Googleドライブの空き容量をがっつり増やす方法

今回は、Googleドライブの空き容量がいっぱいになった時、ぜひとも試してほしい方法をちょこっとご紹介。

Googleドライブの容量がいっぱいになってしまった場合、だいたいGoogleフォトが原因になってる思うので、まずはGoogleフォトを整理してみよう。

Googleフォトの設定を少し変更すれば解決できるかも・・・です。

Googleドライブの容量不足はGoogleフォトが原因かも

Googleドライブの空き容量が足りない・・・という人は、まず、自分が使ってる容量の割合を確認してみよう。空き容量を確認してみると、ほとんどの容量がGoogleフォトに持っていかれてるはず。

ものすごく分かりづらいですが、GoogleドライブはGoogleフォトと15GBの容量を共有してるため、Googleドライブの容量が写真や動画で圧迫されちゃってるというわけですね。

  • GoogleドライブとGoogleフォト、Gmailは容量を共有している
  • 無料で利用できる容量は15GB
  • Googleドライブの容量不足は大概Googleフォトが原因

これは、Googleフォトでアップロードサイズを「元のサイズ」にしてるのが原因で、Googleフォトで設定をちょこっと変えれば空き容量がガツンと増えます。

元のサイズのままファイルを残したい場合、容量を購入して空き容量を増やしましょう

ドライブの容量不足はGoogleフォトの設定を変更して解決しよう

上記の通り、Googleドライブの容量が足りない・・・と悩んでいる人の多くはGoogleフォトの設定が原因になっていると思います。

Googleフォトの設定を変更すれば解決できるほか、設定も超簡単なので、Googleフォトに移動して設定を変更しよう。

Googleフォトの設定を変更する

Googleフォトはアップロードサイズを「高画質」と「元サイズ」の2 つから選択することができますが、Googleドライブの容量を圧迫している・・・という人は「元のサイズ」になっているはずです。

Googleフォト アップロードサイズ1

Googleフォトを開き「設定 > バックアップと同期 > アップロードサイズ」の順移動して変更しよう。※PC,アプリどちらでもOK。

アップロードサイズを「高画質(容量制限なし、無料)」にすると16MP以上の画像や1080p以上の動画は圧縮されてしまいますが、「元のサイズ」に設定するとドライブの空き容量が消費されてしまう。

  • アップロードサイズ「高画質」は画質を綺麗に保ちつつ圧縮。16MP以下の画像や1080p以下の動画が最適
  • アップロードサイズ「元のサイズ」はそのままの解像度・画質で保存してくれるが、ドライブの空き容量を使用する

上記2点を理解し、アップロードサイズ「高画質」で問題ないと判断したらサクッと変更しちゃおう。

Googleドライブを確認すると・・・。

10GBあったGoogleフォトの容量がわずか2MBに。たったこれだけでGoogleドライブの容量がガラ空きになるので、容量がいっぱいになって困った時は真っ先にお試しあれ。

Googleフォトへのバックアップでは、16MP以上の画像や4k動画は元のサイズで保存できなくなりますが、16MP以下の画像や1080p以下の動画であればそのまま保存されるため、iPhoneであれば大きなデメリットなく使用することができます。※4k動画は別途PCに保存するなりしよう。

画像や動画の読み込み速度も早くなるし、容量スッカスカになるので、Googleフォトのアップロードサイズは「高画質」がおすすめです。