Insta360 Ace Proをレビュー。GoProより大きいセンサー&リッチなスペックで画質も超綺麗なアクションカメラ

Insta360 Ace Proをレビュー

広告またはアフィリエイトを含みます。

ガチで素敵なアクションカメラ。

Insta360 Japanより、5nmプロセスのAiチップと1/1.3インチセンサーを搭載し、ライカと共同開発した映像技術や優れた低照度性能を備えるアクションカメラ「Insta360 Ace Pro」をご提供頂いたので、デザインを実機写真で眺めつつ、スペックや機能をおさらいしつつ、レビューをお届け。

4,800万画素の写真や4k/120fpsの動画、低照度撮影用のPure Video、スターラプス、タイムシフトなど、様々な撮影機能に対応するほか、2.4インチのフリップ式スクリーンを搭載するのも大きなトピック。

Insta360 Ace Proは、Amazonや楽天でも購入可能ですが、Insta360公式ストアで購入するとスクリーンプロテクターが特典として付属するので、価格を見比べてみて、同じ場合は公式ストアで購入するのがおすすめかも。

※Update 2024/2/26, 2月28日(水)16時よりInsta360公式ストアで新生活セールが開催。詳細は当日に追記しますが、Insta 360 Ace Pro(通常版)もセール対象で価格は67,800円 → 60,300円とお得に購入できます。この機会をお見逃しなく。

Insta360 Ace Proをレビュー。GoProよりもリッチなスペックのハイエンドアクションカメラ

Insta360 Ace Pro パッケージ
Insta360 Ace Pro パッケージの梱包

Insta360 Ace Proは、Insta360とライカが共同開発した業界をリードする性能を誇るフラグシップアクションカメラ。

1/1.3インチセンサーを搭載し、優れた描写性能を誇るほか、8k/24fps動画や4k/120fps動画、4,800万画素写真、低照度の暗所撮影に特化したPureVideoなど様々な撮影モードを搭載し、2.4インチのフリップ式タッチスクリーンも搭載しています。

#Tips
エントリーモデルとなる"Insta360 Ace"もラインナップ。こちらはライカとの共同開発ではなく、センサーは1/2インチ。最大6k/30fpsでの動画撮影に対応します。ソフトウェアはInsta360 Ace Proと同じ。価格は55,000円。

Insta360 Ace Proについて知っておきたいトピックは以下の通り。

  • GoPro Hero12の1/1.9インチセンサーよりも大きい1/1.3インチセンサーを搭載
  • ライカとの共同開発
  • 4k/120fpsスローモーション動画
  • 低照度に特化したPureVideo
  • 4k/30fps以下の動画で自動でONになるアクティブHDR
  • 2.4インチのフリップ式スクリーン
  • 単体で10mの防水性能(潜水ケースで60m)
  • FlowState手振れ補正と水平維持

4k/30fps以下の動画で自動でONになり、動きのあるシーンで動画を安定させ、ハイライトとシャドウのサイズを維持してより鮮やかな映像を実現する"アクティブHDR動画"も大きな特徴でありメリット。

Insta360 Ace Proの充電用USB Type-Cケーブル
Insta360 Ace Proの説明書とステッカー

左:USB Type-Cケーブル、右:説明書とステッカー。

パッケージにはAce Pro本体(バッテリー装着済み)、フレキシブル粘着マット、標準マウント、USB Type-Cケーブルが付属します。

Insta360 Ace Proの標準マウント
Insta360 Ace Pro フレキシブル粘着マット

左:標準マウント、右:フレキシブル粘着マット

Insta360 Ace Proの標準キットにmicroSDカードは付属しないので、必要な場合は別途ご購入を。Ace Proは内臓ストレージを持たないですが、最大1TBまでのmicroSDカードに対応します。

4K動画などをメインで使用する場合はなるべく転送速度が速いものがおすすめですが…ひとまず130MB/sくらいあればストレスは感じないかなと。僕はSamsung Evo Plus 256GB使ってます。

Insta360 Ace Pro 純正スクリーンプロテクター

ちなみに、Insta360公式ストアで購入すると「Insta360 Ace Pro純正スクリーンプロテクター」がもらえますが、詳細が気になる人は以下の記事もあわせてどうぞ。

さすが純正なだけあり、Ace Proの画面にジャストフィット。しっかり守ってくれる。

#Insta360 Ace Proの純正スクリーンプロテクターをレビュー。高品質でがっちり画面保護

剛性を感じられるガジェット感満載なデザイン

Insta360 Ace Pro レビュー デザイン
手に持つと確かな剛性を感じられる堅牢さ。

ここからはInsta360 Ace Proのデザインを実機写真多めで眺めていきましょう。

特徴的なのは"LEICA"の刻印が入った大きなカメラレンズ。1/1.3インチセンサーを搭載し、フロントには動画の撮影サイズやフレームレート、画面比率などの情報を確認できるサブディスプレイを搭載。

Insta360 Ace Pro 電源ボタンとスロットカバー
Insta360 Ace Pro USB-C端子とmicroSDカードスロット

正面から見てボディ左には電源ボタンとmicroSDカードスロットとUSB Type-C端子を搭載。microSDカードスロットとUSB端子はカバーに守られていて、パチッと開閉することができます。

そこまで気になるわけではないですが…カバーを開いている状態だとパカパカする。

Insta360 Ace Pro バッテリースロット

ボディ右側には取り外し可能な容量1,650mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、バッテリーをいくつか用意しておけば電池切れになったとしても、いつでも交換できるのは嬉しいポイント。交換用バッテリーや充電器は公式ストアで購入可能です。

Insta360 Ace Proは急速充電にも対応しており、30W急速充電アダプター使用時は46分でフル充電ができるパワフルさも備えていますよ。

Insta360 Ace Pro ライカレンズ

大きなカメラレンズには"LEICA"と"SUPER-SUMMARIT – A1:2.6/16 APH."のロゴ。ミラーレスや一眼カメラでよく見かけるスタイルでクール。

Insta360 Ace Pro ロゴ
Insta360 Ace Pro ボディ下部のセンサースペックの印字

ボディ下部には"Insta360 Ace Pro"のロゴとカメラセンサーのスペック(1/1.3″ F2.6 16mm equiv)が記載されてます。

Insta360 Ace Proのシャッターボタン

上部にはシャッターボタンを搭載しており、押下圧が高く、若干固めですが…カチッとしたクリック感もあり、激しいスポーツやアクティビティ中などに誤操作が無いので安心。

Insta360 Ace Proのマグネット式マウント装着部

Insta360 Ace Proのボディ下部にはマウントを装着するためのマグネットとスピーカー。

Insta360 Ace Proのフリップ式タッチスクリーン

背面には2.4インチのフリップ式タッチスクリーンを搭載しており、プレビューしながらのセルフィーも超簡単です。

Insta360 Ace Pro スクリーンをフリップした状態
Insta360 Ace Pro 背面

ちなみに、フリップ式スクリーンは左右のボタンを押し込むとツメが引っ込み、ロックが外れる仕組みになっていて、画面が勝手に開いてしまうこともありません。

超絶使いやすいマグネット式の標準マウント

マウントの向きは印字で分かる。

Insta360 Ace Proは標準マウントがめっちゃ使いやすくて。マグネット式になっているので、両側にあるボタンを押しながら近づけるだけでパチッとくっついてくれます。

画面のちらつきはシャッター速度によるもの。実際はちゃんと表示されてる。

あらかじめカメラグリップなどに標準マウントを取り付けておけば、マウントをはめ込んで、ネジを回して…みたいなことをやらなくていいのは素敵過ぎる。

Insta360 Ace Proのマウントには向きがあるので、取り付ける時はご注意を。

汎用性抜群な2.4インチフリップ式スクリーン

Insta360 Ace Pro 設定画面とプレビュー
画面は明るく解像度も高いのでプレビューも見やすい。

お次はInsta360 Ace Proの「フリップ式2.4インチタッチスクリーン」について、もうすこし補足を挟みつつダダっとご紹介です。

  • 0° – 90°
    • 通常のシーンやローアングル、その他のクリエイティブなアングルの撮影向け。
  • 180°
    • 自撮りやVlog向け。いつでも簡単にプレビューできるので構図が精確になる。

フリップ式スクリーンの主な用途はこんな感じ。とにかく汎用性が抜群で使いやすいほか、メインスクリーンをそのまま自撮りで使えるので、これはGoProやOsmoActionには無いInsta360 Ace Proの明確なメリットですね。

左右に動かすことはできないですが、0°~180°までの範囲なら自由に動かせるので、例えば、プレビューを確認しつつ、低い位置からタイムラプスを撮影する…みたいな使い方もできます。

フリップ式スクリーンは普段はロックされていて、ボタンを押すとツメが外れて開閉できる仕組みなのですが、開閉もスムーズで簡単。ガチで便利。すごく好き。

Ace Proで実際に写真や動画を撮影してきた

Insta360 Ace Pro カメラレンズ

それじゃ、ここからはInsta360 Ace Proでどんな写真や動画が撮影できるのか、実際に撮影してきた写真&動画を眺めつつ、レビューをお届けです。

#Tips
表示速度をなるべく落とさないよう写真や動画は大幅に圧縮しているため、こんな感じの映像が撮影できるのか…くらいの気持ちで参考にしてもらえれば。実際の映像は100倍綺麗です。

Insta360 Ace Proのカメラスペック

センサーサイズ1/1.3インチ
35mm判換算焦点距離16mm
絞り値F2.6
露出±4EV
ISO感度100 – 6400
ホワイトバランス2000 – 10000K
シャッター速度(写真)1/8000 – 120秒
シャッター速度(動画)1/8000 –
フレームレートの逆数

Insta360 Ace Proのカメラスペックは上記のとおり。いくつかの撮影モードで実際に撮影した写真を眺めつつ、レビューしていこうかと思うので、Insta360 Ace Proの購入を検討している人は参考にどうぞ。

ライカと共同開発した性能は本物で画質は抜群。…撮影していてめっちゃ楽しいアクションカメラ。

※GoPro Hero12との比較や低照度に特化した撮影モード"PureVideo"については後日別記事で詳しく記載予定。スターラプスなんかも試せればいいなって思ってる。

コントラストくっきり「HDR写真」

Insta360 Ace ProのHDR写真で撮影した雲
HDR写真,PureShot,9MP

まずはInsta360 Ace Proでもよく使うモード「HDR写真」から。全体的に1/1.3インチセンサーの恩恵で多くの光を捉えており、広いダイナミックレンジ&色再現も忠実な印象です。

空の明暗もくっきりはっきり。

写真,PureShot,36MP
写真,PureShot,36MP

HDR写真では"最大12MP"、写真では"最大48MP"の解像度で撮影可能となっており、最大解像度はアスペクト比(画面比率)によって変化。写真モードの場合、16:9は最大36MP、4:3は最大48MP。HDR写真だと16:9で9MP、4:3で12MP。

ULTRA(超広角)
歪みが少ないデワープ

写真モードでは、登山やハイキングなどのアウトドアスポーツのように広角撮影が必要なシーンに適した「ULTRA(超広角)」と歪みが少なく、スキーやVlogに適した「DEWARP(広角)」の2つのFOVから選択可能なので、取りたい構図で使い分けるとよき。

Insta360 HDR写真
夜でも明るくて綺麗な写真を撮影できる。

Insta360 Ace Proは、パッと取り出してさっと撮影しても綺麗な写真が撮影できるので、旅先やアクティビティで活躍してくれること間違いなしです。

ド安定でキレイな映像を撮影できる動画モード

Insta360 Ace Pro フリップ式スクリーンを開いた状態
フリップ式スクリーンで自撮りも超簡単。

お次はInsta360 Ace Proの基本機能「動画」について。メインで使用するのは実用性や画質、パフォーマンスで優れる4k/30fpsまたは4k/60fpsになるかと思われますが、画質と映像のクオリティはさすが。

Insta360 Ace Proは、圧縮しているのが申し訳なく感じてしまうほど全体的に鮮やかに動画を撮影できる印象で、風で揺れる草、木の輪郭や流れる水なども繊細に映してくれているかなと。

#Tips
Insta360 Ace Proは、FlowState手ブレ補正が超絶優秀。動きの激しい状況で撮影する場合は手ブレ補正レベルを"高"に設定することで大幅に手ブレを軽減することができます。

画面をダブルタップするだけで画質を損なうことなく2倍ズームできる"クラリティズーム"にも対応するほか、ULTRA(超広角)だとFOVも適度に広いので、風景の撮影にも最適。旅行に持っていて風景を撮影したり、旅の道中を撮影したり…綺麗に映像を残せます。

水中でも明るく、鮮やか、かつ鮮明に撮影可能で、単体で10mの防水性能を備えているため、Insta360 Ace Proは、スノボやキャンプ、海、旅行に行くときは絶対連れていきたいアクションカメラ。

4k/30fps以下の動画で自動でオンになる"アクティブHDR"の効果が絶大なので、旅行の記録やVlogなど、高フレームレートが必要ない映像は4k/30fpsでの撮影がおすすめです。

#Tips
Insta360 Ace Proは、動きのあるシーンでも動画を安定させ、ハイライトとシャドウの細部を維持してより鮮やかな映像を実現する「アクティブHDR」に対応。4k/30fps以下の動画モードで撮影すると自動でONになります。

低照度でもノイズを低減「PureVideo」

お次は低照度に特化した撮影モード「PureVideo」について。

これがものすごく素敵で、Insta360 Ace Proの1/1.3インチセンサーで多くの光を取り込み、5nmAIチップによるAIノイズ除去でノイズを大幅に低減して輝度を向上。低照度でも綺麗な映像を撮影することができます。

PureVideo時の画質は最大4k/30fps。Insta360 Ace Proなら夜空の雲までばっちり映してくれてますね。…エモい。

光源があれば夜でも超明るくて鮮明な動画が撮れる。

お店やLEDのイルミネーションがある場所は光源も豊富なので、夜でもより明るい映像を撮影できます。

Insta360 Ace Proの低照度の撮影機能については、以下の記事でがっつりご紹介しているので、こちらもぜひ参考に。スターラプス&スタートレイルが猛烈に楽しいです。

#Insta360 Ace Proの低照度撮影を試す。PureVideoは抜群に明るくてスターラプスは超楽しい

AIでおしゃれに編集「タイムラプス動画」

画質:4k、インターバル:2sで撮影。

気軽に映える映像を撮影するなら「タイムラプス動画」も外せません。Insta360 Ace Proは撮影時間やインターバルを設定するだけで素敵なタイムラプス動画を撮影できるほか…

Insta360アプリ タイムラプスの編集画面

Insta360アプリでは、AI編集を活用してめっちゃ簡単に素敵な動画を作ることも出来ます。

Insta360アプリにかかれば、定点撮影したタイムラプスも動きのあるノスタルジックな動画に早変わり。

フィルターや動画のスピード、セグメント、鮮やかさもアプリで簡単に編集できるので、簡単に映える動画が作れます。この時期だと寒空の中、数十分耐えるのが辛いけど…Insta360 Ace Proは画質が超絶綺麗なので、完成後のタイムラプスを見るのが特に楽しい。

Insta360 Ace Proのスペックと仕様

名称Insta360 Ace Pro
サイズ71.9mmx52.15mmx38.5mm
179.8g
センサーサイズ1/1.3インチ
絞り値F2.6
35mm判換算焦点距離16mm
露出±4EV
ISO感度100 – 6400
ホワイトバランス2000 – 10000K
シャッター速度写真:1/8000 – 120秒
動画:1/8000
– フレームレートの逆数
動画
(最大4K30fps撮影時に
アクティブHDR有効)
8K (16:9) : 7680×4320 最大24fps
8K (2.35:1) : 7680X3272 最大24fps
4K (4:3) : 4032×3024 最大60fps
4K (16:9) :3840×2160 最大120fps
2.7K (4:3) : 2688×2016 最大60fps
2.7K (16:9) : 2688×1520 最大120fps
1440P (4:3) : 1920×1440 最大60fps
1080P (16:9) : 1920×1080 最大240fps
フリーフレーム4K (4:3) : 4032×3024 最大60fps
PureVideo4K (16:9) : 3840×2160 最大30fps
2.7K (16:9) : 2688×1520 最大30fps
1080P (16:9) : 1920×1080 最大30fps
スローモーション4K (16:9) : 3840×2160 最大120fps
2.7K (16:9) : 2688×1520 最大120fps
1080P (16:9) : 1920×1080 最大240fps
写真画素数4800万画素 (8064×6048)
3600万画素 (8064×4536)
1200万画素 (4032×3024)
900万画素 (4032×2264)
連続録画時間100分
※4k/30fps アクティブHDR動画時
フォーマット動画:mp4
写真:jpg, DNG RAW
コーデックH.265, H.264
音声ファイル形式48 kHz, 16-bit, AAC
ストレージ最大1TBのmicroSD対応
※別売り
バッテリー1,650mAh
その他動作温度:-20~-40℃
防水性能:10m
Bluetooth5.2
802.11 a/b/g/n/ac
USB Type-C
6軸ジャイロ
発売日2023年11月21日
価格67,800円(税込)

レビューまとめ!Insta360 Ace Proは画質に妥協したくない人におすすめなアクションカメラ

さてさて、Insta360とライカが共同開発した画質最強アクションカメラ「Insta 360 Ace Pro」のデザインを眺めつつ、スペックや機能をおさらいしつつ、実際に撮影した写真や動画を振り返りながらレビューをお届けしてきましたが、最後に僕のレビューと評価をまとめておきます。

4k/30fpsのアクティブHDR動画撮影にHDR写真、PureVideoの低照度撮影、タイムラプス…ガチでなんでも出来るアクションカメラ。

Insta360 Ace Pro レビュー&評価

素敵過ぎて撮影が楽しくなるカメラ。

メリット

  • ライカと共同開発したハイエンドアクションカメラ
  • 超綺麗な画質と豊富な撮影機能
  • PureVideoによる低照度の撮影性能
  • 汎用性の高いフリップ式スクリーン
  • 簡単に取り付けできる磁気マウント

デメリット

  • microSDスロットのカバーがパカパカする
  • 撮影後に数秒の待ち時間がある
  • 競合より少し重い(あまり気にならない)

評価

画質デザイン機能使いやすさコスパ
SSSSA
総合評価★★★★★ (5/5点)

※レビューの評価基準についてはこちら

Insta360 Ace Proの僕のレビューと評価をまとめるとこんな感じ。

業界をリードする画質と高い操作性、豊富な撮影機能を備えているほか、単体で10mの防水性能も備えているので…オールシーズンでアクティビティやスポーツ、旅の相棒になってくれるアクションカメラかなと。

Insta360 Ace Proの価格は67,800円となっており、競合となるGoPro Hero12よりも5,000円高いですが…抜群に綺麗な映像を簡単に、かつ楽しく撮影できるので、もはや誤差。

最強なアクションカメラ探してた…って人はこの機会にお試しあれ。

CameraReview

Posted by Yusuke Miyamoto