容量空きまくり!iPhoneの写真と動画はGoogleフォトを使って管理・整理しよう!

iPhoneに保存された写真・動画でiPhone本体内やiCloudの容量がいっぱいになった時はGoogleフォ トを使ったバックアップで空き容量をグッと増やしましょう!

iPhoneは容量が満タンになると写真も撮れないし、アップデートも出来ないしでいい事なし。Googleフォトを上手く使えばiCloudの空き容量に悩まされることも減るはずです。

   

GoogleフォトにiPhone内の写真・動画をバックアップしよう

まずはGoogle Photo(グーグルフォト)をダウンロード。

iPhoneの写真や動画を保存しているiCloudは無料で使える容量が5GB程度ですが、Goolgeフォトはちょっとだけ設定を変えてやれば容量無制限で利用できます。

Googleフォトのダウンロードが完了したら、メインで使っているGoogleアカウントでログインしておきましょう!

ログインが完了したらiPhone内に保存されてる写真、動画をバックアップしはじめると思うので、まずは、バックアップが完了するまで待つべし。

Googleフォト

Googleフォトを活用してiPhoneやiCloudの空き容量を増やす方法

▲まずは簡単な設定から。

iPhone内に保存されている写真、動画のバックアップが完了したら、画面右上にあるタブアイコンをタップして【設定】を開きます。

▲設定を開いたら「バックアップと同期」をタップ。
▲「アップロードサイズ」をタップし「高画質(無料、容量無制限)」に変更しておきましょう!

Googleフォトは、アップロードサイズを「高画質」に設定しておくと無料 & 容量無制限で使うことが出来ます。

写真なら最大解像度16MPまで、動画なら1080pのHD画質までなら無劣化で保存できるので、iPhoneならほぼデメリット無し。

それ以上のサイズの画像、動画は自動でサイズが圧縮されてしまうので、元のサイズで保存したい場合はPCに保存しておきましょう。

Googleフォトから一撃でiPhone内の写真、動画を消す

▲「空き容量を増やす」を使えば、一発でiPhone内の写真、動画を整頓できる。

Googleフォトへのバックアップが終われば、iPhone内のファイルはいらないので消してOK。Googleフォトの「空き容量を増やす」を使えば簡単に、まとめて消せます。

残しておきたい写真まで消してしまった時はGoogleフォトの「ゴミ箱」に保存されているので復元しておきましょう。

▲iPhone内の写真や動画を削除すれば完了。

iPhone内の写真、動画を削除すればiCloudの空き容量やiPhone内の空き容量もグンとUP!ほったらかしにしていた写真や動画の数にもよりますが、かなり空き容量が増えたはずです。

iPhoneの「最近削除した項目」を空にするのも忘れずに。

Googleフォトは自動でバックアップしてくれますが、ふとした拍子におかしくなる可能性も0じゃないので、PCへのバックアップもしておくとさらに安心です。

今回シェアした方法を活用すれば、iPhone/iPadで増えすぎた大量の写真・動画の管理に役立つはずなので、早速試してみましょう!

容量満タンで悩まされることはもう無くなるはずです。

カテゴリー: App