コスパ最強!Novonestの120mm RGBファンをレビュー

更新日:

余ったパーツで組み立てたサブPCになんか新しいPCパーツを取り付けたいと思ってAmazonを物色しているとNovonestというメーカーの120mm RGBファン(25mm厚)を発見。

Novonest」はあまり聞きなれないメーカーですが、LEDで光る水冷一体型CPUクーラーRGBを搭載したメモリ用ヒートスプレッダなどもお手頃価格で販売しており、低価格でコスパ良好な自作PCパーツを展開しているメーカーらしい。

とりあえず面白そうだし試してみよう!ってことで早速購入したので、Novonest 120mm RGBファンはどんな風に光るのか使用感はどうなのかについてサクッとレビューしていきます。

結論を先に言ってしまうと、Novonest 120mm RGBファンは価格から考えれば品質は高く、コスパも超良いと感じたので、安く買えてLEDで光るPCファンを探してるという人は参考にどうぞ!

Novonest 120mm RGBファンは低価格でコスパ良好

Novonest 120mm RGBファンのLEDの光り方や使用感に触れる前に、まずはRGBファンの外見や付属品について軽く触れていく。ちなみに、Novonestの120mm RGBファンは「upHere」と書かれたパッケージに入って届いた。

Novonest 120m RGBファンの付属品はざっとこんな感じ。120mm RGBファンが3基ファンに取り付ける防振ゴムパッド取り付けネジLEDの光り方を制御するコントローラとリモコンコントローラーの接続ケーブル1本が付属していた。

RGBファンにもupHereと書かれたシールが貼られているので、upHereはメーカーロゴ的な立ち位置っぽい。個人的に、Novonestというメーカーロゴを大々的にアピールしてくれてもいいかなとは思った。

Novonest 120mm RGBファンの詳細な仕様は以下の通り。

Novonest 120mm RGBファンの仕様

ファンのサイズ120×120×25mm
重さ150g
回転速度1100RPM(+/- 10%)
騒音レベル23.5dBA
気流レベル46.3 CFM ±10%
ベアリングハイドロ軸受け(4万時間連続回転可)
電気0.35A
電圧12V
定格電力4.2W

NovonestのRGBファンの仕様は基本的な自作PC用ファンと同じと思ってOK。

ただし、RGBファンはピンの形状がちょっと特殊で、コントローラーの接続は4ピンペリフェラルコネクタとなる。電源ユニットにペリフェラルコネクタが無い場合は注意しよう。※ペリフェラルピンのため、ファンの回転速度をコントロールするには別途ファンスピードコントローラが必要だ。

また、NovonestのファンはThemaltakeやコルセアのRGBファンのようにソフトウェアでファンの色や光り方を変更できないというのは注意しておきたいポイント。

Novonest 120mm RGBファンの取り付け方

NovonestのRGBファンをPCに取り付ける前に、まずは付属の防振パッドをファン本体に取り付けていく。防振パッドはファンの四隅(ネジ穴部分)に粘着テープで簡単に取り付けることができるので、RGBファンの裏表すべてに忘れないように取り付けよう。

RGBファンに防振パッドを取り付けるのを忘れてしまうと共振してうるさくなってしまう。全ての防振パッドを取り付けるのは若干大変ですが、忘れずに!

付属するLEDコントローラには6つのファンコネクタが搭載され、合計6基のNovonest RGBファンを制御可能

RGBファンに付属していた接続用のコネクタ電源ユニットから出ているペリフェラルコネクタと接続し、コントローラーの「DC12V」と書かれているところに繋げる。※若干見づらいですが、RGBと書かれている逆側。

PCファンはFAN1FAN2FAN3と順に接続すればOK。※ピンには向きがあるため、間違えないように気を付けよう。

付属する説明書が英語でしかも簡潔すぎるため、初心者には分かりづらいかもですが、PCファンの接続は全く難しくないので、簡単に取り付けられると思う。

Novonest 120mm RGBファンの使用感&レビュー

僕が購入したのは、Novonest 120mmPCケースファン RGB LEDリング搭載 25mm厚 3本1セットという製品でAmazonでの価格は2,750円

3本1セットの商品は現在売り切れてしまっており、120mmはNovonest 120mmPCケースファン RGB LEDリング搭載 静音タイプ 25mm厚 (5本1セット)しか販売されていないですが、実際に使用してみて、価格から考えれば品質も良く、コスパはどのRGBファンよりも優れていると感じた。多少の音は鳴りますが、特に気になるというほどでもない。

購入前には気になっていた低価格製品独特のチープさもなく、LEDはよく光り、光り方もかっこいい。※付属のリモコンではLEDの色、レインボー時の色の速さ、明るさが調整できる。ソフトウェア制御ではないので要注意。

View this post on Instagram

#rgb#pcfan#pcsetup#pcbuild#windows#自作pc#f4f#l4l

A post shared by yusuke (@iyusukejp) on

Novonest 120mm RGBファンはこの価格でレインボーLEDに対応しているというのも大きなポイントだ。この価格でこのLED・・・かっこよすぎだろ!※PCケース上部には手元にあったブルーのLEDファンを取り付けてます。

ちなみに、僕の環境ではリモコンに触れていないのにRGBファンが白く点滅する不具合が発生した。Novonestに相談してみるとLEDの初期不良とのことで無事交換品を送ってもらえたので、アフターサービスもばっちり。

NovonestのRGBファンが不具合かな?と思った時はNovonestの人が教えてくれた以下の方法を試してみると直るかも・・・です。

Novonest RGBファンの光り方がおかしい時の対処法

最後に、初期不良で相談した時にNovonestの人が教えてくれたRGBファンの光り方がおかしいと思った時に試すと直るかもしれない方法をご紹介する。リモコンで操作できるので、あれ、おかしくね?と思った時はお試しあれ。

1, リモコンのOFFボタンを押す。
2, AUTOボタンを長押しする。
3, 青、赤、緑のLEDが表示される。
4, 青色のボタンを何度か押して右から順に赤、緑、青になるようにする。
5, もう一度OFFボタンを押して終了する。

念のため、最後にPCを再起動。もしかしたら、起動後にRGBファンのおかしくなっていた表示が戻ってるかも・・・です。

これでも改善されなかった場合はNovonestに相談してみよう。

安くてコスパの良い光るPCファンを探してるなら「Novonest RGBファン」はおすすめ

Novonest 120mm RGBファンは低価格でコスパが非常に良いPC用LEDファンなので、価格を抑えたいという人光ってさえくれればOK!という人にはかなりおすすめのRGBファン。

ただし、PC内の温度をしっかり下げたいという人やもっと静音性の高いRGBファンが良いという人はもしかしたら不満が出てくるかもしれない。品質重視の人はCorsair(コルセア) LL120 RGBファンなど、有名メーカーの堅実な製品を購入するのがおすすめです。

低価格でコスパの良いRGBファンという前提で選ぶのであれば、NovonestのRGBファンは良い選択になりそう!

-自作PC

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.