A15チップ」が搭載。TSMCが5nmプロセスで製造するとのことで、iPhone 14シリーズよりもさらなる省電力&性能の向上が図られています。

ちなみに、iPhone 13シリーズは米国以外のモデルも"5G(ミリ波)"に対応する可能性があるらしくて。5Gモデムは5nmプロセスの「Qualcomm X60」を搭載するとのこと。iPhone 12シリーズよりも電池持ちが改善される可能性ありありです。

デザインの変更点

iPhone XとiPhone 11のカメラ 比較
iPhone XとiPhone 11

iPhone 13シリーズのデザインはiPhone 12シリーズから大きな変更は無いそうで。フラットなスクリーンとエッジは続投。デザインは小規模な変更に留まるようですが、"画面の切り欠き(ノッチ)"が小型化すると予想されています。

全モデルでノッチが小型化すると期待されていますが、ドットプロジェクタと赤外線カメラを統合することで小さくなるとのことで。横幅はそのままのようですが、縦幅が小さくなるそう。

iPhoneのノッチでここしばらくずっと見てるので慣れちゃってるんですけど、冷静に考えて存在感があるので...縦幅が少しでも小さくなれば印象が変わりそうじゃないですか?

バッテリー容量UP、重さUP

Apple製品好きなブラザーにはお馴染み、Ming-Chi-Kuo氏によれば、iPhone 13はバッテリー容量が増加するとのことで。

なんでも、SIMカードスロットをロジックボードに統合するといった内部の再設計により出来た余裕をバッテリーに充て、iPhone 12シリーズよりもバッテリー容量は増加するそうです。

ただ...その分重さもUP。

カメラ性能

iPhone 12 mini カメラ
iPhone 12 mini

iPhone 13シリーズのカメラで最もよく見かけるのは「センサーシフト光学式手振れ補正」が搭載されるということ。(センサー自体が動いて手振れを補正するすごいやつ)

iPhone 12シリーズでは"Pro"モデルにのみ搭載されるセンサーシフト光学式手振れ補正ですが、iPhone 13シリーズでは全モデルが搭載すると噂されています。

レンズ構成はおそらくiPhone 12シリーズと同じ。iPhone 13 Proの超広角レンズはめちゃ性能が良くなるとのことで、LiDARスキャナが全モデルに搭載される可能性もあるようです。※引き続き"Pro"シリーズのみ搭載するとの情報もあり。

ディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応しそう

iPhone 12 mini 有機ELディスプレイ

iPhone 13シリーズは引き続き全モデルのディスプレイに「OLED(もしくはLTPO)」が採用されますが、iPhone 12シリーズに搭載されるかも! と期待されながら、見送られてしまった"120Hzのリフレッシュレート"が実現される可能性もあり。

要は、iPhone 13 Pro/13 Pro MaxがiPad Proで実現されている"Pro Motionディスプレイ"に対応するかもしれないってこと。最高ですね。

ちなみに、省電力に優れる"LTPOディスプレイ"が採用された場合は...常時表示のディスプレイなんかもあるかも。

聞えてきたフルワイヤレス化の足音

一つ気になる情報に"iPhoneのポートレス化"がありまして。AppleはiPhoneのフルワイヤレス化を計画しているそうなのですが、iPhone 13シリーズの一部のモデルで実現される可能性もあるとのこと。(可能性はものすごく低いと思いますが)

つまり、充電はMagSafe。データ転送は無線というわけですね。これはこれでありな気もしますが、現状MagSageは発熱や充電効率なんかの課題もあるため、僕はもうしばらく"Lightning"が続投されるんじゃないかなぁと予想してます。

MagSafeが第2世代になって改善される可能性は高そうですけどね。

容量と価格はどうなる?

次にiPhone 13シリーズの"ストレージ(容量)"についてですが、こちらはおそらく昨年のiPhone 12シリーズと同様になると予想。

価格の情報は一切出ていないですが、参考までに"iPhone 12シリーズの価格と容量"については以下の通りです。

64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 mini82,280円87,780円99,980円×
iPhone 1294,380円99,880円111,980円×
iPhone 12 Pro×117,480円129,580円153,780円
iPhone 12 Pro Max×129,680円141,680円165,880円

マイナーアップデートでも良いからカメラ性能よりも「指紋認証」を求ム

とまぁこんな感じで。iPhone 13シリーズに関する情報をかなり急ぎ足でぎゅっと詰め込んでみたのですが、どうでしょう? 今のところ、大幅な変化はなさそうですし、マイナーアップデート寄りな印象かなぁと。

(120HzのリフレッシュレートとLTPOディスプレイはアツいけども)

それよりも、なによりも、多くのブラザーが気になっているのは"Touch ID(指紋認証)"の復活では? 実は、AppleはiPhone 12シリーズを購入したユーザーに"FaceID(顔認証)"の満足度調査を実施したことが明らかとなっており、現在指紋認証を搭載した2機種のプロトタイプを開発していることが判明しています。

画面内臓型の指紋認証を望む声が多いですが、可能性として高いのは第4世代iPad Airに搭載されたような"電源ボタン埋め込み式"の指紋認証とのこと。

Galaxy S20 5G 指紋認証
Galaxy S20 5G

冗談抜きで。控えめに言って。Galaxyの画面内臓指紋認証が使いやすいので...iPhone 13シリーズでも搭載されればみんな幸せなんですけどね。

iPhone 13シリーズは2021年9月頃に発表、発売予定です。あ、iPhoneの"指紋認証 復活"について気になる人は以下の記事もあわせてどうぞ。

指紋認証は電源ボタン内臓?それともディスプレイ内臓?iPhone 13の噂がもう出てきた - iyusuke

Source:MacRumors

iPhone

Posted by iyusuke