iPhone 13シリーズ(iPhone13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max)は買いなのか?さらっと性能を比較しつつ微妙な点を考える

iPhone

iPhone 13 発表 2021年9月15日

2021年9月15日早朝開催されたAppleの新製品発表イベント「Califirnia Streaming.」にて発表された「iPhone 13/13 mini」「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」。

サイズや性能などが異なる4種類の新型iPhoneが登場しましたが、大きなデザインの変更は無かったので...どちらかというとマイナーアップデート。そろそろ新型iPhoneに買い替えようかな? ってブラザーも多いと思うので、無印のiPhone 13/iPhone 13 mini、そしてハイエンドモデルとなるiPhone 13 Pro/13 Pro Maxの性能や機能についてさらっとおさらいしておきましょう。

iPhone 13シリーズの大きなトピックは、5nmプロセスのA15 Bionicチップ、伸びたバッテリーライフ、カメラ性能と処理性能の向上、ディスプレイの強化などなど。iPhone 13 Pro/13 Pro Maxは120Hzのリフレッシュレートにも対応しています。

(デザイン面では、カメラレンズが対角線上に配置されたほか、画面の切り欠きも小さくなっていますよ)

買い替えへの訴求としては"カメラ性能"や"バッテリーライフ"あたりが重要になってくるかと思いますが、単純にノッチが小さくなったのはGood。

iPhone 13シリーズの発売日は2021年9月24日(金)。予約受付開始日は9月17日午前9時。Apple公式ストアと国内キャリアから発売予定です。

iPhone 13/13 mini/13 Pro/13 Pro Maxを見る - Apple公式HP

iPhone 13シリーズの性能をダッシュでおさらい

iPhone 13シリーズの微妙なところ、デメリットについて触れる前に...まずはiPhone 13シリーズの性能やスペックについて簡単におさらいしていきましょう。

ラインナップは前モデルと同じく4種類。画面サイズの違いについては以下の通りです。

  • iPhone 13 mini - 5.4インチ
  • iPhone 13 - 6.1インチ
  • iPhone 13 Pro - 6.1インチ
  • iPhone 13 Pro Max - 6.7インチ

上述の通り、iPhone 13シリーズはメジャーアップデートではなく、処理性能やカメラ性能が強化されたマイナーアップデート。残念ながら期待されていた"TouchID(指紋認証)"は搭載していないですが、まんべんなく、順当に進化したモデルとなっています。

性能とスペック

iPhone 13 miniiPhone 13iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
サイズ131.5×64.2×7.65mm
140g
146.7×71.5×7.65mm
173g
146.7×71.5×7.65mm
203g
160.8×78.1×7.65mm
238g
ディスプレイOLED
5.4インチ
2,340×1,080
OLED
6.1インチ
2,532×1,170
OLED
6.1インチ
2,532×1,170
120Hzのリフレッシュレート
OLED
6.7インチ
2,778×1,284
120Hzのリフレッシュレート
チップA15 Bionic
6コア+4コアGPU
16コアNeural Engine
A15 Bionic
6コア+4コアGPU
16コアNeural Engine
A15 Bionic
6コア+5コアGPU
16コアNeural Engine
A15 Bionic
6コア+5コアGPU
16コアNeural Engine
カメラ12MP 広角+超広角
センサーシフト式手振れ補正
12MP 広角+超広角
センサーシフト式手振れ補正
12MP 広角+超広角+望遠
センサーシフト式手振れ補正
デュアル光学式手振れ補正
12MP 広角+超広角+望遠
センサーシフト式手振れ補正
デュアル光学式手振れ補正
容量128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB/1TB128GB/256GB/512GB/1TB
バッテリービデオ再生:最大17時間
オーディオ再生:最大55時間
ビデオ再生:最大19時間
オーディオ再生:最大75時間
ビデオ再生:最大22時間
オーディオ再生:最大75時間
ビデオ再生:最大28時間
オーディオ再生:最大95時間
カラースターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
(PRODUCT)RED
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
(PRODUCT)RED
グラファイト
ゴールド
シルバー
シエラブルー
グラファイト
ゴールド
シルバー
シエラブルー
価格86,800円~98,800円~122,800円~134,800円~
その他IP68防水、5G(Sub6)、MagSafe、FaceIDIP68防水、5G(Sub6)、MagSafe、FaceIDIP68防水、5G(Sub6)、MagSafe、FaceIDIP68防水、5G(Sub6)、MagSafe、FaceID

iPhone 13シリーズの主要なスペックをさらっと比較してみると上記の通り。搭載されるチップは"A15 Bionic"となるため、処理性能に違いはないですが、GPUのみiPhone 13/13 miniが4コア、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxは5コアを搭載しているため、グラフィックス性能が高いのはiPhone 13 Pro/13 Pro Max。

望遠レンズとLiDARスキャナを搭載しているのもiPhone 13 Pro/13 Pro Maxのみ。

また、いずれのモデルもIP68(水深6mで最大30分間耐えられる)の防水に対応するほか、映画のような凝った動画を撮影できる"シネマティックモード"を搭載している...というのも大きなトピックです。上記はiPhone 13シリーズのスペックを一部抜粋したものになっているため、より詳細なスペック&仕様が気になるブラザーはApple公式HPもあわせてどうぞ。

iPhone - モデルを比較する - Apple(日本)

A15 Bionicチップで性能UP

さて、ここからはiPhone 13シリーズの性能や機能について、もう少しかいつまんでチェックしていきましょう。(長ったらしくなっちゃうのもあれですし、さらっと爆速でご紹介していきます)

iPhone 13シリーズにはApple設計のSoC「A15 Bionicチップ」が搭載。5nmプロセスで製造されiPhone 12シリーズよりもさらなる省電力&性能の向上が図られていますが、グラフィックス性能には違いがあるというのは押さえておきたいポイントかもしれません。

  • iPhone 13/13 mini
    • 6コア CPU(高性能コア×2と高効率コア×4)
    • 4コア GPU
    • Neural Engine 16コア
  • iPhone 13 Pro/13 Pro Max
    • 6コア CPU(高性能コア×2と高効率コア×4)
    • 5コア GPU
    • Neural Engine 16コア

CPUの処理性能はiPhone 13/13 miniもiPhone 13 Pro/13 Pro Maxも同じですが、グラフィックス性能に関しては5コアのGPUを搭載する"Proモデル"が上。これはゲームの描写性能などにも影響するため、グラフィックを重視する人はiPhone 13 Pro/13 Pro Maxですね。

デザインの違いと変化

iPhone 13シリーズのデザインはiPhone 12シリーズから大きな変更は無し。フラットなスクリーンとエッジは続投ですが、画面の切り欠き(ノッチ)が小さくなりました。

全モデルでノッチ小型化しており、もともとスペースがカツカツだった"mini"では嬉しい変更点。

iPhone 13シリーズ カラーラインナップ カラバリ

iPhone 13/13 miniでは、カメラレンズが対角線上に配置されているというのも大きなトピックで、カラーラインナップはiPhone 13 Pro/13 Pro Maxが「シルバー」「グラファイト」「ゴールド」「シエラブルー」の4色。

iPhone 13/13 miniは「スターライト」「ミッドナイト」「ブルー」「ピンク」「(PRODUCT)RED」の5色。地味な変更点ですが、iPhone 13シリーズの(PRODUCT)REDは深紅に近づいていまして。もうめっちゃ良い赤色。(僕としては...iPhone 12 miniの赤色が少し微妙だったのです。嬉しい)

バッテリー容量UP、重さUP

バチっとくっついて充電できる「MagSafe」対応。

iPhone 13シリーズはしっかりバッテリー容量がバンプされており、バッテリーライフも伸びました。

ビデオストリーミングオーディオ
iPhone 13 mini最大17時間最大13時間最大55時間
iPhone 13 最大19時間最大15時間最大75時間
iPhone 13 Pro最大22時間最大20時間最大75時間
iPhone 13 Pro Max最大28時間最大25時間最大95時間

バッテリー持ちでいえば、iPhone 13 mini < iPhone 13 < iPhone 13 Pro < iPhone 13 Pro Maxといった感じになっていまして。4Gと5Gを自動で切り替えてくれる"スマートデータモード"と呼ばれるバッテリー持ちを改善する機能が搭載されています。

  • iPhone 13 mini
    • iPhone 12 miniより7g重い140g。
  • iPhone 13
    • iPhone 12より11g重い173g。
  • iPhone 13 Pro
    • iPhone 12 Proより16g重い203g。
  • iPhone 13 Pro Max
    • iPhone 12 Pro Maxより12g重い238g。

ただ...その分前モデルから重さも増加しているため、そのあたりはバッテリーライフとのトレードオフです。

カメラ性能

iPhone 13シリーズはカメラ性能ががっつり強化。マイナーアップデートモデルで大きなデザインの変化はなかったため...買い替えの訴求としては"カメラ"が一番大きいかもしれません。

iPhone 13/13 miniは広角+超広角のデュアルカメラ、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxが広角+超広角+望遠のトリプルカメラとなっており、いくつかの新しい機能も搭載されています。

iPhone 13シリーズのカメラ性能をさらっとおさらいしておきましょう。

iPhone 13/13 miniiPhone 13 Pro/13 Pro Max
カメラ構成広角+超広角広角+超広角+望遠
LiDARスキャナ×
広角レンズ12MP
f/1.6
7枚構成のレンズ
ナイトモード
12MP
f/1.5
7枚構成のレンズ
ナイトモード
超広角レンズ12MP
f/2.4
120度の視野角
レンズ補正
5枚構成のレンズ
ナイトモード
12MP
f/2.4
120度の視野角
レンズ補正
5枚構成のレンズ
ナイトモード
望遠レンズ-12MP
f/2.8
6枚構成のレンズ
ナイトモード
ズーム2倍光学ズームアウト
最大5倍デジタルズーム
3倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
6倍光学ズームレンジ
最大15倍デジタルズーム
手振れ補正センサーシフト式手振れ補正(広角)センサーシフト式手振れ補正(広角)
デュアル光学式手振れ補正(望遠&広角)

iPhone 12シリーズでは"Pro"モデルにのみ搭載された"センサーシフト光学式手ぶれ補正"は全モデル共通で搭載。

iPhone 13/13 miniに搭載されるレンズの性能を比較してみると...広角レンズに大きな違いはないですが、超広角レンズは結構な性能差があるというのも押さえておきたいトピックかもしれません。iPhone 13/13 miniは5枚のレンズで絞り値はF2.4、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxは5枚構成のレンズでF1.8。つまり...iPhone 13 Pro/13 Pro Maxはより光をレンズに取り込むことができるため、少ないノイズで明るい写真を撮影することができます。

マクロ撮影も"Pro"の特権。

ちなみに...ProモデルはProRes形式の動画を撮影し、動画編集ソフトでより細かい色の表現ができたり、被写体に2cmまで近づける"マクロ撮影"が楽しめたり、Apple Pro Rawで写真を撮影し、ホワイトバランスやハイライトなどを写真のデータに加え、より繊細な写真の現像が可能です。

※ProResビデオ撮影は最大4K/30fpsで撮影可能ですが、容量128GBのモデルでは1080p/30fpsになります。容量的に厳しいのかと思いますが...これは罠。要注意です。

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxは、広角、超広角、望遠、すべてのレンズで"ナイトモード"も撮影できるようになりましたし、写真と動画の撮影を重視するなら、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxで間違いなしですね。

120Hzのリフレッシュレートに対応

iPhone 12 mini 有機ELディスプレイ
iPhone 12 miniの有機ELディスプレイ

iPhone 13シリーズは引き続き全モデルのディスプレイに「OLED(有機EL)」が採用されますが、ついに...! 120Hzのリフレッシュレートを実現する"Pro Motionテクノロジー"に対応。

※リフレッシュレートとは、1秒間に映像を何回更新するのかを表す数値です。スマホは60Hzのリフレッシュレートが一般的なので、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxの映像はざっくり2倍滑らか。

残念ながら120HzのリフレッシュレートはiPhone 13 Pro/13 Pro Maxのみですが、その他のディスプレイ性能については共通していまして。2,000,000:1のコントラスト比、公色域(P3)表示への対応、HDR、TrueToneディスプレイ、前モデルと比べて4倍の耐久性を誇る"セラミックシールド"などなど、リフレッシュレート以外の性能はほぼほぼ同じです。今年のiPhoneはディスプレイが素敵。

ProMotionを採用した新しいSuper Retina XDRディスプレイは、1秒間に10回から120回の頻度で画面を更新。

もちろん、その間のすべてのフレームレートにも対応します。圧倒的なグラフィックス性能が必要な時は賢くリフレッシュレートを上げ、必要ない時はリフレッシュレートを下げてバッテリーを節約。あなたがスクロールする時でさえ、指の速度に合わせて自然にスピードを上げたり下げることで調整します。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max - Apple(日本)

ちなみに、非HDR時の明るさは若干iPhone 13/13 miniのほうが暗いですが...おそらく明確な違いを感じることはなさそうですね。iPhone 13シリーズのディスプレイで悩むのは「120Hzのリフレッシュレートが必要かどうか」です。

(MOBAやPUBGといった競技性の高いゲームではiPhone 13 Pro/13 Pro Maxが活躍してくれそう)

iPhone初「デュアルeSIM」をサポート

iPhone 13/13 mini、iPhone 13 Pro/13 Pro MaxはiPhoneで初めて「デュアルeSIM」に対応しているというのも大きなトピック。

物理SIMとeSIMを組み合わせつつ、eSIMを2枚利用できる"デュアルeSIM"対応です。アツい。

デュアルSIM(nano‑SIMとeSIM)

デュアルeSIMに対応

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは既存のmicro-SIMカードには対応していません。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max - 仕様 - Apple(日本)

5G対応

iPhone 13シリーズは全モデルが5G搭載。※国内ではいずれのモデルも"5G(Sub6)"に対応します。

防水性能

iPhone 13シリーズは全モデルが水深6mに30分間沈めても問題ない防水性能(IP68)に対応。

iPhone 11は"水深4mに30分間"だったのですが、iPhone 12シリーズ/13シリーズでは"水深6mに30分間"となっているので...ここ数年で防水性能もしっかり向上しています。

容量と価格

次にiPhone 13シリーズのストレージ(容量)と価格についてですが、昨年のiPhone 12シリーズから最低容量が64GB→128GBに引き上げらえたほか、Proモデルのみ1TBの容量が追加されています。

1TBモデルの価格は20万円に迫る勢いですが...iPhone 13シリーズの容量と価格については以下の通りです。※価格はいずれも税込。

128GB256GB512GB1TB
iPhone 13 mini86,800円98,8000円122,800円-
iPhone 1398,800円110,800円134,800円-
iPhone 13 Pro122,800円134,800円158,800円182,800円
iPhone 13 Pro Max134,800円146,800円170,800円194,800円

iPhone 13シリーズの微妙なところ(デメリット)は?

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxのカメラ

iPhone 13シリーズの性能や機能についておさらいできたところで...微妙なところ、デメリットについても見ておきましょう。

正直なところ、iPhone 13/13 mini、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxはデザインに大きな変化もないですし、処理性能やカメラ性能が向上したくらいでそこまで大きな変化はなかったわけですが、スマホとしてはかなーりいい感じになっていまして。

優れた性能のカメラに全モデルが"センサーシフト式の手ぶれ補正"を搭載、高速なCPU&GPU、120Hzのリフレッシュレート(Proモデルのみ)、より長くなったバッテリーライフ、マクロ撮影やシネマティックモードまで搭載しちゃって"買い"なiPhoneではあります。

ただ...今すぐに買い替えるべきか? となると微妙かなぁと。

というのも、iPhone 14シリーズがめっちゃ進化しそうなんですよね。こちらはデザインも変わりそうですし、画面の切り欠き(ノッチ)の廃止、ワンチャン画面内臓のTouch ID(指紋認証)を搭載するという噂も。プロセスは5nmからさらに微細化されると思うので、処理性能もより高速になり、省電力性の向上も待ったなしなのです。

例えば、今iPhone 11シリーズ以前のiPhoneを使っているなら買い替えサイクルドンピシャな人も多いかと思いますし、欲しい時が買い時。今すぐ買っちゃいましょう! って激推ししたいところなのですが、iPhone 14シリーズの存在を考えると、うーん...っていうのも本音。

強いて挙げるとするなら、iPhone 13シリーズは大きな変化が無かったというところが微妙な点でデメリットでもあるかもしれません。

iPhone 11シリーズ/12シリーズを使っている人は、iPhone 13シリーズに買い替えるよりも来年の新型iPhoneを待ったほうが賢明というのは言うまでもないですが、欲しい時が買い時です。iPhone 13シリーズが素晴らしい体験を与えてくれるのは間違いなしですよ、ブラザー。

発売日は9月24日、iPhone 13に買い替えちゃう?

とまぁこんな感じで。iPhone 13シリーズの性能や機能についてかなり急ぎ足でぎゅっと詰め込んでみたのですが、どうでしょう? 性能が向上しているとはいえ、得られる体験自体に大きな変化はないですし、やっぱりマイナーアップデートな印象かなぁと。iPhone 12Sって感じ。

iPhone 13シリーズの発売日は2021年9月24日(金)。予約受付は2021年9月17日午前9時より開始です。国内では、Apple公式ストアとdocomo/Softbank/au/Rakutenから発売予定となっているので予約するのをお忘れなく。

iPhoneでNetflixやプライムビデオ、ゲームを楽しむなら大きな画面で高性能なiPhone 13 Pro Maxが魅力的。写真や動画の撮影を重視するならiPhone 13 Proか13 Pro Max。できるだけ価格をおさえつつ、大きな画面が良いって場合はiPhone 13。

コンパクトなモデルはiPhone 13 miniでいったん終了って情報もありましたし...悩むところですね。

僕はGalaxy Z Fold3に全物欲が持ってかれているので、iPhone 13シリーズはスルーするかもなのですが、iPhone 13の(PRODUCT)REDの色味がドンピシャすぎて辛い。今はiPhone 12 miniをサブで使っていますが、こっちは最強に満足しているので、買い替えるかどうか...鬼悩む。

iPhone13シリーズを見る - Apple(日本)

iPhone

Posted by iyusuke