AirPods MaxとWH-1000XM4を比較!音質やノイキャン性能、立体音響の違いをチェック

Headphone比較

AirPods Max WH-1000XM4 比較

今回のトピックは、2021年のハイエンドヘッドフォンの中でも大注目な"SONY WH-1000XM4"と"Apple AirPods Max"の比較です。

この2つのヘッドフォンって価格は全然違うんですけど、AirPods Maxが発表された時に便乗してWH-1000XM4がTwitterでトレンド入りするくらいに比較されがちなハイエンドヘッドフォンでして。

(AirPods Maxの価格が予想よりも遥かに高かったため、『半額でWH-1000XM4買えるのにw』的な形でトレンド入りしてました)

ざっくり解説すると、AirPods Maxが原音に忠実な音質で優れた外音取り込みモードを備える"全方位性エンターテインメント型ヘッドフォン"。そしてWH-1000XM4が優れたノイズキャンセリングとSONYらしい煌びやかな高音域と厚みのある低音域が特徴の"音楽没頭型カジュアルヘッドフォン"といった感じ。

形状や重さからもWH-1000XM4のほうが取り回しやすいってのは比較するまでもないですが、音質やノイキャン、外音取り込みモードの性能差、使用感についてきっと気になるブラザーもいますよね?

AirPods Maxのレビューから少々日が空いてしまったのですが、僕なりのWH-1000XM4との比較、いってみよう。

※今回はAirPods MaxとWH-1000XM4の比較ですが、あくまでも"僕基準の"です。参考程度にどうぞ。とりあえず、みんなにおすすめするなら"WH-1000XM4"。これは間違い無し。

Apple/ヘッドフォン/オーバーイヤー型/ノイキャン搭載/参考価格:67,980円
SONY/ヘッドフォン/オーバーイヤー型/ノイキャン搭載/参考価格:35,490円

AirPods Max vs WH-1000XM4、デザインや性能を比較

左:WH-1000XM4、右:AirPods Max

それじゃ、まずはAirPods MaxとWH-1000XM4のスペックや性能、デザインの違いからおさらいしておきましょう。

デザインで言えば、AirPods Maxはレトロ。WH-1000XM4はスタイリッシュな印象なのですが、僕としてはどちらも好みで。かっこいいといえるのは"WH-1000XM4"。おしゃれに見えるのは"AirPods Max"ですね。

(AirPods Maxは左右のイヤーパッドが大きいので好みは分かれそうですが...)

それぞれのヘッドフォンのイヤーパッドを並べてみるとこんな感じ。WH-1000XM4よりもAirPods Maxのほうがイヤーパッドは柔らかく、メッシュ素材なので蒸れにくい。

また、AirPods Maxのイヤーパッドはマグネットで簡単に取り外し可能なので、汚れたり、破れたりしても交換できるというのは大きなメリットです。

AirPods Max、WH-1000XM4ともに装着を自動検知する機能を搭載し、近接センサーはイヤーパッド内部に内蔵。

自動検知の精度で言えば、ジャイロスコープや加速度センサー、光学センサーをグイグイ活用して装着を検知するAirPods Maxのほうが上なのですが、どちらも装着を検知して音楽の再生/停止ができるというのはGoodですね。

この2つの高級ヘッドフォンで最も大きくことなるのが"折りたためるかどうか"ということ。WH-1000XM4はコンパクトに折りたたんで持ち運ぶことができるのですが、AirPods Maxは折りたたむことが一切できないのです。

折りたためないということは...? 持ち運びのしやすさも大きく異なっていまして。AIrPods Maxはかさばるというのが最も大きなデメリット。

対して、WH-1000XM4は折りたたんでケースに収納できるので、取り回しやすさは抜群です。ぶっちゃけ、僕はもうAirPodsの持ち運びにくさに慣れてしまったのでバックパックにそのまま突っ込んで持ち歩いているのですが、持ち運びやすさってヘッドフォンにとっては結構重要なファクターだと思うんですよね。

AirPods Maxはこのあたりがデザインを重視しすぎて足を引っ張ている感はありますが...AirPods MaxとWH-1000XM4のより詳しいスペック・仕様については以下の通りです。

AirPods MaxとWH-1000XM4のスペック・仕様

AirPods MaxWH-1000XM4
重さ384g254g
チップW1チップ(各イヤーカップに搭載)高音質ノイキャンプロセッサ"QN1"
ドライバーユニットApple設計 40mmダイナミックドライバー(デュアルネオジムリング磁石)40mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)HDドライバーユニット
形状オーバーイヤー型オーバーイヤー型
ノイキャン
外音取り込み
操作デジタルクラウン(時計の竜頭のようなUI)タッチパネル
接続Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
バッテリーライフ(NC:ON)最大20時間の音楽再生最大30時間の音楽再生
装着検知の近接センサー
充電端子LightningUSB Type-C
発売日2020年12月18日2020年9月4日
発売時の価格67,980円(税込み)44,000円(税込み)

AirPods MaxとWH-1000XM4はいずれもフラグシップモデルにあたるモデルとなり、スペックは鬼つよ。

スペックの比較を見ても分かる通り、ノイズキャンセリングおよび外音取り込みモードはどちらも搭載しているのですが、重さやバッテリーライフ、操作方法などなど、細かいところまで見てみると全然違うくて。

価格はもちろん、デザインや重さ、細かな仕様まで全然違っているんですよね。

当然、AirPods Maxならではの機能。WH-1000XM4ならではの機能なんかもあるため、このあたりも2つのヘッドフォンを比較する上で重要になってきます。

搭載する機能

お次はAirPods MaxとWH-1000XM4の固有の機能について見ていきましょう。

  • 【AirPods Max】
    • W1チップによりApple製品とのシームレスな接続、デバイスの切り替え。
    • マグネット式で取り外せるイヤーパッド。
    • Apple Watchに搭載されている"デジタルクラン(時計の竜頭のようなインターフェース)"を搭載。直感的な操作が可能。
    • Appleの立体音響技術「空間オーディオ」に対応し、映画館にいるかのような音を体験できる。
  • 【WH-1000XM4】
    • 2台のデバイスとの同時接続が可能で、簡単に接続デバイスを切り替えられる。
    • 自分の声を認識して自動的に周囲の音を聞こえやすくする「Speek to Chat」。
    • 右側のイヤーカフを手で覆うことで周囲の音を聞き取りやすくする「クイックアテンションモード」。
    • 圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする技術「DSEE Extreeme」。

上述の通り、機能面で優れているのは"WH-1000XM4"なのですが、特に新機能「Speek to Chat(スピークトゥチャット)」が鬼のように便利で。

WH-1000XM4の"Speek to Chat"は自分の声に反応して自動で外音取り込みモードに切り替えて音楽を止めてくれる機能なのですが、要するに操作することなく声を認識し、外音取り込みモードに切り替えて会話できるのです。

AirPods Maxはボタンを押して切り替えないといけないので...とっさに話しかけられた時の対応のしやすさはWH-1000XM4。

対して、AirPods Maxが機能面で優れてるのは、W1チップによるApple製品(iPhoneやiPad、Macなど)とのシームレスな接続/切り替え。そしてApple独自の立体音響"空間オーディオ"かなぁと。

AirPods Maxの空間オーディオについては後述しますが、こいつが記事冒頭でAirPods Maxを"全方位性エンターテインメント型ヘッドフォン"と例えた最大の理由です。

操作性の違い

WH-1000XM4 操作

次に操作方法の違いについて。WH-1000XM4は右側イヤーカフに搭載されるタッチパネルでの操作になるのですが、操作感はかなり良好で。

左右にスワイプして次の曲/前の曲、タップして再生/停止、2本指で長押しするとSpeek to Chatの切り替え...といった感じで様々な操作を行うことが可能です。

AirPods Max 操作

AirPods MaxはApple Watchに搭載される"デジタルクラン"を搭載しており、こちらの操作性はより直感的。(外音取り込みモードへの切り替えは前面にあるボタンで操作します)

デジタルクラウンは、くるくると動かして音量を調整したり、ボタンを押して再生/停止したり、2回押しで次の曲へ...といったように操作できるのですが、大きな特徴としてAirPods Maxは電源ボタンを搭載していなくて。

スマートケースに収納することで超省電力モードに入る仕様になっています。(デザインには賛否両論こそあれど、使いやすいってのは間違いなしですよ、ブラザー)

AirPods MaxとWH-1000XM4についてはまだまだ語りたいことがあるのですが、全部話しているとあまりにも長くなってしまうので...それぞれのヘッドフォンのレビューについて気になるブラザーは以下の記事もあわせてどうぞ。

至高の音質と静寂のノイキャン「WH-1000XM4」をレビュー

AirPods Maxで原音に忠実な音質とプレミアムな体験を

AirPods MaxとWH-1000XM4を音質で比較

お待たせしました。お待たせし過ぎたかもしれません。ここからはAirPods MaxとWH-1000XM4の音質の比較です。

まずはApple純正ヘッドフォン"AirPods Max"から触れていこうかと思うのですが、こちらの音質はよくも悪くもフラット。SONYやBOSEのような特徴的な音作りとは言えないですが一目瞭然で音質はクリアで。音質が良いと言えるのはこっちかなぁと。

ボーカルもクリアで鮮明ですし、おそらく、多くの人が音質が良いと感じるのもAirPods Maxなのでは? と思うのです。

対して、WH-1000XM4は深く、厚みのある低音が特徴的で。個人的に好みな音はこっちなんですけど...AirPods Maxと聴き比べてみるとクリアさ、音の統一感、分離感で僅かに負けているかなぁと。

僕が感じた音質の傾向は...

  • 【AirPods Max】
    • フラットな音質で、非常にクリアかつ鮮明。Appleさんの謡う"原音に忠実なサウンド"は伊達じゃない。
    • 低音は少々控えめながらも存在感があり、全体的に"粒立ち"な音質。
    • 特徴的な音質ではなく、どちらかというとAirPods ProやAirPodsの延長線上にある感は否めないかも。
  • 【WH-1000XM4】
    • SONYらしい伸びのある高音域と深みのある低音。
    • 全体的な音のボリュームは大きめながら、音の分離感は高い。
    • WH-1000XM3ですでに完成形に達していた音質は健在で、原音に忠実ながら深みを損なわない音。

こんな感じ。どちらの音質が優れているのか? については好みによるかとおもうのですが、少なくとも僕はAirPods Maxのほうが音質が良いと感じました。

音質の好みとしてはWH-1000XM4なのですが...AirPods Maxってとてもクリアで原音を活かした音質なのです。さすが税込み+Apple Care込みで7万円を超えるヘッドフォンなだけあり、音質の良さは確かなものがあるなぁと。

正直なところ、曲によってはWH-1000XM4のほうが良く聞こえたり、全然AirPods Maxのほうが良いわ! ってなったり...WH-1000XM4が倍近く高いヘッドフォンに健闘しているのは確か。

ただ、AirPods MaxとWH-1000XMを何度も聴いて音質を比較した結果、AirPods Max > WH-1000XM4という構図は僕の中で変わらなかったので、ひとまず、この評価に落ち着いておきますね。

ノイキャンの性能差

次に、AirPods MaxとWH-1000XM4の"ノイズキャンセリング"についてなのですが、ノイキャンは高周波数帯域/低周波数帯域ともに正確にシャットアウトしてくれるAirPods Maxのほうが僅かに上な印象。

これまで最強だと思っていた"WH-1000XM4"のノイズキャンセリングも非常に優秀で。しっかり雑音をカットしてくれるのですが、僅かに中・高周波数帯域のカット率でAirPods Maxに負けるかなって感じです。

とはいえ、真横で動作しているPCの動作音はどちらも全く聞こえない程度で、"サーーーッ..."というホワイトノイズはAirPods Maxも、WH-1000XM4もほんの少しだけ聴こえる程度です。

つまり、何が言いたいのかというと...いずれのモデルも"ノイキャン:ON"で音楽を聴いていても、音質に大きな影響は与えていないと感じるため、価格的に考えるとWH-1000XM4の勝ちってこと。

ノイズキャンセリング/外音取り込みモードの切り替えの速さはAirPods Maxの勝ちです。

外音取り込みモードの違いは?

外音取り込みモードについてもじっくり比較してみたのですが、こちらは明確な差がありまして。外音取り込みモードはAirPods Maxの方がより自然でクリア。

WH-1000XM4は1枚薄い膜を張ったような感じで、籠ったように聞こえるんですよね。(十分クリアな音声で会話できますが、AirPods Maxには及ばずです)

AirPods Maxのほうがヘッドフォンを装着したままでも自然な会話ができるので、外音取り込みモードの性能は"AirPods Max > WH-1000XM4"で間違いなしです。これは100人に聞いたら99人は同じ答えになりそう。

立体音響を比較

このあたりで"360°オーディオ(立体音響)"についても比較しておこうかなぁと思うのですが、AirPods MaxはApple独自の立体音響技術「空間オーディオ」を。WH-1000XM4はSONY独自の「360° Realty Audio」に対応していまして。

どちらもサラウンドサウンドに対応するコンテンツを胃腸する際に"空間的な音"を楽しむことができるのですが、AirPods Maxが対応する空間オーディオは少し個性的な特徴を持っていまして。

Apple TV+などの対応するプラットフォームで5.1chや7.1ch、Dolby Atmosに対応するコンテンツを再生すると、映画感の臨場感をそのままに楽しむことができるとほか、"ダイナミック・ヘッド・トラッキング"と呼ばれる技術のおかげで頭を動かしても音の定位が変わらないんですよね。これがほんと凄くて。

(例えば、正面からナレーションの声が聞こえているとして...頭を右に振ったら左の耳から音が聞こえる感じ)

WH-1000XM4の"360° Reality Audio"はSONYのヘッドフォンアプリから設定することで利用可能になるのですが...どちらかというとこちらは音楽を楽しむための立体音響といった感じで。(もちろん、360° Reality Audioも立体的で空間的な音を楽しむことができますよ)

AirPods Maxを映画などのエンターテインメントコンテンツの再生に特化した立体音響としたら、WH-1000XM4は音楽再生(ライブなど)に特化した立体音響みたいなイメージ。

どちらも映像込みで再生した際の臨場感は最高の体験を提供してくれるのですが、目指す方向性に明確な違いがあるのかなぁと。

映画と音楽では立体音響の楽しみ方、感じ方も変わると思うので、このあたりは好み次第といったところです。

で、どっちを選ぶ?

少々長くなってしまいましたが...最後にAirPods MaxとWH-1000XM4の違いをさくっとまとめて締めといきましょう。

僕が2つのヘッドフォンをがっつり愛用して導き出した答えなんですけど、何かしらの参考になれば幸いです。

価格は高いけど、装着感はAirPods Maxが最強

まずは"AirPods Max"から。こちらは確かな音質と体験、所有欲も満たされるというのは間違いないのですが、難点は価格の高さですね。※AirPods Maxの税込み保証込みの価格は74,360円。

折りたためず、ケースが微妙ってこと以外は僕もお気に入りなのですが、とにもかくにも装着感が非常に良くて。明らかに重さは感じるのですが、それでも全然痛くならないんですよね。

僕は頭頂部から痛みがくるタイプなのですが、AirPods Maxを使っていて頭のてっぺんに痛みを感じたことが無いのです。装着するとひんやりしていて耳をすっぽり覆うイヤーパッドの装着感も最高。

AirPods Maxは"キャノピー"と呼ばれるニットメッシュとステンレスフレームで構成されたヘッドバンドのおかげで頭頂部に痛みを感じないようになっているのですが、これはどのヘッドフォンにも無いAirPods Maxの素敵なところかなぁと。

あと、僕は割とこいつのデザインが好き。

AirPods Maxで原音に忠実な音質とプレミアムな体験を

持ち運びやすさはWH-1000XM4の圧勝

次に"WH-1000XM4"についてですが、こいつはすべてにおいて万能で優等生。

Amazonでの価格は36,000円前後を推移しており、AirPods Maxのほぼ半額程度で購入できる価格ながら...音質、装着感、ノイキャン、すべてが高水準なので、全知全能のヘッドフォンだなと。

AirPods Maxと最も大きく異なるのが"コンパクトに折りたたんで収納できる"ということなんですけど、WH-1000XM4のケースってほんとよく出来ていて。

ケースにヘッドフォン本体と充電ケーブル、航空機用の変換アダプタ、有線ケーブルをまとめて収納できるのですが、もう見て分かる完成度の高さ。

音質も非常に優れていますし、特性の違いことあれど音のクリアさ、低音の深み、高音域のレンジの広さはAirPods Maxと張るので、AirPods Maxと比較した場合は圧倒的に高いコスパも光りますね。僕がブラザーにおすすめするなら絶対こっち。

至高の音質と静寂のノイキャン「WH-1000XM4」をレビュー

シンプルにWH-1000XM4がおすすめよ、ブラザー

WH-1000XM4 レビュー
SONY WH-1000XM4

正直、汎用性の高さや取り回しのしやすさ、音質、価格。どれをとっても多くの人におすすめできるのは"WH-1000XM4"というのは間違いなし。

AirPods Maxは音質も優れていますし、優れたノイキャンや外音取り込みモード、空間オーディオという魅力的な機能こそあれど...価格は税込み保証込みで7万円を超えるため、やっぱり万人向けではないのかなぁと。

どれを取ってもAirPods Maxは間違いない体験ができるのですが、7万円って勇気のいる価格ですし...そうなると最高峰の音質とノイキャンが楽しめるWH-1000XM4が魅力的。でもでも、AirPods Maxの外音取り込みモードも捨てがたい...さて、どっちを選ぶ? ブラザー。

Apple/ヘッドフォン/オーバーイヤー型/ノイキャン搭載/参考価格:67,980円
SONY/ヘッドフォン/オーバーイヤー型/ノイキャン搭載/参考価格:35,490円