GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)をレビュー。7万円で買える座り心地最高なオフィスチェアを試す

Rasical GrowSpica Pro(グロウスピカプロ) レビュー 座り心地と機能について

広告またはアフィリエイトを含みます。

こんだけ高機能で7万円は…ガチ。

Rasical Japan合同会社より、多機能オフィスチェア「GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)」をご提供頂いたので、デザインや組み立て方をチェックしつつ、使用感や座り心地、調整機能についてレビューをお届けです。

記事の後半では「オカムラ コンテッサ」「オカムラ コンテッサ セコンダ」とも簡単に比較していこうかと思うので、GrowSpica Proの購入を検討している人はぜひ参考にどうぞ。

GrowSpica Proの価格は69,825円。クラウドファンディング支援総額3,778万円の座り心地は伊達じゃない。GrowSpica Proは3,000円オフクーポンが利用できるRasical公式HPからの購入がおすすめです。クーポンコードは記事の最後に記載しているのでご活用を。

※Update, GrowSpica Base/Pro用のボタン式4D新型アームレストが登場したので追記。使用感も操作性もめっちゃ良くなってます。ボタン式アームレストのレビューは以下からどうぞ。

#GrowSpica Base/Pro用ボタン式4Dアームレストをレビュー。操作性抜群で圧倒的に使いやすくなった

Growspica
¥69,875 (2023/05/17 16:11時点 | Amazon調べ)

GrowSpica Proをレビュー。快適な座り心地&正しい姿勢に導くオフィスチェアを試してみる

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ) 使用感や座り心地、機能や組み立て方のレビュー

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)は、人間工学に基づいて作られた自然に正しい姿勢を保てるオフィスチェア。

GrowSpica Proについて知っておきたいトピックは…

  • 69,825円で買える多機能オフィスチェア
  • 4Dアームレスト、135度リクライニング、2Dヘッドレスト、収納型フットレスト、背面調整、ランバーサポートなどの豊富な調整機能
  • レバー1本で座面/リクライニング/座高を調整できる
  • 自然な姿勢で座ることができて首や腰の負担、疲労感を軽減
  • 可動するランバーサポートで前傾姿勢にも対応
  • モダンでクールなデザイン

上記のとおり。これだけ多機能なオフィスチェアが7万円で買えちゃうのは本当に秀逸です。

デスクワーク中に首や腰が痛くなったり、姿勢が原因で疲労感を感じたり…GrowSpica Proは自然に背筋が伸びるよう導いてくれるほか、生産性も確実に向上させてくれるんじゃないかなぁと。

GrowSpica Proの組み立て方法については以下の記事でダダっと解説しているので、こちらも参考にどうぞ。

#GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)の組み立て方とHowTo

モダンでクールなデザインを眺める

GrowSpica Pro デザイン

それじゃ、まずはGrowSpica Proのモダンでクールなデザインを眺めつつレビューといきましょう。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)の全体的なデザインはこんな感じ。

なかなかに特徴的な外観のフレームですが、このデザインは人間工学に基づいたもので、腰や首、身体への負担を最小限に抑えてくれます。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  アームレストとランバーサポートのデザイン

腰を支えてくれる動的可動式のランバーサポートはこんな感じ。

姿勢や腰のカーブに合わせて自動的に調整して常に腰椎が自然なS字カーブを保ち、椎骨や肩にかかる力を軽減してくれるのですが、こいつが良い感じに腰を支えてくれます。

人によっては、ランバーサポートが前に出ていて圧迫感を感じる場合もあるかもですが、背面の高さを調整し、ある程度"当たり"を調整できるので、デメリットになるほどではないかなと。

GrowSpica Proのアームレストはちょっと硬めでわずかな弾力性もあります。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  調整レバー

座面右側に搭載されている調整レバー。

詳細は後述しますが、GrowSpica Proはこのレバーが最高に優れモノで、レバーひとつで座面の前後、座高の調整、リクライニングが可能です。ガチで操作しやすい。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  背面 ランバーサポート

GrowSpica Proをもう少し違う角度から見てみましょう。

フレームやアームレストにはポリマーナイロンとガラス繊維を組み合わせた複合素材が採用されていて……

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  背面のPU製フレーム

フレームはさらっとしていてマットな質感。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  フルメッシュ ズームで撮影

細かく格子状に連なるメッシュは通気性抜群です。

GrowSpica Proは座面と背面、ヘッドレストにWINTEX製フルメッシュが採用されていて、適度な弾力があるほか、フレームが太ももの裏に当たって痛い…っていうメッシュ製オフィスチェアにありがちなシチュエーションも少ないのもメリットの1つ。

キャスターの動きも比較的スムーズで、PU製なのでフローリングを傷つけにくいのもポイントです。

GrowSpica Proの使用感と調整機能について

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  リクライニング調整ホイール

リクライニングの強さも調整可能。

さて、ここからはGrowSpica Proの調整機能や座り心地、使用感について簡単にレビューをお届けです。

僕がGrowSpica Proを最高に気に入っている理由は、レバー1本で座面の前後や座高の調整、リクライニングが出来ること。これがほんと優秀でレスポンス良好。操作性も抜群です。

GrowSpica Proが搭載する調整機能は以下の通りなので、「GrowSpica Pro買うべきかどうか悩んでる…」ってブラザーはぜひ参考にどうぞ。

圧迫感を軽減できる座面の前後調整

高級オフィスチェアに多い「座面の前後調整」は、座り心地に直結する機能ですが、GrowSpica Proもばっちり搭載。レバーを前に倒すことでググっと動かせます。

座面を前後に調整できるということは…太ももの接地面を増やせるということ。座面は前後6cmまで調整できるので、最適な位置に移動させて圧迫感を軽減できる。

可動式のランバーサポート

GrowSpica Proの「動的可動式のランバーサポート」は腰を支えて背骨がS字カーブになるよう補助してくれるため、骨盤が立っている理想的な着座姿勢へと導いてくれるというのも大きなトピックの1つ。

ただ…横から見てみても分かる通り結構前に出ているので、人によっては圧迫感を感じる人もいるかもしれません。

ランバーサポートは前方に5段階、最大2.5cm突き出すことができますが、後ろに下げる機能はなし。

背面の高さ調整

GrowSpica Proはなかなかに稀な「背面調整機能」を搭載しており、持ち上げるだけで簡単に背面の高さを調整可能です。

背面の高さを調整することでランバーサポートの高さも調整できるため、腰への当たりを強く感じた場合は適度な位置に調整するとよき。

背面は14段階で最大7cmの調整が可能です。

ちょうどいい高さや角度に調整できるアームレスト

GrowSpica Proは前後/左右/高さ/角度が調整できる4Dアームレストを搭載。自分に合う高さや角度に調整することができるほか、動きも比較的スムーズです。

アームレストの高さ調整はコンテッサほど滑らかではないので調整に手間取ることもありますが、これだけの機能があれば問題なし。普段使っていて気になることはないかも。

※GrowSpica Base/Pro用の「ボタン式4Dアームレスト」が登場したのでちょこっと追記。新型アームレストは使用感も操作性もめっちゃ良くなってます。レビューは以下からどうぞ。

#GrowSpica Base/Pro用ボタン式4Dアームレストをレビュー。操作性抜群で圧倒的に使いやすくなった

快適な使用感のヘッドレスト

GrowSpicaのヘッドレストは高さと角度の調整が可能で、簡単に自分に合った位置に調整できるのもGood。

Rasical公式HPによれば、頭が傾くと数倍の負荷が首にかかるとのことなので、ヘッドレストは取り外すこともできますが…なるべく使用したいところ。

人間の頭は体重の約10%と言われており、姿勢が崩れ、首が傾くと、頭の数倍の負荷が首にかかります。GrowSpicaなら高さ・角度調整可能で、自分に合った位置調整も可能です。

Rasical公式HP

足を伸ばしてゆったりできるフットレスト

GrowSpica Proはゆったりくつろぎたい時に嬉しい「収納型フットレスト」も搭載しており、フットレストは、足元のレバーを動かしてロックを解除すれば簡単に引き出すことができます。

フットレストを含め、GrowSpicaは全部の機能がユーザーファーストでお手軽。

GrowSpica Proはリクライニングした時の心地よさが至高

GrowSpica Proが優れているのは"リクライニングの快適さ"。ヘッドレストが重たい頭を支え、ランバーサポートが背筋を適度に伸ばしてくれるので、もうめっちゃ快適です。

今GrowSpica Proのレビューを書きながらGrowSpicaに座っていますが、ちょっと疲れたなぁってなったらすぐリクライニング。…なんなら気持ち良いくらい快適。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  リクライニングの角度 通常時
GrowSpica Pro(グロウスピカプロ) リクライニングの角度 最大時

GrowSpica Proのリクライニングは4段階で最大135度の調整が可能です。7万円でこれだけ高機能&座り心地の良いオフィスチェアはそう無いので、GrowSpica Proはほんとコスパがえぐい。

Growspica
¥69,875 (2023/05/17 16:11時点 | Amazon調べ)

GrowSpica Proのスペックと仕様のまとめ

製品名GrowSpica Pro
(グロウスピカ プロ)
サイズ幅518×奥行670×高さ1080-1328mm
重さ:21.1Kg
座面高さ46.5~58cm
幅51.8×奥行67~70cm
奥行60mm/5段階
リクライニング90~135度/4段階
ヘッドレスト幅34×奥行14.5~21cm
高さ6.5cm 回転角度38度
アームレスト高さ64~84.3cm
高さ8.5cm/17段階
前後5.5cm
左右2.5cm
角度 内20°/外18°
ランバーサポート調整範囲:奥行2.5cm/4段階
背面調整高さ7cm/14段階
耐荷重135Kg
カラーブラック
ホワイト
フレームポリマーナイロン+ガラス繊維
+ポリプロピレン
シャーシスチール
キャスター直径6.5cm
ポリウレタン製
その他WINTEX製フルメッシュ
KGS製シリンダー

20万円超えのコンテッサと7万円のGrowSpica Proを比較

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  コンテッサ コンテッサセコンダ 比較

左からGrowSpica,ContessaⅡ,Contessa

せっかくなので、GrowSpica Proと20万円超えのオフィスチェア「オカムラ コンテッサ」「オカムラ コンテッサ セコンダ」をダダっと比較。

がっつり比較すると記事が長くなり過ぎちゃうので、ほんとさらっと見ていきましょう。あくまで簡単な比較レビューです。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  コンテッサセコンダの比較
GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  コンテッサとの比較

左がコンテッサセコンダ、右がコンテッサとの比較。いずれも座面は一番低い位置ですが、GrowSpica Proは背面が高めで全体的に大きい。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ) とコンテッサセコンダのアームレストの比較

左:ContessaⅡ、右:GrowSpica Pro

アームレストはGrowSpica Proのほうが幅広で固め。高さ調整はコンテッサのほうがスムーズ。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ) のランバーサポート
コンテッサのランバーサポート

左:GrowSpica、右:Contessa

ランバーサポートはどちらも搭載していますが、コンテッサは当たりが弱く、GrowSpica Proのほうが当たりが強めかなと。

腰をしっかり支えてくれてる感じはGrowSpicaのほうがあります。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ) とコンテッサ 座面の比較

座面を比較してみるとこんな感じ。コンテッサは座面が平らで"あぐら"をかくことができますが、GrowSpica Proは座面がカーブしており、座面であぐらをかくとフレームの端が当たる。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  コンテッサセコンダの背面を比較
GrowSpica Pro(グロウスピカプロ) とコンテッサセコンダの前面を比較

コンテッサは左右のアームレストでリクライニングと座面の高さを調整できますが、側面のレバーだけで座面、高さ、リクライニングができるGrowSpicaはめっちゃ優秀ですね。

さすがに価格が3倍以上もするコンテッサセコンダのほうが機能の精度や座り心地は快適かもですが、正しい姿勢へ導いてくれたり、ゆったり座れるというのはGrowSpica Proも同様。リクライニング時の心地よさはGrowSpica Proのほうが僕の好みかなぁと。

GrowSpica Proは価格と性能のバランスが化け物。7万円でこれだけ高級チェアに迫れるGrowSpica Proは…コスパがえらいことになってる。

#GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)の組み立て方とHowTo

レビューまとめ!GrowSpica Proは確実に疲労感を軽減してくれる素敵なオフィスチェア

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  レビュー 使用感と座り心地

各調整機能をチェックしたり、オカムラ コンテッサとも簡単に比較してきたので少々長めなレビュー記事になりましたが、最後に「Rasical GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)」の僕のレビューと評価をまとめておきます。

GrowSpica Proはほんと気になるところがない良いオフィスチェア。耐久性については1年ぐらい使ってみないと分からないけど、使っている印象では頑丈で耐久性も高そうです。

使用感と座り心地は…間違いなく価格以上。

GrowSpica Pro レビュー&評価

7万円で買えるのにハイエンドな座り心地。

✓good!

  • 自然で正しい姿勢に導いてくれる
  • 圧倒的多機能で自分に最適な位置に調整できる
  • 疲労感や負担を軽減
  • レバー1本で座面/リクライニング/座高を調整
  • 7万円で買える驚きのコスパ
  • シンプルにかっこいい

×not good

  • キャスターの動きは若干ひっかかるかも
  • アームレストの高さ調整がちょっとしにくい
  • ランバーサポートの当たりが強く感じる人もいるかも

★Rate

デザイン機能操作性座り心地コスパ
SS+ASS+
総合評価★★★★☆(4/5)

※レビューの評価基準についてはこちら

僕は1日の大半を座って何かしら作業してるので、オフィスチェアの質は仕事の質と生産性に大きく影響するのですが、GrowSpica Proは長時間座っていても疲労感を感じにくいので、「人間工学に基づいて作られた、姿勢を保つ超集中ワークチェア」のキャッチコピーに偽りなし。

コンテッサ セコンダから乗り換えても特に不満なく使えているので、その座り心地と快適性、機能性は確かかなぁと。僕の中で"ほぼ"最高評価です。

GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)  パッケージの段ボール

パッケージがすべて段ボールでまとめてリサイクル出来たのも好印象。

さすがに20万円超えのオフィスチェア(コンテッサなど)と比べると、アームレストの調整がちょこっとだけしにくかったり、キャスターの動きにひっかかりを感じることもありますが、7万円でこれだけの機能を搭載し、快適な座り心地を実現しているのは驚き。

最後に、ラシカル公式ストアで利用できる3,000円オフクーポンも記載しておくので、こちらもぜひご活用を。

GrowSpicaの3,000円オフクーポン

GrowSpicaProは全部の機能がもれなく優秀…。価格と性能のバランスもびっくりするくらい良くて、コスパと機能、そして生産性を追い求めるなら最適な選択肢になりそう。

がちでおすすめできるオフィスチェアだと思うので、気になっている人はこの機会にお試しあれ。

GrowSpica Base/Pro用のボタン式4D新型アームレストが気になるブラザーは以下の記事もあわせてどうぞ。

#GrowSpica Base/Pro用ボタン式4Dアームレストをレビュー。操作性抜群で圧倒的に使いやすくなった

Growspica
¥69,875 (2023/05/17 16:11時点 | Amazon調べ)

GadgetReview

Posted by Yusuke Miyamoto