iPhone 11 Proを「iOS 13.1.2」にアップデート → 動かない → 強制再起動 → 治る

iPhone

ちょっと聞いてください。まだ購入してから1週間ほどしか使ってないiPhone 11 Proなんですけど、iOS13.1.2にアップデートしたら動かなくなりました。

操作できない。アップデート進まない。電源ボタン長押しで再起動できない。iOS 13.1.2は、バグや不具合の修正を含んだアップデートだったので、当然のように即アップデートしたんですよ。そしたら、とんだ袋小路に入ってしまいました。

結論だけを先に言っちゃうと、iPhone 11 Proを強制再起動したら無事、元に戻ったんですけど、これ、普通に焦ります。ほんとに。

iPhone 11 Proを強制再起動する方法と合わせてご紹介しますね。

iOS 13.1.2にアップデートしたらiPhone 11 Proが動かなくなりました

事の始まりは朝。iPhoneをチェックしてみると「iOS 13.1.2」のアップデートが来てたので、容量も少ないし、バグや不具合の修正も含むので、速攻アップデートしました。

(iOS 13.1.2のプレスリリースはまだ翻訳されてませんでしたけどね。)

そしたら、一向に終わらない。むしろ終わる気配もないし、ずっとAppleロゴが表示された状態で、いつもの “アレ" がクルクル回ってたんです。

出かける予定があったので、ひとまずPixel 3aにSIMカードを差して外出したんですけど、数時間後に帰ってきてもそのままだったので、さすがにおかしいと気づきました。

不意に「そうだ、iPhoneの強制再起動あるじゃん」と思い立ち、試してみると無事元に戻ったわけですが、どうしてこうなったかは本当に思い当たる節が無くてですね……。

強いてあげるとすれば、Apple Watchの「watchOS 6.0.1」も同時にアップデートしてたってことくらい。気になる人は順番にアップデートした方がいいかもしれません。

それじゃ、iPhoneを強制再起動する方法について、もう少し詳しくご紹介していきますね。

iPhone 11 Proを強制再起動する方法は?

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxに限らず、iPhone X以降のiPhone、そして、iPhone 8/8 Plusの “強制再起動" は同じ方法になるんですけど、簡単にご紹介しておきます。

iPhoneを強制再起動するときは、以下の手順を参考に試してみてください。

iPhoneを強制再起動する方法

  1. 音量を上げるボタンを押して、放す。
  2. 音量を下げるボタンを押して、放す。
  3. サイドボタン(電源ボタン)を押したままにする。
  4. Appleロゴが表示され、強制再起動ができます。(すでにAppleロゴが表示されている場合、画面が暗転してから再起動されます。)

iPhoneを強制再起動する手順については、ざっとこんな感じ。iPhoneが動かなくなったり、動作がおかしかったり、操作できない時なんかに “強制再起動" は有効です。

iPhone 強制再起動1

iPhone X、XR、XS/XS Max、そして、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxのボタン配置は上の画像の通り。

音量を上げるボタンを押して、放す。音量を下げるボタンを押して、放す。最後に、電源ボタンの長押し、です。

あれ、iPhoneおかしいかも?と思った時は強制再起動しましょ

iPhone 11 Pro iOS 13.1.2
この文字が見たかった……!

最初はですね、自然にバッテリーが切れるまで放置しておこうかなぁとも思ったんですが、「あ、強制再起動あるじゃん!」と気づきまして。この時点ですでに数時間放置してたんですけど、iPhone 11 Proを強制再起動したら、一発で復活しました。ほんと良かった。

iOSの最新アップデート「iOS 13.1.2」は、バグや不具合の修正を含んだ軽いアップデートとなっているため、可能な限りはアップデートしておくことをおすすめしますが、とりあえず、iPhoneがおかしくなった時は、強制再起動。これに尽きます。

なので、iPhone動かなくなったんだけど……という人は、Appleサポートに連絡する前に、iPhoneの強制再起動を試してみましょう!

それでも無理だった場合は、Appleサポートへどうぞ。iPhoneの強制再起動って、手順を知ってないとどうしようもないですよね。

iPhone

Posted by iyusuke