WH-1000XM5 レビュー 音質とノイキャン

「WH-1000XM5」をレビュー。明瞭な音質&素敵な装着感だけどケースはでかくてかさばるかも

2022-06-05HeadphoneReview

ケースのでかさは気になるけど、ほかは最高クラスの満足度。

2022年5月27日に発売されたSONYの新型ノイキャンヘッドフォン「WH-1000XM5」ですが、僕も発売日に購入。価格は49,500円と高いし、折りたためなくなったデザインも少し気になるし......めっちゃ悩んだ結果購入したのですが、もうめっちゃ良くて。音質とノイキャンは本当に素敵でした。

モダンでスタイリッシュなデザインは所有欲も満たしてくれますし、無段階調整になったヘッドバンドと快適になった装着感もGood。操作のレスポンスも良くなっていますが、一方で、やっぱり気になるのは"ケースのでかさ"かなぁと。

折りたためないデザインはなんだかんだ慣れるけど、でかいケースは邪魔に感じるシチュエーションがあるかもしれません。

とにもかくにも、SONYの新型ノイキャンヘッドフォン「WH-1000XM5」については語りたいことがありすぎるので、ダダっとレビューいきましょう。

今WH-1000XM5を買うならAmazonが9%オフの45,000円でお買い得ですよ、ブラザー。※記事公開時の価格です。購入時はショップのご確認もお忘れなく。

WH-1000XM5のデザインとスペックおさらいしとく? - iyusuke

ヘッドフォン/ANC/2022月5月27日発売

さらに強くなったノイキャンに明瞭な音質「SONY WH-1000XM5」をレビュー

WH-1000XM5のパッケージ。でかい。

それでは、WH-1000XM5のレビューの前に......スペックや機能など、知っておきたいトピックをおさらいしておきましょう。

WH-1000XM5について知っておきたいことは、

  • カーボン複合材を使用した30mmドライバーユニット
  • ソニー独自の高音質ノイキャンプロセッサー"QN1"に統合プロセッサー"V1"が組み合わされたことで精度が向上したノイキャン。
  • AIアルゴリズムで精度が向上した通話時のノイズリダクション(風ノイズもさらに低減)
  • ボタンの名称がNC/AMBボタンに変更(操作方法に変わりなし)
  • 最大2台までのマルチポイント接続対応
  • ANCオフ時40時間、ANCオン時30時間の音楽再生時間、3分の充電で3時間使用できる急速充電(USB PD)
  • Bluetooth 5.2
  • コーデックはSBS/AAC/LDAC
  • 360° Reality AudioやDSEE Extreme、Speek to Chatは引き続き対応
  • NFCは非搭載

こんなところ。

特に大きなトピックは、カーボンファイバーコンポジット素材を採用した30mmドライバーユニットを搭載したこと、ソニー独自の高音質ノイキャンプロセッサー「QN1」に統合プロセッサー「V1」が組み合わされたことでノイキャンの精度がさらに向上したってところですね。

具体的には、WH-1000XM5は中高音域の騒音に対してのキャンセル性能が向上しているとのこと。

ドライバーユニットはWH-1000XM4の40mmから30mmに小型化した一方で、WHシリーズらしい音質はそのままに、Speek to ChatやDSEE Extreme、クイックアテンションモード、最大2台までのマルチポイント接続などの機能は前モデルから踏襲していますよ。

WH-1000XM5の詳細なスペックについては以下の記事も参考にどうぞ。

WH-1000XM5のデザインとスペックおさらいしとく?(発売日は5月27日、価格は49,500円)

デザインを眺める

WH-1000XM5 デザイン レビュー

それでは、WH-1000XM5のデザインからチェックしていきましょう。デザインは前モデルWH-1000XM4から大きく変化していまして。WHシリーズらしいデザインは引き継ぎつつも、全体的にシュッとした感じですね。

WH-1000XM5 デザイン

ヘッドバンドも細くなっており、丸いステムで繋がったデザインに変更。

ヘッドバンドは無段階調整のスライダーになったほか、ヘッドバンドとイヤーパッドにはソフトフィットレザーが採用されています。

装着時はハウジングが自分側にくる。

少し見る角度を変えてみましょう。WH-1000XM5は折りたためなくなり、装着時は自分側にハウジングが来るスタイルになりました。

WH-1000XM4と比べ、ソフトフィットレザーはボディーに馴染むマットな色合いに。

ヘッドバンドにはWHシリーズお馴染みのR/Lの印字。無段階調整スライダーの丸いステムにはブラッシュ加工が施されています。細かいところも手が込んでて素敵。

ヘッドバンドの丸いステムはググっと伸びる。

この無段階スライダーがめっちゃ良い感じで。ものすごくスムーズに動作してくれますよ。

WH-1000XM5は「デバイスを極限まで凝縮し無駄をそぎ落してできたジオメトリックなハウジングデザインになっている」とのことで、ハウジングのフィッティング(装着)調整機構は内臓化。

タッチセンサーコントロールパネルを搭載する右側ハウジング。WH-1000XM5から"NFC"は非搭載になりました。(僕はNFCを使うことなかったですし...ナーフされたのも納得)

左側ハウジングには3.5mmオーディオジャック、電源ボタン、NC/AMBボタンが搭載。

右側ハウジングにはUSB-C端子のみ。

WH-1000XM5には左右に4つずつマイクが搭載されているというのも大きなトピックの1つです。これらのマイクのおかげでWH-1000XM5は収音精度が飛躍的に向上しており、ノイキャン性能の向上にも貢献しています。

WH-1000XM5 ヘッドバンドの耐久性と剛性

それともうひとつ。WH-1000XM5はヘッドバンドが細くなりましたがとても柔軟でめっちゃ柔らかくて。グイングインしても全く問題ありませんでした。

開封してすぐの初見は「ステム細いなぁ、大丈夫?」と思ったけど、耐久性も剛性も問題なさそうです。

WH-1000XM5の操作方法は?

WH-1000XM5 操作方法 イヤーパッド

WH-1000XM5の右側ハウジングにはタッチセンサーコントロールパネルが搭載されており、タップで再生/停止、スワイプ操作で曲送りや音量調整ができます。

Spotifyを一発起動できる「QuickAccess」が追加されたくらいで、基本操作はWH-1000XM4と全く同じ。操作方法については以下の通りなので参考にどうぞ。

再生/停止/応答2回タップ
次の曲へ前にスワイプ
スワイプ前の曲へ後ろにスワイプ
ボリュームアップ上にスワイプ
ボリュームダウン下にスワイプ
ノイキャン/外音取り込み切り替えNC/AMBボタン
ペアリング電源ボタン長押し
音声アシスタント起動/着信拒否長押し
Quick Access(Spotify起動)NC/AMBボタン2回押しまたは3回押し ※アプリで設定可能

WH-1000XM4と比べ、WH-1000XM5はレスポンスが良くなっている印象で、特に、ノイキャンと外音取り込みの切り替えは早くなっているかなぁと。

もしかしたら、新機能の「Quick Access」は対応するサービスがほかにも追加されるかもですね。(今はSpotifyだけですが...)

自分の声に反応して音楽を停止し、周囲の音を聴きとりやすくする「Speek to Chat」や、右ハウジングを手で覆うことで周囲の音を聴きとりやすくする「クイックアテンションモード」にも対応しているので、とっさに会話したい時などはとても便利。

高級感のあるケースはモダンでクール。でもかさばるし使いにくいかも

僕がWH-1000XM5で唯一気になったのがこれ。

WH-1000XM5は折りたためないデザインに変更されましたが、それはまぁ慣れでどうにかなるとして......ケースが思ったいたよりもデカい。

...めっちゃデカい。

ケース自体はとてもよくできていて、WH-1000XM5をしっかり保護してくれますし、内部も丁寧に作りこまれているのですが、いかんせん取り回しにくいのです。

パッと収納しようとするとヘッドフォンを保護するためのヒダ?的な部分がひっかかるし......。(丁寧に入れれば問題ないですが)

WH-1000XM5のケースがどれくらい大きいのかというと、でかくてかさばる"AirPods Max"を軽く超えちゃうレベル。

僕のお気に入りのカメラバッグにも全然収まらないのです。詳細は後述しますが、WH-1000XM4と比べても大幅サイズアップでこれはちょっと惜しいかなぁと。

元々収納スペースの少ないバックパックとはいえ、シンプルに悲しい。

それと、WH-1000XM5のケースは「本体が収納されていない時は畳んで小さくできる」って言われていたので期待してましたが、ちょこっと薄くなるくらい。

劇的にコンパクトになるわけではありません。

僕はしばらく気づかなかった(有線ケーブルが付属しないと勘違いしてたくらい)ので知っておいてほしいのですが、WH-1000XM5はケースの中心部が収納スペースになっており、USB-Cケーブルと3.5mmオーディオケーブルはここに収納されています。

ちなみに、WH-1000XM5のパッケージには、WF-1000XM4から採用された、竹、さとうきび、市場で回収したリサイクル紙を由来とするソニー独自開発のオリジナルブレンドマテリアルが採用されています。

(WF-1000XM4のものよりは開封後に元通りに戻しやすい)

3分で3時間音楽再生できる急速充電も素敵

前モデルのWH-1000XM4にはなくて、WH-1000XM5が対応した素敵な機能がUSB PDによる3分で3時間再生できる急速充電

3分の充電で3時間も使用できるようになったのは言うまでもなく便利ですよね。朝の忙しい時間に充電ない!って時も大丈夫です。

ANC:オン30時間
ANC:オフ40時間
急速充電10分で5時間
3分で3時間(USB PD)

WH-1000XM5のバッテリーライフについては上記の通りでANC:ON時の再生時間はWH-1000XM4から変化無しですが、ANC:OFF時の再生時間は2時間伸びました。

音質と装着感

お待たせしました。ここからはWH-1000XM5の音質と装着感についてのレビューをお届けです。(書きたいことありすぎて長くなってしまいました。申し訳ない)

初めに、WH-1000XM5の音質について僕が感じたことをダダっとまとめてみると......

  • ノイキャン性能はWH-100XM4より格段に向上したため、音楽への没入感が高くなった。
  • ボーカルが明瞭になり、空間的な広がりもより感じられるようになった。(ボーカルのブレスの音までめっちゃリアル)
  • 高音域の音がよりすっきりした印象でギターの音やピアノの音、ボーカルの声もクリア。低音域の音は深く、豊かに響く。
  • 対応コーデックはSBC/AAC/LDAC。

こんな感じ。WH-1000XM4から全体的に"明瞭で豊かな音"になっていますが、ドライバーユニットが40mm → 30mmと小型化したため、やはり迫力というか、ダイナミックさは若干、ほんの少ーし控えめになっている印象です。

僕が試したプレイリストからいくつかピックアップしつつ、WH-1000XM5の音質についてもう少し具体的に見てみましょう。

デバイスはGalaxy Z Fold3 5G。コーデックはLDAC(DSEE Extreme:ON)です。

ヘッドフォンやイヤフォンをレビューするときに絶対に聞く宇多田ヒカル - travelingビリーアイリッシュ - bad guyですが、travelingはギターのカッティングや後ろで流れるシンセ、コーラスが明確に分離してリアルに感じられますし、bad guyは唸るようなベースの音がくっきりはっきり。それでいてひとつひとつの音をしっかり感じ取ることもできます。

スパークス - This Town Ain't Big Enough for Both of Usでは、ヘビーなディストーションが効いたギターの音がつぶれることなく再現されているほか、迫力のあるベースラインも明瞭。

WH-1000XM4と比べて迫力が控えめになったと先ほど言いましたが、それはあくまでもWH-1000XM4と比べてというだけ。ダディーヤンキー - Limboのようなラテン・アーバンミュージックも低音をズンズン頭の中で響かせてくれるので、気持ちよく聴くことができますよ。

どの楽曲でも共通しているのは、しっかりボーカルが前に出ていてひとつひとつの音がお互いを邪魔せず分離しているということ。

WH-1000XM5は音の解像感も高いですし、Yolanda Be Cool & Dcup - We No Speek Americanoのようなエレクトロスウィングもめっちゃ良い感じで楽しめます。

次にWH-1000XM5の装着感についてですが、こちらも前モデルのWH-1000XM4から大幅にブラッシュアップされていまして。

新たに採用された"ソフトフィットレザー"がめっちゃ快適。

イヤーパッドはまさに"ふわっふわ"で、高い遮音性があるのに装着感はびっくりするほど軽くなりました。合皮特有のモタっとへばりつく感じもかなり軽減されてます。

ヘッドバンドも同じソフトフィットレザーが採用されており、こちらはイヤーパッドよりも少しだけ固めで反発力あり。

WH-1000XM5の装着感はWH-1000XM4よりも確実に良きです。

ちなみに、僕はヘッドフォンを長時間装着していると頭頂部から痛みが来るタイプなのですが、いくらかマシになったとはいえ......WH-1000XM5でも長時間付けてると少し痛みが出てきます。(AirPods Maxのほうが頭頂部の痛みはありませんでした)

WH-1000XM5のデザインとスペックおさらいしとく? - iyusuke

ノイキャン性能は至高。外音取り込み(アンビエントサウンド)もめっちゃ進化した

WHシリーズのヘッドフォンといったら、外せないのが「アクティブノイズキャンセリング(ANC)」ですね。

これはもうね......すごい。圧倒的静寂。ひたすらにレベルアップしています。

ヘッドホンの外側と内側に配置した左右4つずつのセンサー(マイク)を使用することにより、収音精度が飛躍的に向上。また比較的高い周波数帯域の日常生活でのノイズキャンセル性能の向上に伴い、街中でより静寂を感じられるようになりました。

SONY公式HP

空調の音はもちろん、PCの動作音や水槽の流れる水の音なんかも全然聞こえないようになりました。

WH-1000XM5のノイキャンを試すべく、踏切の近くで音楽を聴かずに立ってみましたが、30mも離れればめっちゃ遠くで鳴ってるなぁくらいまで雑音をシャットアウトしてくれます。すごい。

なんて美しいフォルム...。

次に、WH-1000XM5の「外音取り込み(アンビエントサウンド)モード」についてですが、こちらもWH-1000XM4と比べると大幅に進化していまして。

例えるなら、WH-1000XM4の外音取り込みは数枚のフィルターを隔てているかのように曇って聞こえていましたが、WH-1000XM5はフィルターがものすごく薄くなったイメージ。

外音取り込みモードONで音楽を聴きながら歩いていても、車や人が来る気配がばっちり分かります。会話も自然。外音取り込みモードはWH-1000XM4 → WH-1000XM5でめっちゃ進化しています。

(AirPods Maxの外音取り込みも自然な聴こえ方で驚きましたが、WH-1000XM5もタメを張れるレベル)

ヘッドフォン/ANC/2022月5月27日発売

スペックと仕様

重さ250g
ドライバーユニット密閉,ダイナミック型
30mm
カーボンファイバー素材
ネオジウムマグネット
再生周波数帯域4 Hz - 40,000 Hz(JEITA)
インピーダンス(1kHz)48 Ω(有線接続時、POWER ON時)
16 Ω(有線接続時、POWER OFF時)
連続音楽再生最大30時間(ANC:ON)
最大40時間(ANC:OFF)
充電時間フル充電まで3.5時間
3分の充電で3時間再生できる急速充電対応(USB PD)
通信Bluetooth 5.2
最大通信距離:10m
2.4GHz帯
対応BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC, LDAC
付属品ヘッドフォン本体
3.5mmイヤフォンケーブル
USB A to Cケーブル
保証書
スタートガイド
その他コード長さ:1.2m、USB-C、最大2台のマルチポイント接続対応、Spotify Tap、装着検出

WH-1000XM5のスペックと仕様を見る - SONY公式HP

WH-1000XM4とWH-1000XM5を比較

手前:WH-1000XM5、奥:WH-1000XM4

せっかくなので、前モデル「WH-1000XM4」と新型モデル「WH-1000XM5」を写真で眺めつつ、ダダっと比較しておきましょう。

WH-1000XM4は無骨でガジェット感あるデザイン、WH-1000XMはモダンでスマートなデザイン。

横から見てみると、WH-1000XM5はパーツごとの"つなぎ目"が減っているのが分かるかと思います。1つのデバイスとしての完成度が増してますね。

WHシリーズらしさは残しつつも、WH-1000XM5はどこか未来的。ハウジングの厚みには大きな違いはありません。

カスタムボタンの名称が"NC/AMBボタン"に変更されてはいるものの、ボタン類の配置も変化無し。

ヘッドバンドはそもそもの形状から変化。WH-1000XM5は無段階で調整できるようになりました。

WH-1000XM4の時点でイヤーパッドは柔らかく、装着感も良かったのですが、WH-1000XM5はさらにブラッシュアップ。全体的にマットな質感とカラーが採用されてます。

WH-1000XM4とWH-1000XM5の装着感は、前のが圧迫感を感じるほどにもう全然違います。

至高の音質と静寂のノイキャン「WH-1000XM4」をレビュー

ケースのサイズを比較

すでに触れているとおり、WH-1000XM5はケースがでかい。とてもデカい。

WH-1000XM4とWH-1000XM5のケースを並べてみると一目瞭然で、折りたためなくなったぶんそのまま大型化しています。

ひと回り以上のサイズアップ。

厚みはそれほど違い無し。WH-1000XM5はヘッドフォン未収納時はもう少し薄くなりますよ。

ケース内部はWH-1000XM5のほうが凝った作りになっていまして。保護力はUP。

ケースはWH-1000XM4くらいのサイズがよかったかも。(これは切に...ほんとうに切に思う。サイズ感は前のが良かったです)

音質はどう変わった?

せっかくなので、WH-1000XM4とWH-1000XM5の音質の違いについてもチェックしておきましょう。新旧2つのモデルを比較してダダっとまとめておきますね。

  • XM4のほうが大口径ドライバーな分、音の迫力は感じやすい。
  • XM5は全体的なボリュームが控えめで、ひとつひとつの音がスカッと分かれているので聴きやすいかも。がやがやしない音。
  • ノイキャンと外音取り込み(アンビエントサウンド)は確実にWH-1000XM4 < WH-1000XM5。めっちゃよくなった。
  • ANC/外音取り込みの切り替えなどのレスポンスが速くなった。

個人的な印象ですが、WH-1000XM4は迫力があるけど細かい音の再現までは苦手。WH-1000XM5は迫力は控えめになったけど、すべての音が明瞭で細かい音のフィーリングまで感じられるといった感じ。

WH-1000XM4とWH-1000XM5はしばらく併売されるようなので、迷った時は好みとお財布に相談することになるのかなぁと。

もし、予算が問題なくて、ケースのデカさを許容できるならWH-1000XM5がおすすめです。

持ち運ぶにはかさばるけど、素敵な音質と装着感で最高の体験ができるヘッドフォン、それがWH-1000XM5

語りたいことがありすぎて詰め込んじゃったので、少し長くなってしまいましたが......最後に「WH-1000XM5」の僕のレビューと評価をまとめておきますね。

ケースがでかすぎて取り回しが悪いってところ以外は、音質も、装着感も、デザインも、もうすべてが最高です。AirPods Maxが最強かもって思ってたけど、WH-1000XM5もタメ張れるくらいに強い。

Good!!

  • さらに強くなったノイズキャンセリング。(これこそ至高)
  • 自然に聞こえるようになった外音取り込みモード。
  • 明瞭でボーカルや楽器のフィーリングまで感じ取ることができる素敵な音質。
  • モダンでクールなデザイン。
  • 軽くて快適な装着感。

Bad...

  • 価格が49,500円と少々高い(性能的に妥当ではあるけど)
  • 折りたためなくなったため、取り回しが悪い。
  • ケースがでかい。かさばる。

WH-1000XM5のレビュー&評価まとめ

デザイン★★★★★+
機能★★★★★
音質★★★★★+
装着感★★★★★+
持ち運びやすさ★★☆☆☆
価格(コスパ)★★★☆☆

WH-1000XM5の僕のレビューと評価をまとめると上記の通り。音の"質"が向上し、フィーリングまで感じられる音質も素敵ですし、装着感もGood。

外音取り込みモードも改善されたほか、ノイキャンは誰もが満足できるさすがの性能です。

唯一気になる点があるとすれば、それはケースの大きさ。持ち運ぶには少々場所を取りすぎるので、僕はケース無しで持ち運んじゃいそうな勢いです。(そうなると傷や破損が気になる...。悩ましい)

WH-1000XM5は2022年5月27日より発売中で、価格は49,500円。発売されたばかりですが、すでにAmazonでは9%オフになっており45,000円で購入することができますよ。

今買うならAmazon一択。(僕は速攻定価で購入したので...笑うしかありません。いくらなんでも早すぎない?)

いろいろと思うところはありますが、サイズの大きさと取り回しの悪さを許容できて、予算が許すなら、WH-1000XM5は素晴らしい音楽体験を提供してくれるヘッドフォンですよ、ブラザー。

WH-1000XM5のデザインとスペックおさらいしとく? - iyusuke

ヘッドフォン/ANC/2022月5月27日発売

HeadphoneReview

Posted by Yusuke Miyamoto