Googleフォトで写真・動画を管理してiPhoneの空き容量をガッツリ増やそう

更新日:

google photos

iPhoneは、容量がいっぱいになるとソフトウェアアップデートが出来なくなったり、アプリのアップデートが出来なくなったり、写真が撮れなくなってしまう。

iPhoneの空き容量がなくなった時は、大量に保存された写真・動画が主な原因になってることが多いので、Googleフォトを使って簡単にiPhoneの空き容量を増やそう!

Googleフォトを上手く使えばiPhoneやiCloudの空き容量に悩まされることは無くなるので、今回はGoogleフォトを利用したバックアップ、写真・動画を管理する方法をご紹介する。

Googleフォトを活用してiPhone内の写真・動画をバックアップする

まずはGoogle Photos(グーグルフォト)をダウンロード。

iPhoneの写真や動画を保存しているiCloudは無料で使える容量が5GB程度ですが、Goolgeフォトは設定を変えてやることで容量無制限で利用できる。

Googleフォトのダウンロードが完了したら、メインで使っているGoogleアカウントでログインしておきましょう!

ログインが完了したらiPhone内に保存されてる写真、動画のバックアップが始まると思うので、まずは、バックアップが完了するまで待つべし。

Googleフォトをダウンロード

Googleフォトをダウンロードしたら「高画質(無料、容量無制限)」に設定しておこう

まずは、Googleフォトの簡単な設定から。iPhone内に保存されている写真、動画のバックアップが完了したら、画面右上にあるタブアイコンをタップして【設定】を開きます。

Googleフォトで設定画面を開いたら、「バックアップと同期」をタップ。

「アップロードサイズ」をタップし、「高画質(無料、容量無制限)」に変更する。Googleフォトは、アップロードサイズを「高画質」に設定しておくと無料 & 容量無制限で使うことが出来るので忘れずに設定しておきましょう!

ちなみに、Googleフォトは、写真なら最大解像度16MPまで、動画は1080pのHD画質までは無劣化で保存可能で、iPhoneならほぼデメリット無しで使うことが出来る。それ以上のサイズの画像・動画は自動でサイズが圧縮されてしまうので、元のサイズで保存したい場合はPCや外部ストレージに保存しておくべし。

Googleフォトを活用してiPhoneの空き容量を増やす方法

Googleフォトへのバックアップが終われば、iPhone内のファイルはいらないので消してしまってOK。

1枚ずつiPhoneで消さなくても、Googleフォトの「空き容量を増やす」を使えば簡単に、しかもまとめて消すことが可能で、Googleフォトへのバックアップが終わった写真・動画から自動で削除してくれる。

※残しておきたい写真まで消してしまった時はGoogleフォトの「ゴミ箱」から復元できるので覚えておきましょう。

iPhone内の写真・動画をGoogleフォトにバックアップして削除してしまえば、iCloudの空き容量とiPhoneの空き容量がグンとUP!iPhone内に保存されていた写真や動画の数にもよりますが、かなり増えたはずです。

消した写真はiPhoneの「最近削除した項目」に残っているので、大事な写真が混ざっていないか確認してから削除するのも忘れずに。

また、Googleフォトは自動でバックアップしてくれますが、ふとした拍子におかしくなる可能性も0じゃないので、PCや外部ストレージへのバックアップもしておけば安心です。

Googleフォトを活用して写真・動画を管理しよう

iCloudは無料で使える容量が5GBと少ないため、Googleフォトを上手く活用すれば、容量が満タンになってiPhoneでアップデートできない、写真が撮れない・・・ということはもう無くなるはず。

Googleフォトを活用すれば、iPhone/iPadで増えすぎた大量の写真・動画の管理がしやすくなると思うので、知らなかった!という人は早速試してみてほしい!

-App

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.