iPhone純正イヤフォン「EarPods」を無料で配送修理に出す方法

最近、iPhoneの純正イヤフォン「EarPods」がおかしくなり配送修理に出したので、その時の手順なんかをシェアしようかなと。急にイヤフォンがおかしくなったら困りますよね。ほんとに。

EarPodsはiPhoneがApple Careの保証期間内であれば無料で交換してもらえます。

Appleサポート

   

イヤフォンの配送修理はApple修理サポートから

▲近くにApple Storeがあるなら「持ち込み修理」が楽ちん。

iPhoneの純正イヤフォンEarPodsが壊れた時は、Appleの修理サポートから【修理を申し込む】をクリック。

▲【修理と物理的な損傷】をクリック。
▲次は【イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換】を選択。
▲ここで【配送修理】を選びます。
▲もちろん「イヤフォン」。

イヤフォンの修理以外にケーブルDock電源アダプタが選べます。充電機が壊れた時もここから。この手順を覚えておくと役立つ時がくるかも?

▲自分のiPhoneのシリアル番号を入力すればOK。

ちなみに、iPhoneのシリアル番号は【一般>情報>シリアル番号】で確認できます。

▲「Apple EarPods with Remote and Mic」をクリック。※これはLightningケーブルのイヤフォンじゃないので要注意。

EarPodsを修理対象に選択したら、次は情報入力画面に進みます。

▲自分の住所や必要な情報を入力すればOK。

 

▲規約に同意したら修理の見積もりが表示されるはず。

内容を確認して問題がなければ【修理サービスリクエストを送信】をクリック。

ここで表示されている未返却料はいわば保証みたいなもので、Appleに返却品が10日以内に届かなかった場合やサポート対象外だった場合は支払うことになります。何も問題がなければ請求されることはありません。

▲これで配送修理の依頼はOK!

ひとまず、これで配送修理の依頼は完了です。登録しているアドレス宛てに【部品交換のお申込み完了のお知らせ】というメールが届いているはず。

あとはAppleから新しいEarPodsが届くのを待つだけです。

※iPhone7や7 Plusの場合でも、配送修理で選択できるのは「3.5mmイヤフォン」のみです。Lightningケーブルイヤフォンと間違えないようにしましょう。僕は一度間違えちゃいました。ほんとに要注意。

届いた後にすること

▲イヤフォンが届いたらまずは動作確認。

届いた後にすることと言っても特になく、配達員さんに壊れたEarPodsを渡すだけ。その時に、間違えて違うEarPodsを渡してしまわないようにしましょう。※これもずっと前に経験済み。すぐに電話すればもう一度取り換えに来てくれます。

Apple Careに入ってればEarPods(iPhone純正イヤフォン)も修理できるので、新しく買い直す前にまずは、Apple Careの保障対象内か確認してみましょう!

Source:Apple Support