12.9インチ 新型iPad Proは機能・性能ともに最高のiPad

更新日:

新型iPad Pro 12.9インチ

Face ID(顔認証)とUSB-Cの搭載、新デザイン、そしてほとんどのラップトップを超える性能を持つ新型iPad Pro(11インチ/12.9インチ)。僕はiPhone X以来、久しぶりにワクワクが止まらなかったですが、同じように感じた人も多かったはずだ。

今回は、iPad Proをがっつり使ってみて感じたこと、機能や性能、デザインについてレビューしていくので、新型iPad Proが気になる・・・という人は参考にどうぞ!

僕が購入したのは12.9インチ iPad Pro(スペースグレイ)。今のところ、僕の人生、歴史上最高のiPadであり、仕事でもプライベートでもバリバリ使っていけそうだ!

※ちなみに、今回の新型iPad Proは楽しみすぎて、発表以降は事前情報を一切得ていない。テックブログを謳っているにも関わらず・・・だ。リアルガチのファーストインプレッションとなっているので、そこんとこよろしくな!

新型iPad Proのパッケージと付属品

新型iPad Pro 12.9インチのパッケージ

いつも通り、Appleらしいデザインの12.9インチ iPad Proのパッケージ。

僕は、12.9インチサイズのiPadは今回が初めてということもあり、前モデルよりも小型化しているとはいえ、想像していたよりも大きく感じた。

12.9インチ iPad Proのデザインや機能・性能なんかは後述するとして、まずは付属品から。

新型iPad Pro 付属品
USB-C ケーブル(1m)
USB-C 電源アダプタ 18W
簡易説明書、ステッカー、SIMカードピン

こちらもほぼいつも通りで、Appleのサンキューカード(AppleロゴのステッカーやSIMカードの取り外しピン入り)と今回初めて搭載されたUSB-Cケーブル&18WのUSB-C電源アダプタが同梱する。

新型iPad Proで初搭載されたUSB-C

新型iPad ProのUSB-Cケーブルと電源アダプタ

新型iPadに付属するのはUSB-Cケーブル。電源アダプタも少し形状が違う。

USB-Cが初搭載された新型iPad Pro(11インチ/12.9インチ)ですが、イヤフォン及びイヤフォンの変換アダプタは付属しないため、必要であれば別途購入が必要だ。

ワイヤレスイヤフォンを使っているのであれば問題ないですが、新型iPad Pro(11インチ/12.9インチ)に搭載されるポートはUSB-Cだけなので、Apple純正のLightningイヤフォン「EarPods」は使えないということも気を付けたいポイント。※ThunderBolt 3にも対応していない。

Apple W1チップを内蔵していないワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォンは、iPhoneとiPadの切り替えが面倒なので、iPadでイヤフォンやヘッドフォンを使うなら、W1チップを内蔵する「AirPods」や「Beats Solo3」がベストかも・・・です。

ただ、USB-Cを搭載したことで、iPad ProからiPhoneやGoProなどを充電したり、ディスプレイと接続して映像を出力したり、オーディオインターフェースなどの外部アクセサリと接続できるようになったのは大きな変化。

新型iPad Proでは、USB-Cの搭載で秘めていた可能性がものすごく広がった。(USB-Cについては、色々試してみて記事にする予定)

12.9インチ 新型iPad Proのデザイン

現行でもっとも小さいiPhone 7と比較すると、サイズはこんなに違う。

次は、12.9インチ iPad Proのデザインについて。僕は、前モデルのiPad Proでは12.9インチではなく10.5インチiPad Proを選んだ。理由は単純で、前モデルの12.9インチはべらぼうに大きかったから。

新型iPad Proはホームボタン及びTouch ID(指紋認証)が取り払われたことで、画面サイズはそのままにボディサイズはぐっと小さくなっているため、今回は気兼ねなく大きい画面サイズのiPad Proを選ぶことが出来た。(それでも大きいけど、作業効率は間違いなく上がる)

新型iPad Proはアンテナラインが背面の上下に配置。

12.9インチ iPad Pro(スペースグレイ)の色合いは、前モデルのスペースグレイよりも少しだけ濃くなっていて、素材に使われているアルミニウムは100%リサイクル素材だ。

今回からスマートコネクターが背面に移動しており、Smart Keyboard  Folio(新型iPad Pro専用のスマートキーボード)Smart Folio(新型iPad Pro専用のスマートカバー)は背面に無数に取り付けられたマグネットでがっちり固定できる。

※僕のSmart Keyboard FolioとApple Pencil(第2世代)はまだ届いていない。アクションを起こすのが遅れてしまったため、届くにはもう少し時間がかかりそう。使用感などは、後日レビュー予定です。

10.5インチiPad Proと比べるとサイズは当然大きいですが、11インチ/12.9インチ iPad Proともに厚さは5.9mm。12.9インチモデルはサイズがあるぶん、とにかく薄く感じる。※10.5mm iPad Proからは0.2mm薄くなった。

12.9インチはサイズ的に強度が不安になるレベルですが、故意に曲げない限りは大丈夫そう・・・かな。※落としたらほぼアウトだと思う。

12.9インチiPad Pro(Wi-Fi+Cellularモデル)の重さは633gとなっており、見た目以上に軽いというのもグッドだ!

新型iPad Proのベゼルは結構ある

新型iPad Proのベゼル(画面の淵)はというと・・・思っていたよりはある。前モデルと比べればベゼル幅は狭くなっているものの、ベゼルレスではないかなーといった感じだ。

おそらく、Face ID(顔認証)にベゼルを合わせたからだとは思いますが、僕はこれくらいがちょうどいい。画面全部が表示領域のディスプレイは憧れるけども、新型iPad Proは手で持った時にディスプレイが隠れない絶妙なベゼル

新型iPad Proはディスプレイの四隅に丸くエッジがかかっているため、ボディやインターフェース(アイコンやドック)の丸みと調和が取れているというのも気に入った。

新型iPad ProのカメラとFace ID(顔認証)

次は、新型iPad Proのカメラについてパパっとご紹介。

カメラ性能については、前モデルと大きな差はないですが、大きな変化はFaceTimeカメラがTrueDepthカメラへと進化を遂げたということ。

新型iPad Proのカメラ性能・機能については以下の通り。※カメラ性能やスペックの詳細はApple公式HPへ。

新型iPad Proのカメラ性能&機能

メインカメラ12MP、f/1.8絞り値、最大5倍デジタルズーム、クアッドLED True Toneフラッシュ、写真のスマートHDR、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、4kビデオ撮影、スローモーションビデオ、映画レベルの手振れ補正
TrueDepthカメラ7MP、f/2.2絞り値、ポートレートモード、ポートレートライティング、アニ文字とミー文字、1080p HDビデオ撮影、Retinaフラッシュ、スマートHDR、自動手振れ補正、Face ID(顔認証)

新型iPad Proのカメラ性能については、フロントカメラが「TrueDepthカメラ」になり、FaceID(顔認証)やアニ文字/ミー文字に対応したというのが前モデルとの大きな違い。ポートレートモード(ぼかし)とポートレートライティングも使える。

ビデオ撮影では「ステレオ録音」に対応したというのも覚えておきたいポイントだ!※iPadでカメラはあんまり使わない・・・とか言わない。

iPadとの相性が最強だったFace ID(顔認証)

新型iPad Proを使っていて明らかに変わった、快適になったと感じたのは、TrueDepthカメラを搭載したことで可能になったFace ID(顔認証)のロック解除

iPhone Xの時は初めての経験で、少しの不満があったものの、iPadとFace IDの相性は抜群だった。新型iPad ProのFace IDは、縦/横どの向きでもロック解除してくれるため、煩わしさも一切ない。

精度も高く、iPad Proを手に持った時には、ほぼほぼロック解除されてるので、iPad ProのFace IDには大満足。

新型iPad Proの気になったところ

12.9インチiPad Proは、間違いなく僕の人生、歴史の中で最高のiPadですが、少なからず気になったところ、不満点があったためご紹介しておく。

これから新型iPad Proに買い替えようかな・・・考えている人の参考になれば!

カメラの出っ張りで浮く

もうこれはスタンダードになりつつあるので仕方ないですが、新型iPad Proもカメラが出っ張っているため、やっぱり浮く。

ガタつく・・・ということは無いですが、カメラレンズが傷ついてしまいそうで気にはなるかもです。

アルミの質(仕上げ)が微妙な気がする・・・?

画像では分かりにくいかもですが、ディスプレイ側のアルミが潰れているというか、削れているというか・・・光の当たり方しだいで粗が目立つ。※当然iPad Proは落としてないし、わざわざ金属でこするようなこともしてない。

新型iPad Proは100%リサイクルのアルミニウムが使われてますが、それが原因なのか、ただの初期不良なのかは不明。僕はそこまで気にしない人なのでAppleには問い合わせてないですが、新型iPad Proを購入した人は真っ先に確認しておいた方がいいかもしれない。※これも、もう少し調査してから別記事にする予定。

新型iPad Proで気になったところは主に上記の2点。※ホントにこれくらいしか思いつかない。それくらい新型iPad Proは良いマシン。

【追記:2018/11/12】

色々と調べてみるも、新型iPad Proのアルミの仕上げについては、同様のケースを見つけることが出来なかった。つまり、僕はハズレに当たった可能性がある。

光に当てて探してみて分かる程度だし、使用には一切問題ないため、僕はこのまま使っていきますが、気になる人はチェックしておいた方がいいかもしれない。

12.9インチ新型iPad Proは僕の歴史上最高のiPad

楽しすぎて、ワクワクしすぎて触りまくってますが、12.9インチiPad Proは、僕の人生、歴史上最高のiPadなのは間違いない。(Smart Keyboardと新型Apple Pencilはまだ届いてないけど、そう確信してる。届き次第改めてレビュー予定です。)

ほとんどのラップトップを超える新型iPad Proの性能

性能面でも新型iPad Proはド級であり、Geekbench4のマルチコアスコアは17,995を記録。

このスコアは、Surface Pro 6の13,025、Dell XPS 13(Intel Core i7)の14,180を軽く上回る。※このスコアは「新型iPad Pro 1TBモデル」のもの。1TBモデルのみ6GBのメモリを搭載する。それ以外は4GB。

参考までに、僕の新型iPad Pro(12.9インチ,4GB RAM)Geekbench 4を動かしてみると、シングルスコアは4,965、マルチスコアは17,643だった。

CPUの性能は、6GBモデルと4GBモデルに大きな差はないと思ってOKですが、新型iPad ProはiOS。Windows PCのようにソフトは豊富じゃないので、高い処理性能を生かしきれないというのが惜しい。新型iPad Proの性能をがっつり生かせるように、様々なアプリが出てくれれば・・・!※2019年には、フル機能のAdobe Photoshopが登場予定。これには期待したい。

新型iPad Proは長く使えるマシン。高い買い物ではない

残念ながら、記事公開時点でAplle PencilSmart Keyboard Folioも届いてないため、実際の仕事でのパフォーマンスやレビューをご紹介できなくて申し訳ないですが、上記の通り、僕はこの12.9インチiPad Proは僕の人生で最高のiPadになると確信してる。(今のところは・・・。また2~3年後に同じこと言ってたら笑う)

僕は12.9インチiPad Proを選びましたが、12.9インチiPad Proは111,800円(税別)から、11インチiPad Proは89,800円(税別)から購入できるため、iPadは長く使えるマシンということを考えれば、価格も高すぎるほどでもない。※12.9インチ1TBモデルは20万超え。さすがにこの価格は・・・半端ない。

これからは、このiPad ProをSmart Keyboard Folio&Apple Pencilと組み合わせてラップトップ代わりにバリバリ使っていこうと思ってるので、何か気づいたことがあればまた記事にする予定です。参考になれば!

12.9インチの新型iPad Proはなかなかにデカイけど・・・まじでいいぞ。

Apple公式HPで新型iPad Proをチェック

-iPad

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.