低音強めの音質!Beats Studio3 Wirelessをレビュー

–iPhone/iPadとの接続が最強で音質もばっちり! ……ときたら、Beats Studio 3 Wirelessで決まりじゃないですか?

ってことで! ついこの前、Beats Solo3 Wirelessのレビューを書いたばかりですが、次は、Beatsブランドのヘッドフォンの中でもハイエンドに位置する「Beats Studio3 Wireless」をレビューしていきます。

Beats Studio3 WirelessにはBeats Solo3 Wirelessには搭載されていないPureANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング)が搭載されているため、音楽に没頭できるというのが最大のメリット。

ノイズキャンセリングとW1チップを両立した唯一のヘッドフォンです。

Beats Studio3 Wirelessの音質や機能に重点を置きつつレビューしていくので、購入を悩んでる・・・という人は参考にどうぞ!

Beats Studio3 Wirelessのデザイン

まずは、Beats Studio3 Wirelessのデザインや性能・機能について!

僕が購入したのはBeats Studio3 Wireless ホワイトで、ゴールドの金属パーツとサラサラとした質感のマットなホワイトは高級感があります。

ヘッドフォンの形状は耳を覆う「オーバーイヤー型」となっており、バンドの締め付けは若干きついかなーとは思うものの、ふわふわのイヤーパッドのおかげでつけ心地は良い感じです。

ヘッドバンドにはゴールドのbeatsロゴ……!

(これがまたかっこいい)

初代Beats Studioは壊れやすかった、と風の噂で聞きましたが、Beats Studio 3 Wirelessは十分な強度があり、雑に扱わなければ大丈夫そう。

右側のイヤーパッドにはバッテリーや接続の状態を表すLEDインジケータと電源ボタンが搭載されてますが、残念ながら、充電ポートは若干時代遅れなmicroUSBポートです。

(新モデルの噂は全く聞かないですが、次の世代では改善されると願いたい)

Beats Studio3 Wirelessをコンパクトに折りたたむとこんな感じ。

左側のbeatsロゴは操作可能なボタンになっており、音楽の再生・停止やボリュームの調節、早送りや巻き戻しができます。

ホワイトとゴールドがものすごく調和しており、Beats Studio3 Wirelssのかっこいいデザインは、さすがbeatsといったところ。

Beats Studio3 Wirelessの性能と機能

Beats Studio3 Wirelssはbeatsブランドのヘッドフォンの中ではハイエンドモデルとなっており、価格は高いめ。

PureANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング)や長い音楽再生時間、W1チップによるApple製品との接続/切り替えの快適さを備える……というのがこのヘッドフォンの最大の強みであり、最大のメリットです。

FastFuel機能を搭載しており、Beats Studio3 Wirelssは10分の充電で3時間再生できるというのもグッド。

付属のRemote TalkケーブルでMacbookやiPhoneとの有線接続も可能です。(ただし、Beats Studio3のバッテリーがなくなると再生できない。有線接続なのに……不思議!)

Beats Studio3 Wirelessのスペック・機能については以下の通りです。

Beats Studio3 Wirelessのスペックと機能

サイズ高さ:18.4cm
重さ:260g
形状オーバーイヤー型
接続class1のBluetooth
ワイヤレス
W1チップの快適な接続/切り替え
バッテリー連続再生:最大40時間
PureANC オン:最大22時間
FastFuel:10分の充電で3時間再生可
その他Micro-USB
3.5mmイヤフォンジャック
RemoteTalkケーブル(有線)

※W1チップのシームレスな接続/切り替えはiCloudアカウントとmacOS Sierra/iOS 10/watchOS 3以降のOSを搭載したデバイスが必要です。

Beats Studio3 Wirelessの主な操作

Beats Solo3 操作
Image:Beats Solo3 Wireless

それでは、Beats Studio3 Wirelessの操作方法についてもさくっとご紹介しておきますね。

基本的な操作はBeats Solo3 Wirelessと全く同じです。

電源のON/OFF電源ボタンを1秒長押し
再生/停止beatsロゴを1回押す
ボリューム調整ボリュームコントロ―ル
次の曲へbeatsロゴを2回押す
前の曲へbeatsロゴを3回押す
早送りbeatsロゴを2回押してホールド
巻き戻しbeatsロゴを3回押してホールド

もちろん、iPhoneへ着信があった時にはBeats Studio3 Wirelessで電話に出ることもできます。

そのまま通話もできるのですごく快適。※Beats Studio3 Wirelessを使って通話したい時はiPhoneではなく、着信時にBeatsロゴを押せば通話可能です。

Beats Studio3 WirelessのPureANC(ノイズキャンセリング)を設定する方法

ノイズキャンセリングの設定は「i」から。

Beats Studio3 WirelessはBeats独自のノイズキャンセリング「PureANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング)」を搭載しますが、設定は至ってシンプル。

オン/オフの切り替えはBluetoothの設定からできるので覚えておくといいかもです。

Beats Studio3 Wirelessはリスニングモードから「標準」と「ノイズキャンセリング」を選択可能です。

標準時の再生時間は最大40時間。ノイズキャンセリングをオンにした場合の最大再生時間は最大22時間となっていますが、Beats Studio3 Wirelessは、基本ノイズキャンセリングで使うと思います。

(実際、僕もBeats Studio3 Wirelssはずっとノイズキャンセリングで使ってます)

Beats Studio3 Wirelssはバランスの良い音質で低音強め

Beats Studio Wirelessは付属のキャリーケースで持ち運びも安心。
ただし、ケーブル類はケースに収まらない。

さてさて、いよいよほとんどの人が気になるであろうBeats Studio3 Wirelessの音質について……!

結論を先に言ってしまうと、34,800円+税(Apple公式ページの価格)という高めの価格は気になるものの、強いこだわりでもない限り、音楽を楽しむという1点においてBeats Studio3 Wirelssは良いヘッドフォンだと思います。

低音強めのバランスが良い音質

Beatsブランドのヘッドフォンは低音が強めという認識が一般的かと思いますが、Beats Studio3 Wirelssの音質も例に漏れず低音が強調されている印象です。

(逆に、高・中音域は控えめかな……。低音は少し落ち着いた感じ)

おそらく、音のチューニング自体はsolo3と同じで、Popやロック、ジャズなど様々なジャンルで心地よく音楽が聴けますが、僕が特に良い感じで楽しめると感じたのはEDM(特にDubstepやDrum’n’ Bass系)。

ノイズキャンセリングがある分、小さめの音量でもDubStep系の独特な音に浸れるので、低音がまじで気持ちいい。※曲によるものの、オペラやクラシックはこもりがちかも……です。僕がヘビーローテーションしてるLady GaGaの曲も良い感じで聴けた。

とまぁ、いろいろと語ってみたものの、多くの人にとってBeats Studio3 Wirelessの音質は十分すぎるほどだと思います。

実際、僕もBeats Studio3 Wirelss で音楽を聴いていて特に不満に思うことはないし、音漏れに関しても、耳が心配になるほどの音量でなければほぼ無いと思ってOK!

(参考までに、僕がいつも聞いてるのはiPhoneで音量は4-6くらいです)

BeatsのヘッドフォンはApple Musicに最適化されているというのも覚えておきたいポイントですね。

少しクセのあるPureANC

次は、周囲の音をモニタリングしつつ、実際にどんな風に聞こえているのかを解析し、邪魔な音を遮断してくれるBeatsのPure ANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング)について。

とにかく凄そうなネーミングのノイズキャンセリングですが、より音を遮断してくれるのはBOSEやSONYのヘッドフォンという認識でOK。(あまりに求めすぎると肩透かしを食らうかも……?)

といっても、Beats Studio3 Wirelssのノイズキャンセリングはしっかり音を遮断してくれるし、がっつり遮断!ではなく、例えるなら、やんわりした感じのノイズキャンセリング。

言葉にするのは難しいですが、換気扇や空調の音、それらの周波数に近い音はしっかりシャットアウトし、人の話し声やテレビの音などは少し聞こえてくるといった感じです。

僕が聴き込んだ印象ですが、Beats Studio 3 Wirelessは、ノイズキャンセリングでは避けられないホワイトノイズ(サー・・・という小さな音)が少し強めかもですね。

ちなみに、Beats Studio3のPureANCはたまーに誤作動を起こし、周囲の音を拾ってしまうことがある。本来シャットアウトすべき音が逆に強調される感じです。

音楽を聴いてるときはそこまで気にならず、ノイズキャンセリングを一度切ってからオンにすれば治るものの、これはマイナスポイント。

多くの人におすすめできるBeats Studio3 Wireless

Image:Beats Studio3 Wirelss(midnight black)

iPhone/iPad/Macbookなど、Apple製品との接続の快適さといい感じの音質を両立できるのはbeatsヘッドフォンだけ! これはBeats Studio 3 Wirelessの大きなメリットです。

近い価格帯であれば、強力なノイズキャンセリングを搭載していたり、より高音質なヘッドフォンもたくさんありますが、iPhoneユーザーであればW1チップとノイズキャンセリングを搭載しているということだけでも十分選択肢に入る。

(もちろん、音楽も良い音質で楽しめます)

Beats Studio3 Wirelessのレビュー&評価をまとめると……

Beats Studio3 Wirelessの好き(メリット)

  • スタイリッシュでかっこいいデザイン!
  • 世間の評価とは対照的にバランスの良い音質
  • やんわりしたノイズキャンセリング「PureANC」
  • W1チップによる接続/切り替えの快適さ!
  • PureANCオンで最大22時間の再生時間

Beats Studio3 Wirelessの嫌い(デメリット)

  • バンドの締め付けが強め(側面より頭のてっぺんが痛くなる)
  • 上記の理由から長時間の装着は厳しい(個人差あり)
  • 価格が高い!
  • 時々誤作動を起こすノイズキャンセリングが煩わしい

Beats Studio3 WirelssをApple公式HPで購入すると、価格は34,800円+税

Amazonで購入すれば、約31,000円~購入できるので、Beats Studio3 Wirelessが気になる人はチェックしてみよう。

(もちろん新品ですよ! beatsは購入したという証明がないと保証がきかず、修理もできないため、中古やオークションで購入するのは絶対ダメ)

Beats Studio3 Wirelessは高いけど……、多くの人におすすめできるヘッドフォンだというのは間違いないので、iPhone/iPad/Macユーザーには試してみる価値あり!

▶︎AppleでBeats Studio3 Wirelessをチェック

▶︎AmazonでBeats Studio3 Wirelessをチェック