iPhone/iPadの空き容量が復活!ストレージ「その他」を消す方法

更新日:

不意にiPhone/iPadの容量をチェックしてみると謎の「その他」で10GBくらい持ってかれてんだけど・・・っていうのはiPhoneあるあるの1つ。

「その他」の中身を僕たちが確認することは出来ないですが、これはアプリのキャッシュや様々なシステムファイルが累積したもので、実際必要になることはほとんどない。

僕のiPhoneで言えば、その他(システム)に持ってかれてる容量は約18GB。これはさすがにやっべぇので、iPhoneの容量「その他」を削除する方法について、補足を交えながらご紹介していく。

iPhoneの「その他」はiTunesを使って簡単に消せる(大幅に減らせる)ので、気になってたんだよ!という人は参考にどうぞ!※当然ながらデメリットもあるため、ぜひ最後まで読んでもらえれば。

iPhoneの容量(ストレージ)を圧迫する「その他」

iPhone/iPadのストレージ確認してみると、たびたび出現する謎の容量「その他」。

このファイルには、iOSやアプリが一時的に使用したキャッシュシステムファイルが含まれており、簡単に言えば必要ないデータだ。※ユーザーが中身を確認することはできない。

iPhone/iPadの容量が「その他」にどれくらい持ってかれているかは「設定 > 一般 > iPhoneストレージ」から確認できる。

iTunesにiPhone/iPadを接続した場合は画面下部に表示される黄色の部分が「その他」で使われている容量。※実際にiPhoneで表示された「その他」の容量とiTunesに接続した時に表示される容量に違いがあることもある。

今回ご紹介する方法ではiTunesが必須となるため、まだダウンロードしてないという人はこの機会にダウンロードしておこう。

iTunesをダウンロード(Apple公式HP)

ちなみに、今回はiTunes(Windows 10版)で解説していきますが、基本的な手順は全く同じだ。※macOSはiTunesがあらかじめインストールされている。

iPhone/iPadの容量「その他」を消す(減らす)方法

iPhone/iPadで表示される容量「その他」は、iPhoneを再起動したりすることで消せる場合もあるのですが、最も手っ取り早く、確実に消せるのはiTunesに接続してiPhoneを復元する方法になる。

iPhone/iPadを一度まっさらな状態に戻し、元の状態に復元することになるため、必ずiPhone/iPadのバックアップを取ってから行おう。※バックアップ&復元にはそれなりに時間もかかるため、時間に余裕があるときの作業をおすすめする。時間目安は1~2時間程度。

手順①、iPhoneをiTunesに接続してバックアップ

iPhone/iPadをiTunesに接続し、コンピューターへバックアップを作成する。※iCloudバックアップと間違えないように。

この時、「iPhoneのバックアップを記号化」にチェックを入れ、絶対に忘れないパスワードを設定しておきます。バックアップの記号化をONにしたら「今すぐバックアップ」でバックアップを作成すればOK。

ちなみに、「iPhoneのバックアップを記号化」は、LINEのトーク履歴やカレンダーアプリの予定など、アプリの設定・データを含めてバックアップすることができる。※要するに、現在使っているiPhone/iPadの完全なバックアップ。

「iPhoneのバックアップを記号化」の注意点として、設定したパスワードを忘れてしまうと二度と復元することが出来なくなってしまうため、記号化のパスワードは絶対に、絶対に忘れないようにしよう。

手順②、「iPhoneを探す」をオフにする

iPhone/iPadを復元するためには「iPhoneを探す」をあらかじめオフにしておく必要がある。設定は「Apple ID(設定一番上の自分の名前) > iCloud > iPhoneを探す」から。

Apple IDのパスワードを入力してオフにしておこう。※「iPhoneを探す」は復元後、自動でオンになるのでご安心を。

手順③、iPhone/iPadを復元する

iPhone/iPadの記号化バックアップを終えて、「iPhoneを探す」もオフにしたら、次は「iPhoneを復元」を選択。

注意書きのポップアップが表示されると思うので、確認したら「復元」を選択。これでiPhone/iPadの復元が開始される。※復元時、ソフトウェアアップデートについて表示された場合は画面の指示に従って進めればOK。

「設定を適用しますか?」と聞かれたら「適用」、「同期を中止してiPhoneの復元を開始しますか?」と聞かれたら「復元」を選択すれば、iPhone/iPadの復元が始まるはずだ!

復元するiTunesバックアップを選ぶ

復元が完了すると、iPhone/iPadは工場出荷時の状態に戻る。

iPhone/iPad側で地域や言語などを設定していくと「Appとデータ」の画面になるので、「iTunesバックアップから復元」を選択しよう。

iTunesで復元したいバックアップを選択する

iPhone/iPad側で「iTunesバックアップから復元」を選択したら、iTunesで復元するバックアップを選ぶ。※復元するバックアップを間違えないように注意。この時、記号化バックアップで設定したパスワードの入力が必要になる。

iPhone/iPadの復元には時間がかかるため、復元が終わるまで気長に待とう。復元が終わったら、iPhone/iPadの画面に表示される手順通りに進めて行けばOKだ!

iPhone/iPadの容量「その他」が減っているか確認

最後に、iPhone/iPadが無事に元の状態へ復元できているかストレージ(容量)を圧迫していた「その他」が減っているかを確認しておく。

LINEのトーク履歴やゲームを確認し、データが無事ならiPhone/iPadの復元は成功していると思うので、「 設定 > 一般 > iPhoneストレージ」から使用している容量を確認してみよう。

容量「その他」を確認して、サイズが減っていたら成功。僕の場合で言うと、iPhoneの容量を圧迫していた「その他」は約18GBから約8GBまで大幅に減った。

※ほぼ無いと思いますが、もし「その他」の容量が変わっていないようであれば、iTunesに接続したままiPhone/iPadを再起動すれば多少改善されるはず。

復元のデメリット&気を付けたいポイント

最後に、iPhone/iPadをiTunesバックアップ(記号化バックアップ)から復元する場合に気を付けておきたいことについて補足しておく。

パパっとご紹介していくので、iPhone/iPadを復元してみようと思っている人は参考に。

iPhone/iPadを復元するデメリット&気を付けたいこと

FaceIDやパスコード、Apple Payなどはもう一度設定する必要がある。
LINEの着せ替えなどは再設定する必要がある。購入したスタンプも再ダウンロードが必要。※トーク画面の背景などはそのまま。
Apple Musicで本体にダウンロードしていた曲は、もう一度ダウンロードする必要がある。大量の曲を保存しているほど苦行。
iPhone/iPadに保存しているアプリが多いほど、後のダウンロードが大変。結構時間がかかる。
ゲームのデータなども再ダウンロードする必要がある。※当然ながら、セーブデータは無事。

iPhone/iPad内で知らない間にジワジワと育っていく不要なデータ「その他」はiTunesバックアップから復元することで減らすことができますが、完全に消すことはできないというのも覚えておきたいポイント。※上記の通り、いくつかのデメリットもある。

iPhone/iPadを復元しようと思っている人は、復元のデメリットについて理解した上で行うようにしよう!これでiPhone/iPadの空き容量もスッキリだ!

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.