グロテスクで不気味なSFホラーゲーム「SCORN」がヤバい!PS4/PC/Xboxで発売予定

更新日:

PS4/Xbox One/PCでリリース予定のホラーゲーム「SCORN」がヤバい。

生物と無機物がごちゃ混ぜになったような独特な世界観は「エイリアン」のデザイナーH・R・ギーガーに影響を受けているとのことで、日本語にも対応予定となっている。

SCORNは、FPS視点のSFホラーゲームですが、百聞は一見に如かず。まずは、その強烈な世界を垣間見れる公式トレイラーを見てほしい。

そもそも、プレイヤーが人じゃないSFホラーゲーム「SCORN」

SCORNのプレイヤーは完全に人間じゃなくて、どこかの惑星の宇宙人、もしくは地獄とかそっち系の人。

目もキョロキョロと挙動不審で、底なく不気味な印象を受ける。

SCORNのゲームシステムとしては、孤立した世界にあるいくつかのエリアを探索していくというもので、謎を解いたり、エネミーを倒して、次々と新しいエリアを解放していくというものになっている。

SCORNに登場する武器はまるで生きてるかのようで、バレル部分を付け替えることで性能が変わる

様々なスキルと武器が登場し、弾の管理も重要になるとのことで、遭遇したエネミーと戦うのか、それともうまくやり過ごすのかなど、緊張感のあるプレイ内容になっている。

また、SCORNのデモ動画では、息絶える寸前の気持ち悪いエネミーも登場。

エネミーの挙動はプレイヤーの行動で変わるようになっているらしく、プレイヤーに対して怯えることもあれば、攻撃的になることもあり、時には、一切プレイヤーに興味を示さず、無関心を貫くものもいるのだとか。

気になるSCORNのストーリーについては、「プレイヤーが無機物で不気味な世界に迷い込む」ということしか判明しておらず、実際にプレイしてみるまでどんなストーリーになっているのかは分からない。

SCORNの不気味な世界を彷徨ってみたくない?

SCORNのリリースはもう少し先ですが、動画を見ているだけでも、その不気味でグロテスクな世界感にワクワクする。(超ビビりな僕がプレイできるかは別として)

無機物と生物が合体した独特な建物が多数登場し、SCORNで登場するエリアはほとんどが迷路のように入り組んだ構造になっている。

その世界観と相まって、SCORNをプレイするには勇気がいるかもしれない。

何度も言ってる気がしますが、SCORNの特徴は独特な設定とグロテスクで不気味なデザインで、エイリアンを彷彿とさせる世界観は、好きな人にはたまらないゲームかもしれない。

ちなみに、ゲームタイトルになっている「SCORN」には「軽蔑」という意味がある。

また、SCORNにはDLCや続編が出ることはないと宣言されているものの、つい最近SCORN VR版のリリースが決定した。

【追記:2017/09/10】

ホラーゲーム「SCORN」の新しいプレイデモ動画がYoutubeで公開!

武器の操作や敵との戦闘など、SCORNのゲームシステムについて詳しく見れるので、気になる人はチェックしてみてほしい。

Source:Scorn

-Game

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.